BACK   NEXT   TOP


『027 刀神カナタ』

「ごちそうさま」
 俺は夕食後すぐに風呂へ入り、勉強すると家族に告げて自室へ戻った。
 人払いの意味でそう口にしたが、いつもと違う様子に家族は目をパチクリさせていた。
 机の引き出しから守り刀を取り出すと、カナタが姿を現して元気一杯に飛び跳ねた。
「守り刀のメンテする。大人しくしておいてくれ」
「霊気を吸わぬようにすれば良いのじゃな?」
 机の中から守り刀を取りだし、柄の目釘をコンパスの針で押し出した。
 目釘とは柄と刀身を固定する金属製の釘のことだ。普段は柄の装飾に隠されて目立たないようになっている。
 目釘は二本。小さな守り刀の割に、なかなか実用的な作りをしている。
 柄を片手で持ち、その手を軽く叩く。そして不安定になった刀身を和紙で包み抜き去る。
 刃を指で触るのはご法度。皮脂が錆びの元となるので、触れたらすぐに手入れするよう心がけねばならない。
 刀のメンテナンスは至って簡単。古い油をふき取り、打ち粉を塗して拭う。
 後は油を塗り、最後に余分な油を取り去ればよい。
 ノートパソコンを起動させてインターネットに繋ぐ。検索エンジンで『河内守 藤原 国助』と打ち込み結果を待つ。
 抽出された結果から、信頼のおけそうなページを開く。
「えっと、なになに? 国助の刃紋は互の目で――」
 サンプル表示された画像と守り刀を見比べて、イラスト解説された特徴を一つ一つを追った。
 カナタの言ったことを信じてないのではなく、どうして魔物を討ち滅ぼす刀となったのかを調べているのだ。
 まずは素性をきっちりと把握するべしと、ネットの情報を探っていたのだ。
「本当に藤原国助のようだ。それも初代が打ったものみたいだ」
「なにを今更……、そう言っておるではないか」
 カナタはブスッとした表情でパソコンを弄り、マウスカーソルを右、左と動かして遊んでいる。
 閲覧したサイトは古美術商のページ。ちなみに二尺の国助は、二千万という高値で販売されていた。
「だけど(なかご)の細工が違う。守り刀にしたのは別の刀匠かもしれない」
 茎とは柄の中に収まる部分、銘を刻んだりする場所のことだ。ヤスリ目を付けて柄との食い付きを高める加工がなされている。
 この守り刀は化粧筋違(けしょうすじちがい)という加工がなされていた。
 国助は大筋違(おおすじちがい)が主流だから、やはり守り刀にしたのは別の刀匠のようだ。
 守り刀を慎重に組み立て、鞘に戻して息を吐く。刀のメンテナンスは意外と気を使うものなのだ。
「霊気を吸わない状態ってのはどういう感じなんだ?」
「ぬしら人間が息を吸うのと同じよ。息を止めておれば良いのじゃ」
 そう言いながら思いっきり息を吸い込む。同時にカナタの体がぼんやりと光り輝く。
 霊気吸って体を維持している以上、人の呼吸と同じにはいかない。
 五分やそこらは止めておけるみたいだが、徐々に姿が虚ろになっていく。あまり無理はさせない方が良さそうだ。
 机の上で戯れるカナタを見て、筆箱を取り出して開く。
「カナタ、身体測定をしよう」
 三角定規を測定器に見立て、意図を理解しかねるカナタへ指図する。
「その定規に背中を付けて立つだけだ」
「こ、こうか?」
 カナタは少々緊張気味にだが、素直に定規に背を預ける。背伸びしていないのを確認しつつ、定規の目盛りを確認する。
 六センチ五ミリ。一寸法師が三センチほどだから、二寸くらい。お椀に乗って川を下れるほど小さくも無いようだ。
 次は物差しの真中に物を挟み、シーソーのような状態を作る。その上にカナタを立たせて、反対側に消しゴムを載せてみた。
 ふむ、大体同じくらいだろうか。だが重いのか軽いのかよく分からん。
「身長は六センチ五ミリだった。体重は消しゴム一個」
「くうっ……、せつないのう」
 某漫才師バリにハンカチを噛み、定規を見つめヨヨヨと泣いた。
「カオルの霊気をもっと吸収すれば、大きくなれるのじゃがのう……」
「――いや、むしろそのままでお願いしたい」
 カナタはこの世の瘴気や霊気を吸収して、この小さな体を維持している。
 魍魎事件の際に吸収したものは使い果たし、今は俺の霊気を吸い続けている。
 最初は気だるい感じがしたが、今はさほど感じなくなった。カナタ曰く体が順応したらしいが、今一つピンと来ない。
 まあ小さくて良かった。もし実寸大のカナタだったら、どう扱っていいのか分からなくなる。
「しっ!」
 人差し指を立ててカナタに警戒を促す。カナタも理解したようで口を手で押さえて小さく頷く。
 いきなり扉をノックする音が響き、一呼吸置いて扉の向こうから声がした。
「――おにいちゃん、入っていい?」
 妹の葵だ。入っていいと聞いた癖に、返事も待たずに扉が開かれる。
「なんだ……、勉強してないじゃない」
 葵は呆れ声を上げて、ベッドに腰掛けた。
 あまり人に見せるような物ではないと、パソコンの画面をそっと閉じ、ノートの下に守り刀をそっと隠した。
