BACK   NEXT   TOP


『026 Intermission 乃江さんのいない日』

 魍魎事件から半月程経ったある休日。
 日課になりつつある朝の修行のため、退魔士達が住まうマンションへやって来た。
 RVF-400のエンジンを切り、乃江さんのアプリリアの横へと駐車する。
 ここは俺専用の駐車スペース。乃江さんにお願いして月額三千円で契約してもらった。
 所詮は人のふんどしか、なんて細かいことは言いっこなし。初めて身銭を切って自分の居場所を得た。それだけで頬が緩んでしまう。
 扉の横にあるテンキーを操作し、合鍵を差し込んでロックを解除する。
 乃江さんに渡された部屋の合鍵。信用してくれているのだろうけれど、さすがに手渡された時にはドキドキした。
 テレビドラマで恋人に合鍵を手渡すシーン。未だ彼女いない歴更新中のまま、儀式だけ通過してしまった。ちと切ない。
「まあ、不埒な真似はしないけど……」
 見た目は爽やかな少女の姿をしているが、フォークリフトと腕相撲出来るほどの怪力の持ち主だ。
 ノゾキや下着ドロでもしようものなら、俺そのものに終止符を打たれてしまう。
 屋上に到着して扉を開く。そこには乃江さんの姿はなく、代わりに美咲さんが待ち構えていた。
「おはようございます。今日は私がお教えしますね。カオるん!」
 見慣れた半パンに白のTシャツ、学校指定のジャージを羽織っていた。
 我が校の体育着姿なのに、なぜこうも他の女生徒と違って見えるのか。卑怯だ。
「乃江さんは? 昨日そんなこと言ってなかったけど……」
「私がお教えすることに、なにかご不満でもお有りですか?」
「イエ、ナニモ……」
「乃江はライセンス支給のため急遽出掛けました。遠方なのであちらのホテルで一泊しています」
「おぉ~、やっとか。苦労しましたもんね」
 俺は戦いっぷりを間近で見ていたから、レポートの草案作成を請け負った。
 ざっと二万文字ほど熱筆して、乃江さんの凄さを余すところなく書き切った。
 美咲さんは特殊処理を施したカメラの映像と一緒に、草案を元にレポートを作成し提出したのだ。
「内々に知らせがありましたけど、ランクAをいただけるそうです」
「……実力が認められて良かった」
 自分の師匠が評価されるのは、弟子としても鼻が高いというものだ。自分のことのように嬉しい。
 話しながらも着替えを済ませて、美咲さんの前に立つ。
「特訓の成果はいかがですか?」
「うっ、触れられたくない話題……」
 あれから数日は太極拳の老架式套路(ろうかしきとうろ)と、推手(すいしゅ)という組み手のような実技をやっている。
 推手とは向かい合って手と手を絡ませ、そこから伝わる動きや力の向き先を感じ取る訓練のこと。
 太極拳は化勁(かけい)といって、相手の力に逆らわず、うまく受け流す技法を重視している。力押しの武術ではない。
 だが漠然とやり続けている感じがして、少しばかり戸惑いが生じているのだ。
 美咲さんにそう話してみると、あっさりと俺の気持ちを汲んでくれた。
「小学校に入りたての頃、あいうえおを書く練習とかやったでしょ? アレと一緒なの」
「書き取り? 国語ドリルとかやらされたっけ」
「最初は薄く書かれた文字をなぞるように書く。套路を覚えるのはそういうこと、反復が大切なのです」
 美咲さんは腕を組んで前に立ち、頭の先からつま先まで見つめてニヤッと笑った。
 なにかとんでもないことを考えている目だ。弱者の本能が気をつけろと警告している。
