BACK   NEXT   TOP


『025 デイドリーム』

 暖かい春の陽気が窓から吹き込んでくる。
 退屈な授業を受けながら、心は窓の外に見える春の空を思い描いていた。



「お守りと線香、マッチ。準備よし」
 机の上に並べたアイテムを指で確認し、リュックに詰めこむ。
 水筒にお茶も入れたし、お菓子もたくさん用意した。これであの場所まで行く準備は整った。
 リュックを背負い部屋を出ようとして、一つ大切なアイテムを忘れていることに気が付く。
 お父さんの部屋から無断で借りたアイテム。引き出しを開けて黒光りするソレを手に取った。
 ガスを充填して丸い弾丸を発射するモデルガン。
 改造エアガンとか言われているものらしいけれど、それ以上詳しいことはなにも知らない。
 弾に細工がしてあって、ジュースの缶に穴を開けるほどの威力がある。
 これは鉄の弾が飛び出すから触っちゃ駄目。お父さんはそう言って引き出しの奥に仕舞ったのを覚えていた。
 モデルガンを二つ折りにして、レンコン型の弾倉を確認する。
 十分にガスが充填された弾丸が六発、これがあればアイツなんて怖くない。
 人に見つからないようにモデルガンをタオルに包み、リュックの中へそっと入れる。
 部屋の扉を一歩出て、台所に立つお母さんに声を掛ける。
「お母さん! 遊びに行って来るね」
「――そうか、車に気ぃつけるんやで?」
 はーいと返事をしながら、嘘を吐いている自分が嫌いになりそうになる。
 これが終わったらお母さんに謝ろう。
 正直にごめんなさいと言えば、なにも言わずに頭を撫でてくれると思う。
 靴を履いて玄関を出ながらそう決心し、自転車に跨って家の門を出た。
「カオルちゃん! 待って!」
 門を出てすぐの所で、目の前に立ち塞がる人影。咄嗟につんのめってブレーキを引き絞る。
 同じ組の八瀬春菜ちゃん。両手を一杯に広げて、怖い顔をしてとおせんぼをしている。
「ハルちゃん、どうしたの? ハルちゃんの家は――」
「カオルちゃんがやろうとしていること、私知ってるよ。遠足のあの場所に行くんでしょ?」
 ドキン。先生に叱られた時のように心臓がキュっとなる。
 誰にも言わずに計画していたことなのに、なんでハルちゃんにバレたんだろう。
「ほら、図星。顔に書いてあるもん。今からお化け退治に行くんだって」
「……そんなことしないよ。ボクこれから遊びに行くんだもん」
 ハルちゃんは意地悪そうな顔をして、ボクの目をじっと見つめる。
 ボクはこの目が苦手、なんでも見通しているようで居心地が悪くなる。とにかく嘘がばれないように、出来るだけ目をあわさず俯いた。
「へぇ~、じゃあわたしも連れて行ってよ」
「ダメだよ、遠くに行くんだから」
「ここに置き去りにされたら、カオルちゃんのお母さんに言いつけちゃうもん」
「くっ……、誰にも言わないって約束する?」
 ボクは根負けしてハルちゃんを自転車の後ろに乗せた。



 学校からバスに乗って行った遠足だし、自転車を漕いで行くのは遠いと覚悟していた。
 だけど二人で交代しながら走り、時折休憩をして目的地に到着した。
 細い路地の入り口で自転車を停め、ボク達は歩いてその場所へ向かった。
 竹林が両脇に生え、昼間でも薄暗い道。遠くにある池から藻の匂いがして、ジメッとした嫌な空気が漂っている。
「カオルちゃん……、手、繋いでいい?」
 ハルちゃんが震える声でボクの名を呼び、痛いくらいに手を握ってきた。
 そんな手を鬱陶しいとか邪魔だとか思わない。正直ボクも少し怖くて、ハルちゃんがいなければどうなっていたか分からない。
 ボクはリュックからモデルガンを手に取り、映画のようにズボンに挟んだ。
 線香を一束取り出して、マッチを擦って火を付ける。
「お香にはケガレを退ける効果があるんだって、お父さんが言ってた」
「ケガレって?」
「うーん、お化けが出るときの、モヤモヤっとした黒い霧みたいなものじゃないかな?」
 ハルちゃんはお線香の匂いを嗅いで、鼻を摘んで顔をしかめた。
「勘を鋭くする効果もあるんだって」
 手に持ったお線香の束を二つに分け、半分をハルちゃんに持たせた。
 目の前はあの時と同じで、目の前を黒い霧が覆い前が見づらい。
 ボクは幽霊の現れる気配を感じて、モデルガンを前方の霧に向けた。
「ひっ!」
 ハルちゃんが怯えた声をあげ、ボクの腕に爪を立てた。
 それもそのはず、刀を振り上げた鎧武者が目の前に現れたからだ。
 骨と皮だけになった体、錆びた刀、目の部分は落ち窪んで、どこを睨んでいるか分からない。
 何も言わないのに、誰彼なしに怒りをぶつけたい、そんな気持ちが伝わってくる。
「――学校の友達にひどいことをしたな?」
 友達と口にして、ズキンと心が痛む。
 友達だけど、もう友達じゃない。本当はつらい思いをぶつけに来ただけなのだから。
 撃鉄を指で起こし引き金を引き絞る。雷管に触れるとガスが一気に噴き出し、ベアリングを射出させる。
 弾は鎧武者を突き抜け、遥か遠くへ転がっていく。
 突き抜けた場所は本物の銃で打ち抜いたように、ポッカリと大きな穴を開けていた。
「――っ!」
 鉄の効果を確認し、あとは無我夢中で引き金を引いた。
 弾は胸に一発、腰の辺りに二発当たり、その度に鎧武者は足を止めるが、すぐにゆっくりとこちらへ歩き出す。
 弾は残り二発。鎧武者はまだ余力を残している。
 すぐ手が届きそうな所まで来たとき、線香を鎧武者めがけて投げつけた。
 鎧武者は線香の煙を嫌ったのか、たまらず背を向けて姿を消した。
「――消えた?」
 だがまだ黒い霧は晴れない。鎧武者は姿を消しただけで、どこからかこちらを見ているに違いない。
 ボクはハルちゃんの手をそっと離れ、幽霊から庇うように前に立ち塞がった。
「ハルちゃん、危ないから下がってて!」
「――う、うん」
 ハルちゃんは関係ない。怪我でもさせたらボクは、もう耐え切れないだろう。
 息を吸って、吐いて、吸い込む。そして目を左右に運ばせて辺りの様子を窺う。
 本当に消えた? 線香を嫌がって消えてしまったのだろうか。
 構えたモデルガンの重みに耐えかね、ゆっくりと手を下ろす。
 そして緊張感から開放され、深く息を吐いた。
 だがその瞬間、絹を裂いたような悲鳴が聞こえた。
 反射的に振り返ると、後退りして尻餅をつくハルちゃんの姿。その先には鎧武者が今にも刀を振り下ろそうとしていた。
「ハルちゃん!」
 手首を曲げて腰の位置でモデルガンを構え、狙いも定めずに一発発射した。
 その弾は偶然にも鎧武者の顔に当たり、仰け反っている内にハルちゃんの下へと駆け寄る。
「早く逃げて!」
 だけどハルちゃんは上手く立ち上がれない。時間を稼ごうと襲い来る鎧武者へ最後の一発を撃ち込んだ。
 だが最後の弾は鎧武者へ命中せず、竹林の中へと消えていった。
「カオルちゃん……、怖くて立てないよ」
 尻餅をついたままのハルちゃんを背中に庇い、モデルガンを二つ折りにして空薬莢を捨て去った。
 そして何か確信めいた閃きを感じ、再びモデルガンを構えて弾倉を指で回転させた。
 これから死ぬかもしれない状況なのに、どこか他人事のように感じこめかみに銃口を突きつけた。
 これは映画で見たロシアンルーレット。命を代償にした賭け。