「お兄ちゃん、ちょっと聞いていい?」
「難しい話は無しにしてくれ。今、忙しいんだ」
「……真倉先輩と付き合ってるって、ほんと?」
 思わず椅子から転げ落ちそうになる。
 気を取り直して葵に向かい、椅子に座り直して咳払いを一つ入れた。
「ゴホン……。なにを根拠にそんな根も葉もない――」
「クラスの子が見たって言ってたもん」
 そう告げられてピンと来るものがあった。
 乃江さんと初登校した時に、中等部の女子生徒と出会った。もしかしてアレがそうか。
「その子の思い違いだろう。乃江さんは朝に出会って、たまたま一緒に登校したに過ぎん」
「……乃江さん? もう名前で呼び合う関係なんだ?」
「――っ!」
 カマをかけられたか?
 だがこれ以上取り繕っても余計ボロが出てしまう。ここは何事も無かったかのようにやり過ごそう。
「じゃあ、真倉先輩を騙して、二股掛けてるって噂は?」
 激しい目眩が襲ってきた。心当たりが多すぎる。
 恐らく山科さんか美咲さんのことだろう。二人と一緒にいるところ、色んな生徒に見られてるからな。
 多少噂になってるかもと予想していたが、葵の耳に入るということは相当広まってるな。
「恐らくミサ……天野さんのことじゃないか? あの一件以来、親しくさせてもらっているからな」
「……ふうん」
 葵は訝しげに目を細めつつベッドから立ち上がり、机の上に座っていたカナタを摘み上げた。
「じゃあ、これはなに?」
「あちゃー」
 ピシャリと額を叩く。こいつも見鬼体質だった。
 死神が見えて、カナタが見えないわけはない。完全に考慮漏れしていたな。
 だがここで折れるわけにはいかない。むしろ毅然とした態度で接するべきだろう。
「ピンキーだ」
「へぇ……、最近のフィギュアは動くんだ」
「関節フル稼働。AI搭載で動き回る。最近のフィギュアはすごいんだぞ」
「そうなんだ。お母さんに見せてもいい?」
 返答に窮すること数十秒。俺は観念して椅子に背中を預けた。
「ごめんなさい。嘘つきました」
「わかればよろしい」
 これまでの経緯を葵に話した。もちろん差し障りの無い範囲でだ。
 美咲さんは退魔士だと知られてしまっているが、山科さんと乃江さんのことは秘密にしておかねばならない。
 それと魂喰いという異能者に狙われている可能性があるなんて、口が裂けても言えない。
 こいつは死神事件の時、俺を見捨てずに最後まで戦った。
 そんな向こう見ずな性格だから、恐らく自分も事件に関わろうとするだろう。それだけは避けなくてはならない。
「お婆ちゃんに貰った御守り刀に神様が憑いていた……ねぇ」
 にわかに信じがたいという表情をして、手のひらに乗せたカナタを指で突っつく。
 だがカナタが守り刀に姿を消す様子を目の当たりにして、認めざるをえないといった様子だった。
「で……、お兄ちゃんは退魔士を目指してるの?」
 最近朝が早い理由について苦し紛れに言い訳をしたが、いざ聞き直されるとハイと頷けない。
 俺は何故動けるように体を鍛えたのだろうか。
 敵と戦うため。――それもある。
 一度死を覚悟して目を閉じた死神の事件。あの時守るべき人を守れなかった。
 あの時美咲さんが現れなければ、俺は両断され葵も殺されていただろう。
 俺はあの後それを振り返り、チャンスを貰ったのだと考えるようになった。
 ゲームオーバーだった俺に人生に、やり直す機会が与えられたのだと……。
「俺も誰かにチャンスを与えることが出来るかな。そう思ったんだ」
「……なにそれ、全然意味がわかんない」
 葵は天を仰いで苦笑して見せ、俺もそれに合わせて笑い出した。
「そういや、葵。無駄遣いしてないだろうな?」
「そんなことするわけないよ。お小遣い少ないんだもん」
 葵の返答を聞きハッと我に返る。そして再び額をピシャリと叩いた。
 そういえば美咲さんから貰った死神事件の報酬、半分を葵の口座に振り込んだと伝えていない。
 ノートパソコンを広げて、葵に画面を見せる。
 インターネットバンキングの画面からユーザ認証画面を呼び出す。
「自分の口座、開いてみて」
 俺はパスワードを見ないように天井を向く。
 キーを叩く音が耳に入る。
 しばらくの静寂。葵の震える手が椅子を揺らす。
「葵、無駄遣いするなよ」
「……うん。しない」
「それは命の対価だから、そう思って大切に使え?」
 葵は俺の首にしがみついて、耳元で囁いた。
「おにいちゃんが言った言葉、今ちょっとわかった」
「そっか」
「あの時おにいちゃんがいなければどうなっていたか。私にとってはヒーローなんだよ?」
「でも、葵を守りきる力が無かった」
 あの時のことを思い出すだけで、不甲斐なさで涙が出そうになる。
 近い将来、ああいうことが再び訪れる。その時のために力をつけなくてはならない。
 胸の内から湧き出るような切迫感。それが俺を後押ししている。



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.