「まずは老架式の套路をやって見せて」
「えっ、套路っすか? 一人で?」
 いつもは乃江さんと並んでやっていて、一人でやるのは今回が初めてだ。まだ人に見せるほどの技量も付けてないのに、見せろとはこれ如何に。
 だが美咲さんの目は真剣そのもの。このイベントは避けて通れないらしい。
 直立不動の姿勢で立って少し足を開き直し、両手をまっすぐ前に掲げる。
 息を吸って吐いて、両手をゆっくりと臍下まで下げる。
 美咲さんは套路を間近に見ながら、ほとんど予備動作無しに蹴りを放つ。
 だが気勢で掲げた両手が蹴りを受け止め、蹴りが腹へ突き刺さる前に阻止した。
「はい、次! 金剛搗碓(こんごうとうたい)!」
 円を意識して手を右、左へと動かす。
 その動きにあわせてまたも蹴りが放たれる。だが手と肩でその攻撃を受け止めた。
 美咲さんの蹴りは重い。にもかかわらず、足はしっかりと地面を掴んで離さない。
 蹴りの衝撃が骨まで染みる。加減せずに蹴ることで、修行の意味を教えてくれているのだ。
「次は懶扎衣(らんさつい)。この構えは見たことありますよね?」
 右手を前に掲げ、左手は腰の位置に置き、足は弓歩で立つ。左右逆になっているが乃江さんの構えとよく似ている。
 懶扎衣の構えにあわせ、美咲さんも同じ構えで前に立つ。手の甲を重ね合わせて、目で俺に訴えかける。
「あっ、なるほど……」
 ここで今までやって来た推手が役に立つわけだ。
 手の甲を押すと、美咲さんも同じ力で押し返す。手首を掴もうとすれば押し返される。
 手首を切り返して螺旋の力を相手に加えると、美咲さんの手は外に弾かれた。
「そこで一歩前へ踏み込む!」
 美咲さんの指示に従い、すばやく足を踏み入れる。
 弾いた手の内側を滑り込むように懐に入り、腰に構えた拳を前に突き出す。
 拳は美咲さんの顎手前にピタリと止まる。だがその攻撃を右手で受け流されて、反対に左肘を喉元へ突き付られた。
「一つの動作に幾つもの答えが隠されてます。継承してきた方々の創意工夫が感じられますよね」
「最後は肘を受け流して体当たり出来たかも。遠くから近くまで幅広く対応出来ますね」
 喩えは悪いが、トランプの大富豪をやっている感じがした。
 相手の手札にあわせて、こちらも札を切る。技のバリエーションがある分、余裕を持って相手に挑める。
「こうやって目先を変えると、套路もやり甲斐あると思いませんか。思いますよね? じゃ、十回くらいやっちゃいましょう!」
「十回っ! マジですか?」
 美咲さんはそう言うなり庭園の芝生に座り、足を伸ばして見学モードだ。
 老架式套路をしっかりやると五分以上かかる。十回ってことは一時間ぶっ続けでやれということだ。
「鬼っ!」
「ほほう、回数を増やして欲しいと?」
 黒いオーラを纏う美咲さん。あれは本気で言っているジト目だ。
 これ以上回数を増やされたら壊れてしまう。ここは大人しく従っておくのが得策だ。
 直立不動の姿勢から、老架式套路を行う。だが動きに違和感を覚えて首を傾げる。
 いつも漫然とやっていた動作の一つ一つに、自然と動きにメリハリが出ている。
 受けて払う、踏み込む、打つ。意味を持たせて行うだけで、こうも動きが違ってくるのか……。
 美咲さんは満足そうに微笑み、手に付いた芝を払い落とす。
「じゃあ、朝ご飯の用意をしてきますので、一時間後にまた!」
 美咲さんは兵隊の敬礼よろしく、エレベーターホールへと姿を消した。