 ――それでいい。

 女の姿をしたボクが、こめかみに銃口を突きつけた男の子に微笑みかけた。
 迷いも無く引き金を引き絞り、無数の選択肢から二人が助かる『現実』を懸命に手繰り寄せた。



 自転車の後ろでボクの背中にしがみつき、大きな声で泣くハルちゃん。
 緊張の糸が切れてしまったのだろう。ボクはそんな彼女を慰めながら自転車を漕いでいた。
「――カオルちゃんの馬鹿」
「ごめん……」
「通りすがり人が助けてくれなかったら、今頃どうなっていたか」
「そうだね……」
 結局のところ、ボク達は通りすがりのおじさんに助けられた。
 どうやったかは分からないけど、目を開けたら鎧武者が消えて、代わりにおじさんが立っていた。
「不思議な雰囲気の人だったね。私達を見て『しょうばいあがったり』とか言って笑ってた」
「そうだね。お寺の人みたいな匂いしてたし……」
 線香のような匂いがして、お寺の人みたいに優しい顔をしていた。
 けど会社に行くような服を着て、かっこいい車に乗って走り去っていった。
「カオルちゃん、もう危ないことはしないでね? 約束!」
「なんでハルちゃんと指きりしなくちゃいけないのさ?」
「だって…………」
 ハルちゃんはそのまま口ごもり、悔し紛れに背中をポカポカと叩く。
 夕日がもうすぐ沈む。それまでには家に帰れるだろう。
 漕ぐ足に力を込めて家路へと向かった。



 今はむかし、道命阿闍梨とて傅殿の子にいろにふけりたる僧ありけり。
 和泉式部にかよひけり。經をめでたくよみけり――。

 ふと鼻先に甘ったるい香りを感じて目が覚める。
 目の前には練乳飴が二つ、その先には再び教科書に目を移す堤さんの姿があった。
 シンと静まり返った独特の空気。教壇で先生が誘眠呪文(ラリホーマ)を唱えている。
「――古典の時間だっけか」
 徹夜のダメージが食後に来たか。五限目は鬼門だな。
 そう思いながら教科書を立てて、練乳飴を一つ口に入れる。
「カオル。今、口にしたのは何じゃ?」
「飴だよ。食ってみるか?」
 誰にも聞こえないよう小声でカナタへ話し掛ける。
 カナタは頭から飛び降りて、教科書の影に隠れて飴を頬張る。
 冗談で言ってみただけなのに、本気にしやがった。しかも神様の癖に普通に飴を食ってやがる。
「ほほう、甘露甘露。隣のおなごはカオルのコレか? その歳で女に貢がせるとは、なかなかやるのう」
「アホか、だれがコレだ。いや中指立てたら駄目だって。わかってやってんのか?」
 そう言いつつ我に返り、しまったと口を押さえる。またやってしまった……。今のはかなり声がデカかったと思うぞ。
 恐る恐る隣を横目にみると、堤さんは教科書で顔を隠し、肩を震わせて必死に堪えている。
 笑いなのか、怒りなのか。どちらにしろショックが大きい。
「カオル、笑われておるぞ?」
「そうか、カナタもそう思うか……」
 窓の外から、カーテンをなびかせて春の陽気が入り込む。
(ハル)か、それであんな夢をみたのかな」
 窓の向こうの青空を見つめ、幼き頃に抱いた淡い恋心に、思わず頬を緩ませた。



BACK   NEXT   TOP

ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.