BACK   NEXT   TOP


『028 人形繰り 00』

 死神事件から一月経ったある日の朝。
 日課となっているマンションの屋上での修行は、いつもと違った雰囲気の中で行われた。
 目の前に乃江さん、背後には美咲さんと山科さんが腕を組んで見つめている。
 食い入るように見つめる視線の中、老架式一路の套路、続けて老架式二路を行う。
 最初は大きく伸びやかに、そして小さく速く、激しく動くように変化をつける。
 そして戦いの中でどういう役割を担うのか、技の一つ一つを頭で思い描きながら套路を行った。
 一通り演舞し終えると、三人は集まって円陣を組み、喧々諤々と相談を始めた。
 その合間を縫い息を吸い込んで空を眺める。晴れ渡った青が眩しく、頬を撫でる風が気持ちいい。今日は一日良い天気になりそうだ。
 乃江さんが一人円陣から外れ、俺の前へと歩いてくる。彼女は無表情のまま手首を動かして、軽く屈伸する動きを見せた。
「套路だけではなく、実技を見せろということになった」
「実技……。痛いからヤダな」
 寸止め無しの技を受け流す訓練だ。集中力が伴わないと怪我をする危険な修行だ。
 綺麗に受け流しても少し痛い。受け損なうとかなり痛い。技を食らうと悶絶する。修行後には必ず腕が腫れ上がってしまう。
 軽く拒絶してみたものの、言うことなんて聞いてくれない。乃江さんは握りを硬め、腰を落として俺を見据えた。
 渋々ながら左手を前に突き出し、右手は腰の位置に置いて構える。
 懶扎衣(らんさつい)を真逆にした構え。
 乃江さんの構えと同じだが、単純に模倣した訳ではなく、色々考えた上でこの構えを選択した。
 魔物と遭遇した場合、拳から霊気を流すか、守り刀の退魔効果に頼って戦わなくてはならない。
 ならば利き手は守り刀に手を添えて、何時でも抜けるよう構えるべきだと考えた。
 守り刀は霊力を吸うリスクがある。出来るだけ守り刀に頼らず戦い、ここぞという時に抜刀するべきだと結論付けた。
 懶扎衣(らんさつい)の構えは、その条件を満たした一つの答えだと思っている。
「――行くぞ」
 そう囁き乃江さんが踏み込んで来る。
 突き出した拳を軽く引き、しなる鞭のようにジャブを放つ。
 牽制の攻撃、速いが軽い。掌で受け止めて、右へ左へと弾き出す。
 次に来たのは右のストレート。震脚と体の捻りで加速された大砲だ。
 目の前に迫り来る拳。俺は咄嗟に腰を落として、左手首から、肘、肩へ滑らせるように大砲を外へと反らす。
 だが乃江さんはそのまま懐へ踏み込んでくる。グッと腰を落とし、俺の口元を鋭い目で見据えている。
 ――頭を顎へぶつける気だ。
 乃江さんの肩に手を添え、軌道を修正。いや、むしろその勢いを利用し、『押される』ことで回避する。
 軽く背後に跳躍して距離を取る。乃江さんは靴底をキュッと鳴らして制動、再び左手を突き出して構えた。
 ほんの一瞬の攻防だが、体が先に動いて答えを出してくれる。これも修行の成果かと、自分自身の変化に驚いてしまう。
「はい、そこまで!」
 背後で美咲さんが手をポンと打つ。隣に立つ山科さんも納得の笑顔だ。
 二人は修行の成果を確かめるために、今日ここへ姿を現した。
 認められなければ最初からやり直し、認められれば次の段階に進むことが出来る。今日は大切な試験日だった。
「乃江は次にどういう訓練を考えていますか? 続けて小架式へ進めるつもり?」
 美咲さんは乃江さんに向き直り問いかける。
 乃江さんは俺をチラリと見て目を伏せる。そして美咲さんを見つめ返して口を開く。
「いえ、内家拳を少し学ばせた後に、外家拳へ進めようとしていました」
 乃江さんの言う内家拳というのは、太極拳や八卦掌などの受け流しに優れた拳法の事。呼吸や気など、内面を鍛える事に重きを置く。
 対する外家拳とは、打つ、蹴るなどの通常思い描く拳法のことだ。日本の武道で例えると、合気道は内家拳、空手は外家拳と言えるだろう。
