BACK   NEXT   TOP


『024 重なる点と線 10』

 魍魎の一件が片付いて数時間後、俺は彼女達のマンションの屋上にいた。
 本来ならば疲労を考慮して休みにしたいが、正直なところ目が冴えて眠ることが出来なかった。
 そんな時無理して横になっているのも苦痛を感じる。ここなら体を動かせるとやって来たのだ。
 思った通り屋上には乃江さんが体を動かしていた。
 俺の姿に気がついたのか、チラリとこちらを見て呟く。
「今日は来ないかと思っていた」
 乃江さんはそう言いながらゆっくり直立不動の姿勢に戻る。
 いつもと変わらぬポーカーフェイスだが、こころなしか機嫌が良いように見える。昨日の影響はなさそうでホッとした。
 芝生の上に鞄を置き、手足の筋を伸ばして準備運動を始める。
 ここに来るまで走ってきたからほぐれているが、気持ちを切り替えるために必要な儀式だ。
「今日は一つ型を見せる。太極拳の老架式という套路だ。相手の力を受け流す技法がいくつも盛り込まれている」
「太極拳って爺ちゃん婆ちゃんがやってる健康体操っすか?」
 中国茶のCMで女の子がやってるのを見たが、あれが実戦で役に立つとは思えない。
 出来れば空手の正拳突きとか、身になる技を教えて欲しいのだが……。
 そうはいえど教えてもらっている身分で、そんな不平不満を漏らすわけにはいかない。
「陳氏太極拳はカオルが思うよりハードだぞ? いきなりやれと言われて出来ないだろう? 座って見ていろ」
 俺は鞄から携帯を取りだし、ムービーモードにして構える。
 乃江さんはその様子を何か言いたげな表情で見つめたが、何も言わずに俺の前で直立不動で立つ。
「最初は直立不動からゆっくりと足を広げ――」
 乃江さんはそう解説しながら手を真っ直ぐ前に翳し、息を吐いて手を腰の辺りまで下ろす。
 その後も手を右に左に動かすものの、俺の知る太極拳と代わり映えしないものだった。
 だが手をへその前に置き、足を踏みならした瞬間に力強く変化した。
「――っ!」
 一発で目が覚めた。踏み込む動作と共に霊気が体を駆け巡ったからだ。
 その後も随所で気合いにあわせて霊気がほとばしる。健康体操なんて生易しいものではない、これはかなり実戦向けの套路だ。
 円の動きは防御の型。戦いの際に見せた防御の根源がそこにあった。
 一通りの動きを見せて乃江さんは息を整える。俺はその動画に『乃江さんPV』と名付けて保存した。
「さっ、忘れないうちに一緒にやろうか」
「うっす!」