 ちょうど一時間が経過した頃、美咲さんが再び姿を現した。
 妙に浮かない顔をしているのが気になったが、手招かれるまま部屋へと案内された。
 いつもの七階だが、今日は美咲さんの部屋でご飯をいただけるらしい。
 だが部屋に入って目から涙がこぼれ落ちる。
 そう妙に煙たいのだ。煙が部屋中に充満し、いつ火災警報機が作動してもおかしくない状況だった。
 慌てて煙の元へ飛び込むと、キッチンでフライパンを振り続ける山科さんの姿があった。
 案の定、換気扇を動かしていない。迷わず『強』のボタンを押して、煙を外へ排出する。
「あっ、なんや、そのスイッチやったんか。煙たくて煙たくて……」
 見ればフライパンの上でウインナーが焦げていた。いやもう炭化していると言っていい状況だ。
「うちの方が美咲より料理できるし、ご飯炊くのは美咲に任せて、おかずを担当してんねん」
 なんと……これがまだ『出来る』レベルなのか。それより酷い美咲さんの料理って一体……。
 嫌な予感がして背後にある炊飯器を確認する。
 すでに保温モードになっていたが、炊き上がった米の匂いがしない。恐る恐る蓋を開けて涙がこぼれ落ちた。
 水に浸された米が見える。きちんと洗米されているようだが、炊飯ではなく保温を押したようだ。美咲さん、惜しい!
 お急ぎ炊飯ボタンを押し、再び背後にいやな雰囲気を感じて向き直る。
 見れば山科さんと美咲さんが首を傾げつつ、炭化したウインナーを皿に盛りつけようとしていた。
「こらっ! 疑問に感じるようなもの、皿に盛り付けない!」
 これはヤバイ。この二人に任せていたら一生物のトラウマを植え付けられてしまう。
 冷蔵庫を開け食材を確認する。各種食材が詰め込まれ、卵は消費期限内をキープしている。
 恐らく乃江さんが気を利かせ、自分の部屋から食材を移動させておいたのだろう。
「乃江さんがいないだけでパニック寸前じゃないですか!」
「うち、ええとこのお嬢やから、料理とかあんまりせえへんねん」
「私も調理実習で数回……しか」
 頭痛がしてきた。これは自分で作ったほうが良さそうだ。
 炭化したウインナーをパージして、フライパンを軽く水で洗い流す。
 コンロの上にフライパンを置き、少量の油で潤して小口に切ったベーコンを炒める。
 両面に軽く火を通して、卵を三つフライパンに落とす。お好みで塩と黒胡椒を少々、ベーコンエッグの出来上がり。
 次は片手間に沸かしておいたお湯に、ダシ昆布と花かつおを投入する。
 二呼吸ほど湯に通し、さっと引き上げてだし汁の完成。味噌を杓子の上で溶いて、味噌汁のベースが完成した。
 青ねぎを四つ折りにして、まな板の上で一息でみじん切り。味噌汁の椀に適量づつ入れておく。
 小ぶりな豆腐を水切りし、手の上で賽の目に切る。これも適量を椀に入れて、後は味噌汁の中に投入しておく。
 あとは食べる前に味噌汁のベースを注ぎ入れるだけだ。
「あんたは神か?」
 ボケじゃなく真剣な表情でつぶやく山科さん。それに付和雷同する美咲さんの姿があった。
「あら挽きウインナーは皮に包丁を入れますよね? それは何故でしょう?」
 業界最高値の高級ウインナー。
 うちで買ってる二袋二百九十八円の特価物とは違い、茹でて旨し、焼いて良しの優れものだ。
 そのウインナーに包丁を入れつつ、二人の答えを待つ。
「タコさんを作る……ため?」
「ブー、ブブー。美咲選手アウト」
「火を通すためかいな?」
「山科選手、惜しい!」
 ベーコンエッグを皿に盛り付けて、キッチンペーパーで軽くフライパンを拭う。
 そしてそのまま火をつけて、ウインナーを投入した。もちろん火力が中火。
「湯通しするなら話は別だけど、焼くと皮が裂けて旨みが逃げ食感も悪くなる。程よい切れ目を入れてそれを防ぐためです」
「なるほどな。勉強になるわ」
「もちろん火の通りも良くなりますから、山科さんに五十点差し上げます」
 フライパンはそのままにしておき、ほうれん草を水で綺麗に洗う。
 葉の部分だけ手で毟り取り、茎の部分は包丁で一口大に切り揃える。
 茎はウインナーと同じフライパンに入れ、軽く火を通して先に取り出す。
 その上にバターを一欠片落として、余熱で溶かす。しょうゆを少しかけて箸でかき混ぜる。
 ほうれん草の葉はさっと湯通しして、手で軽くしっかり水気を搾り取る。そのまま皿に盛り付けて、ごまとかつお節を振って完成。
 最後に火の通ったウインナーを皿に盛り付け、ほうれん草の茎を端に沿えて出来上がり。
「――つうかこれ、やっつけ飯っすよ?」
 ここまで僅か十五分。ちょうど時を同じくしてご飯が炊き上がった。



 食卓の前で手を合わせる三人。
 ベーコンエッグにウインナー、ほうれん草の炒め物に湯通し。味噌汁を添えて冷蔵庫にあった納豆を練った。
 ちょっと動物性タンパク質が多いが、朝はこれくらいの方が目が覚める。逆に夜はあっさりとしたものをオススメする。
「なぁ、カオル? 今日は暇か?」
 言葉の意味を少しの間考え、その答えに思い当たりため息を吐いた。
「――乃江さん、今日は帰らないんだ」
「実家に報告しに行くらしくて、夜遅くか明日の朝に帰ってくるらしいんや」
「で? ――飯を作れと?」
「ド直球に言うとそうなるな。な? 美咲?」
「ええ……、まあ、夕食を一緒に食べられたら嬉しいな、なんて……」
 乃江さんの苦労が窺える。
 つうか昼飯も作らされるのか?
 乃江さん、早く帰ってきてください!



BACK   NEXT   TOP
ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.