 修行を始めてから色々と調べて知ったのだが、外家の拳法を極めた拳士であっても、内家の拳法を覚える場合があるらしい。
 かの有名な空手家アンディ=フグも、内面を鍛えるために太極拳を学んでいたのは有名な話。
 乃江さんも戦闘の素地は空手だが、受け流しの技法は太極拳に影響されたものが多い。
 彼女なりに考えた道に進ませようとしてくれている。そう思うと嬉しくなる。
「それで構いませんか、カオるん?」
 俺は気持ちを表すべく、三人に頭を下げた。



 朝の食事を終え学校に向かう。両隣に山科さんと美咲さん、背後に乃江さんという豪華メンバーだ。
 葵から聞かされた噂話。それを美咲さんに相談した所、四人で登校して誤解を解こうということになった。
 確かに二股を――、なんて噂は吹き飛ぶだろうけど、また別の噂で持ち切りになりそうだ。三人揃うと目立ってしょうがない。
「あっ、せやせや!」
 山科さんがポンと手を叩き、懐に手を入れた。
 取り出されたのは護符が数枚と小さな風弾。思いの外重宝したので、頼んでおいたものだ。
「治癒の護符二枚と、破魔の護符二枚、無印のんが二枚な。約束通り二十万で書けるだけ書いた。おまけに小さい風弾三個付けとくわ」
 ご丁寧に小分けした領収書を添えてある。
 俺はポケットから財布を取り出し、束にして用意していた二十万円を手渡す。
 いきなり軽くなった財布をポケットに押し込み、護符と小豆大の風弾をポケットにしまった。
「まいどおおきに!」
 山科さんは札束を数えホクホク顔。札束を封筒に入れて鞄にしまい、外から確かめるようにポンポンと叩く。
 一枚三万円以上か。いい服一着買えそうな値段だが、こればっかりは替えが利かない。
「カオるん、それも経費として控除申請しましょうね」
「よろしくお願いします。美咲さん」
 ペコリと頭を下げて恭しく領収書を手渡す。
 美咲さんは受け取った領収書を、鞄の中から『カオるんの帳簿』と書かれたノートに挟んだ。
 魍魎事件を経て、身の回りで色々と変化が生じた。
 報酬を四等分にしてくれたのは良いが、今回は死神の時を上回る途方もない額で、流石にこれはみんなに悪いと思い始めた。
 だから乃江さんには教わっている感謝の気持ちを月謝として、山科さんには護符を用意してもらった謝礼を手渡そうとした。
 けれど美咲さんはそんな行動を窘めて、税金の怖さを教えてくれたのだ。
 今までに一千二百万の報酬を受け取った。所得税は現段階で33パーセント。指を折りつつ計算して、目の前が真っ暗になった。
 その他にも前年の所得で徴収される住民税のことなど、色々と頭の痛い話を聞かされたのだ。
 俺は美咲さんを頼り、税の一切合切を管理してもらうようにお願いした。もちろん節税した利益の何割かを美咲さんに支払うマネージメント契約だ。
 乃江さんへの月謝や、山科さんへの謝礼も、便宜上領収書を発行してもらう。それは報酬を得るための必要経費として、認められれば控除の対象になるという。
 気持ちを返したいのに領収書を貰うのも変な話だが、キチンと金銭の受け渡しをしないと、今度は贈与税に関わってくる。
 贈与税の基礎控除額は百十万円、年間を通してその額を超えた場合には課税対象になる。
 そう考えると葵に渡した百万円はギリギリだった。世の中何をするにも税が絡んでくるのだ。
「今日の帰りにあの本の続編と、こないだ服とリュックを破られたから、代わりのを買いに行こうと思ってます」
「ん、それも必要経費扱いですね。領収書をもらって来ていただけますか?」
「うっす、経費経費。得していると思い込まなくっちゃ、やってらんない!」
「カオル、ポジティブやなぁ」
「こういう性格、見習わねばなるまい」
 皆さんそれなりに税金には頭を悩まされているようだ。
 
 
 
 放課後、帰宅途中に美咲さん達と別れ、隣町のショッピングモールへ向かった。