 程よく体を動かした後、乃江さんの部屋へと招かれた。待ちに待った朝ご飯の時間だ。
 部屋に入って絶句する。テーブルの上には山のような書類、そこに埋もれるように山科さんが眠っていた。
 その横で眼鏡をかけた美咲さんが不機嫌そうな表情でこちらを見つめている。
「なんすか、この有様は?」
「なんだじゃないです、討伐申請書類です。これを提出しないと報酬は支払われないのですよ」
 乃江さんは二人を見て見ぬふりをして寝室へ入り、タオルと着替えを用意してお風呂へ向かった。
「先にお風呂に入らせてもらう。まあゆっくりしておいてくれ」
 そう言い残して脱衣場の扉を閉める。
 ゆっくりせよと言われても、この惨状でどうせよと……。
 仕方なくテーブルに着き、恐る恐る美咲さんと目を合わせる。
「個々に倒した魔物を申請するのですが、乃江は手際が良くて……」
「もしかして寝てないんですか?」
「寝たら何匹倒したか忘れるかも知れませんからね」
 自分で書いたのであろう書類をポンポンと叩き、親指を立ててサムズアップする。
 討伐した数だけ書類を作成しないといけないのか。美咲さんは広範囲で倒したから、担当する枚数が多いのだろうな。
「ほほう、毎回こんな事務処理を……」
 書き上げたばかりの書類を手に取る。
 美咲さんの名前とライセンスナンバーらしき数字の羅列。討伐した場所の緯度、経度と魔物の名前が記載されている。
「コピーしたら――、駄目なんですよね?」
「なぜかコピーは駄目なんですよね。他人に任せられるものなら事務を雇いたいくらいです」
 確かに……。美咲さんが倒した魍魎は百を超える。一匹につき数枚書かないと駄目っぽいし、これは大仕事だな。
 だか書類の端に書かれた請求額を見て考えを変える。魍魎一匹の値段は二十万円と書かれていた。
「に、二十万すか。あのちっこいの……」
 美味しい、美味しすぎる仕事だ。美咲さんが倒した魍魎を百とすると、トータル二千万円。
 これは徹夜してでも書き通すべきだ。三匹分書けばバイクが買えるじゃないか。
「美咲さん、がんばってくださいね」
「他人事のように言いますが、カオるんの担当分もありますからね」
 美咲さんはそう言って鞄から山のような書類を取り出す。
 電話帳の厚さを遙かに超える紙束を見て、思わず目を背けてしまった。
「カオるんは無資格者ですけど、由佳が立ち会っていましたからね。倒した分は一匹残さず書いてください」
「いっ、マジですか?」
 美咲さんは黒縁の眼鏡を指で整え、目を細めて俺を睨み付ける。
 一円を笑う者は一円に泣く、それが口癖の婆ちゃんと同じ目だ。これ以上言うと何されるか分かったもんじゃない。
「締め切りは明日までです。明日の朝にはバイク便で送っちゃいますからね」
「明日……、その割には必死ですね。徹夜までしなくても……」
「今晩も仕事になったらどうするんです? 雪だるま式に増えて、それこそ本当に手に負えなくなってしまいます」
「な……なるほど」
 何度も経験したかのような口振りだ。裏打ちされた言葉は重いな。
 渡された資料の一枚目に目を通し、裏返して美咲さんの真意を問いただす。
「これは? 退魔士試験申請の書類のように見えますけど……」
「むっ、やっぱり気付いたか。ノリでサインしないかと思って……」
 ノリでと言いながら、申請者後見人の欄には美咲さんのサインがしてある。冗談にしては念が入っているぞ。
 ていうか俺の名前を書くだけで完成してしまうじゃないか、この書類は!
「鍛えれば良いところまでいけると思うんですよね」
「確かにちょっと美味しい仕事かなと、心を揺さぶられてはいますけどね」
「今回の報酬は四等分。また銀行に振り込んでおきますね」
「――今、更に揺さぶりをかけましたね?」
 ニヤリと悪そうな笑みを浮かべる美咲さん。
 山科さんの手に握られたままのボールペンを手に取り、その用紙に名前を記入する。
 退魔士試験申請書、受験者三室薫。
 そう書き込んで両手で丸めてゴミ箱へ放り込んだ。
「あぅ……」
 放物線を描きゴミ箱へ入った書類を目で追い、残念そうに目を潤ませる美咲さん。
 俺は手をパンパンと払い、踏ん切りをつけた。
「俺の腕ではまだまだです。昨夜魍魎と戦って痛感しました」
「……勿体ない」
「実力を身につけてから、もう一度考えます」
 美咲さんの表情が花開いたように明るくなる。俺の言葉に含まれた意味を察したからだろう。
 まずは身に降りかかる火の粉を払うのが先決だ。
 事件が解決して憂いもなくなった時、退魔士になりたいと思うならこちらからお願いしよう。
 それまで身につけるであろう護身術は、あくまでも身を守る術として。目的を混同したくない。
 手渡された書類の束を鞄に入れて、椅子に背中を預ける。
「そういえばあの火車って、これからどうなるんでしょうか?」
 飼い主の魂を追っかけてきた火車。俺が想像していた魔物とはかけ離れた存在だった。
 俺は今まで魔物は人に害をなすものだと思っていたが、考え方を改めたくなる一件だった。
 美咲さんはそんな俺を見つめて苦笑する。今の俺はそうさせるほど酷い顔をしているのかもしれない。
「望み次第じゃないですか? 生き返らせたいと思うなら未来永劫あのままですし」
「救われないなぁ」
「……でも、そうじゃなく。魂を取り返すのが望みなら、あのまま天に昇って成仏できますよ」
 美咲さんはきっと……と呟きながら、微笑んで天井を見上げた。



BACK   NEXT   TOP

ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.