 もちろん美咲さんに許可をいただいた上での行動だ。
 俺の修行の成果、強力な退魔力を持ったカナタの存在を加味した上で、夕方までの行動ならば大丈夫であろうと判断が下された。
 それに死神事件から一ヶ月あまり、何事もなく平和だったのも大きな要因かもしれない。
「カオルが二、我が八くらいかの?」
 頭の上でカナタが高笑いをしている。
 まあそれでもいいさ。プラスに評価されている事には変わりないんだから。
「久しぶりの独り身だ。思いっきり羽を伸ばそう」
「カオルの計算には、我の存在は入っておらぬのか?」
「今更……だろ?」
 すっとぼけたまま風呂に入り、寝ぼけたままトイレも行った。もう大抵のことでは動じない。
「嬉しいような悲しいような、複雑な気分じゃ」
「俺もだよ」
 そう呟きながら書店のある階へ到着、レジカウンターで注文していた書籍を店員に告げた。
 バックヤードに消えた店員は、まもなくして意中の本を手に戻ってきた。
「――こちらの書籍で間違いありませんか?」
 店員が表紙を向けて問い掛ける。
 注文していた書籍は『続・世界の摩訶不思議百科』、マリー=ミヤノサカの本だ。
 退魔関連のノウハウが書き記され、何度もこの著者の知識に命を助けられている。
「間違いないです。支払いは現金で、領収書をお願いします」
 そう告げて、レジ横の受け皿に一万円札をポンと置く。
 店員は本を紙袋に包み、お釣りと領収書を添えて手渡してくれた。
 自然と緩んでいく頬を手で押さえ、本を抱いて書店を出た。
「これで目的の九割をクリアした。あとはメンズフロアで適当に揃える」
「普通逆じゃろ? カオルは本当に着る物に頓着せんな」
 ファッションは直感。流行に惑わされないで感性の赴くまま買うのが吉だ。
 メンズフロアで鞄屋に突入。右から左へ商品を舐めて、皮製のワンショルダーを店員に指さす。
 次は服屋に飛び込んで、手触りの良さそうなパーカーを引っ掴み、愛用しているジーンズ一本と、白無地のシャツを買い揃えた。
「さ、帰るか」
「味気ないのう……。ちと匂いに釣られてみんか?」
 カナタをそう言い、クンクンと鼻を鳴らす。
 地下の食料品売り場からの匂いだろうか、唾液の分泌を促す甘ったるい匂いが漂って来る。
 カナタは堤さんから貰った、通称『おだまり飴』を舐めてから、甘い物に執着するようになった。
 菓子コーナーから離れようとしないし、買うまで駄々をこねてせがむのだ。まるで子供だ。
「へいへい、カナタ様あってのカオル君ですからね」
 地下食料品売り場は、半分がスーパーマーケット然としていて、あとの半分は専門店がひしめき合っていた。
 俺はカナタに言われるがままに歩き、一軒の和菓子屋にたどり着いた。
 羊羹、最中、焼き菓子、干菓子。どれを見ても弾けるほど値段が高い。
「カオル、これじゃ。これにしよう」
 カナタが指差したのは干菓子。二人静という和三盆の押菓子だった。
 半月型の和三盆を向かい合わせ、和紙でキャンディのように包んだもの。
 紅白で縁起もいいし見た目もかわいらしい。それに小粒で持ち歩きも便利そうだ。
 俺は店員に三十五粒入りを二つと、家族用に生菓子を見繕って貰った。
 これは流石に経費とは言えない。何も言わずに支払いを済ませ、手提げ袋を受け取った。
「カオル……」
「なんだ? よだれ垂れてるぞ?」
「その紙袋に飛び込んでいいかの?」
「…………どうぞ」
 目の前で紙袋を開くと、カナタは迷いもなく紙袋に飛び込んだ。
 荒々しく包装紙を破る音が聞こえる。まるで野生の獣だ。
 俺は頭痛に耐えながらエスカレータに乗り、駅への連絡橋のある階を目指した。
「ほむ、ゴリッ、うまっ、ボリッ!」
「黙れ! このスイーツ神!」
 六千円した和三盆。果たして家に帰り着くまで残っているのか……。
 家族用の菓子さえ危ういと思い始めたその時、甲高い女性の怒声が耳に入った。
 連絡橋を歩いて駅の改札に向かう途中の広場、エスカレータ手前でちょっとした人だかりが出来ていた。
 柄の悪そうな兄さん方四人に、見るからに痛々しく跪いた老婆が一人。間に割って入った制服姿の女生徒が、強面の兄さん方になにやら怒りをぶつけている。
「むむっ、なんぞ?」
「揉め事だ。食ってないで出て来い」
 カナタが二人静を両手に抱え、紙袋から顔を出して辺りを見渡す。
 カナタを掬い出して肩に乗せ、人だかりを掻き分けた。
 あの制服は俺と同じ学校のものだ。あの状態を見て、どっちに分があるかは一目瞭然だ。
「――お婆ちゃんを突き飛ばしておいて、どういうつもり?」
「うっせえな、俺達ゃよ、急いでんだ。ババアは勝手によろけてコケただけだろ?」
 威勢のいい強面の兄さんが一人、女生徒の前に立ちはだかる。
 だが女生徒も毅然とした態度で、その兄さんに向き合う。背中越しで顔は見えないが、中々勇気があると感心する。
「目上の方を敬う気持ちは無いの?」
「だぁ、うぜぇんだよ! このくそガキ!」
 男は女生徒の襟元を掴み、手を振りかぶって平手打ちをした。
 痛々しいまでに響いたその音を耳にしたとき、俺は鞄と荷物を放り投げていた。
 襟首を掴んだ手をグッと握り、親指を開かせて女生徒から離す。
 その指を掴んだまま、時計回りに捻りを加えた。男は関節の痛みから、膝を付き体勢を崩して痛みから逃れようとする。
 関節の伸びる音がポキポキと響き、男はもんどり打って地面にひれ伏した。
「どっちが悪いかなんて知らないが、手を出したら傷害罪でアウトだ。このまま警察が来るまで寝てろ」
 男が何か吠えようとしたが、聞いてやる気にもならない。指を極限まで曲げて、言葉を悲鳴に変えた。
 だが相手は複数人、一人を取り押さえても仲間がいた。こいつほど威勢は良くなかった仲間達だが、身内がやられた姿を見て、頭に血が上ったようだ。
「てめえ、コラァ!」
 もはや日本語とは呼べない怒声を上げ、三人が俺を取り囲む。
 俺は這いつくばった男の手を踏みつけて立ち、親指と人差し指を立て耳に当てた。
「なんだぁ、てめえ。舐めてんのかぁ?」
「――いや、電話を掛けてくれている人が一杯いるなと思ってさ」
 警察に通報されているという意味だ。
 今日日(きょうび)携帯を耳に当てている人なんて、そこかしこにいる。善意の通報かどうかなんてどうでも良い、こいつらを揺さぶるのが目的なのだから。
 男達にもその意味は通じたようだ。慌てて回りを見渡すと、一人、二人、三人と携帯を耳にしている人が目に映る。
 男達は俺を突き飛ばして男を助け出すと、ありきたりの言葉を吐き捨てて走り出した。
 太極拳の極意は敵意に対して、同じく敵意を返さない事にある。渦中に飛び込んで言えた言葉ではないけれど、面と向かって争わない事が勝利の秘訣なのだ。
 俺は振り返って老婆と女生徒に向き直る。既に老婆は女生徒に助け起こされていたようで、痛む足を庇いながら立ち上がっていた。
「お婆ちゃん、大丈夫か?」
 擦り剥いた膝の傷を見つめて老婆を気遣う。
「いやいや、大丈夫。ちょっと擦り剥いただけじゃよ」
 軽く傷の周りに触れてみたが、老婆の表情は変わらない。どうやら骨には異常なさそうだ。
「大丈夫だと思っていても、後から腫れてくることがあるからね。一度病院に行った方がいいと思うよ」
「こんなの唾付けときゃ治るよ」
 老婆はそう言って、本当に唾を塗りつけた。
 そして女生徒の手から離れて、よろよろとだが一人で立ち、微笑んで見せた。
「私の事より、そのお嬢ちゃんが心配じゃ。頬が赤く腫れて、せっかくの別嬪さんが台無しじゃて」
 その時初めて老婆の横に立つ女生徒の顔を見上げた。
 いつも俺に飴をくれる見慣れた顔。同級生、堤紗耶香の姿がそこにあった。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.