BACK   NEXT   TOP


『023 重なる点と線 09』

 左手を前に、右手を腰に留める乃江さんの構え。
 今気付いたことだが、純然たる空手の構えではないように見受けられる。
 通常は体の中心を通る正中線に拳を置き、喉や人中などの急所をガードする。
 また拳を肩の水平に置くことにより、相手からは距離感が掴みにくく、なおかつ急所へ向かう最短距離の発射台となる。
 だが乃江さんはそれに準じず、どちらかといえば棍や槍を扱う構えを取っている。
 正面に立つより、遠くで見て気付くこともある。これも見取り稽古と、師匠の動きを追い続ける。
 乃江さんが間合いへ踏み込む前に、先手を打って敵が動く。
 大きな手を木の上から振り下ろし、頭から押し潰そうと狙いを定める。
 だが乃江さんは相変わらずのポーカーフェイス。気配だけで攻撃を見切り、半身を翻して拳を避ける。
 攻撃を避して懐に潜り込めば、今度は乃江さんの間合い。地面に深くめり込んだ腕に、引き絞った腕を解き放つ。
 拳から蒼の霊気が流れ込み、腕を構成していた瘴気を浄化。腕は形を留めることが出来ずに霧散した。
 あれが乃江さんの決定打(フィニッシュブロー)か。なるほど、魍魎が何匹来ようと怖くない。
 地鳴りがするほど足を踏み込み、その勢いと伸び上がる足の力を腰に伝える。
 今度は腰を捻り腕へと螺旋状に力を加わえて、引き絞った腕を解き放って打つ。
 蹴りの力、腰の捻りの力、腕の力に霊気が上乗せされた攻撃だ。こと退魔戦闘では最終兵器と呼べる代物だと思う。
 セオリーに反する構えだと思っていたが、理に適っていると言い直さなくてはならない。
 相手を懐深くに招き入れるように移動し、捻りを加えた短打を打つならばあの構えがベスト。
 ボクシングでいうインサイドファイトだろうか。逆に大振りすると拳に乗せる螺旋の力が分散してしまう。
 敵は片腕を失い、バランスを崩して踏鞴を踏む。だが敵もまだまだあきらめていない。
 無くなった腕に瘴気を集中させ、先ほどより希薄ながらも腕を復活させてしまった。
 トカゲの尻尾以上の再生能力だ。だが体を構成する要素は瘴気、この調子で浄化していけば奴を倒せる。
 奴は二人との距離を取り、胸を膨らませて悪臭を放つよだれを吐き出した。
 まさに毒霧だ。吹き掛けられた木々が瞬く間に変色し、壊死していく。
 これにはたまらず二人は別々の方向へ飛び退く。
 辺り一面の樹木は枯れ果てて、水気の失われた枯れ葉や幹は、瘴気の影響を受けて自然発火していく。
 火で包囲して動きを封じる作戦。それに加えて火の属性を強め、より有利な状況を作り出そうとしている。
 おまけに炎に誘われて幾匹もの魍魎が湧き出て、二人を取り囲んで虎視眈々を隙を窺い始めた。
 山科さんと乃江さんはそれぞれ孤立し、火と魍魎に囲まれて思うように身動きが取れない。
「これはマズイな」
 二人のサポートをしようと駆け寄ろうとするものの、取り囲む魍魎達が行く手に立ち塞がった。
 魍魎を斬り祓い進もうとするが、いかんせん数が多すぎる。刀を振り終えた隙を見計らい攻撃を仕掛けてくる。
 魍魎を寸でのところで回避するが、見切り損ねた爪が頬を切り裂いた。
 頬を伝う血を袖で拭い、乱れた呼吸を整えつつ周囲を見据える。
「弱っちいのう……、カオル」
「ほっとけ!」
 カナタが呆れ果てて天を仰ぎ、手を伝って肩へと這い上がって来た。
 残念ながらカナタの言う通り俺は弱い。だが弱いなりにも戦いようはある。
 一匹二匹なら守り刀で祓える。長考が使えれば、もう少し数が増えても大丈夫だろう。
 だがそれ以上の敵に襲われたらヤバイ。それが今の限界だ。
 それは彼女らにも同じことが言える。いくら優秀な退魔士でも必ず限界は訪れる。
 霊力、体力、集中力。どの要素を欠いても本来の力は出せなくなる。
 魍魎は火がある限り無尽蔵に涌いてくる。このまま持久戦に持ち込まれれば確実に負ける。
「どうするのじゃ、このまま手をこまねいて見ておるのか?」
「まさか! 前進あるのみ!」
 刀を鞘に戻して両手の拳を固める。持久戦であの刀を使い続けるのは危険。残り少ない霊力を有効に使わなくてはならない。
 俺の気配を察したのか、再び魍魎が襲い掛かって来る。
 だがこれまでの戦闘で目が慣れて来た。奴らの動きが手に取るように分かる。
 出来るだけ胸元に引き寄せて、ショートストロークの拳を振るう。大振りだと隙が生じやすいが、これなら連打しても身を守れる。
 だが一瞬の判断ミスが命取りになる。一旦ガードを突き崩されてしまうと手の打ちようが無い。
 目の前で魍魎の親玉から攻撃を受ける二人の姿。
 大きな腕で薙ぎ払われ、回避した瞬間を魍魎に狙われている。
 山科さんは逃げの一手、小さい奴は空気の重さで押し潰せるが、親玉にはまったく歯が立たない。
 それに祝詞を奏上する隙も見つからない。紙吹雪で応戦しているが、紙は火に焼かれて一瞬にして灰になってしまう。
 一方乃江さんは親玉の攻撃を回避し、飛び交う魍魎を着実に浄化させている。一見危なげない戦いに見えるが、これもまた足止めされたら終わりだ。
 それに火の勢いが増してから、親玉と魍魎達の動きが格段に速くなった。火属性に後押しされ、瘴気が活性化しているのかもしれない。
「――っ!」
 二人に気を取られた隙を狙われ、背後から魍魎が襲いかかってきた。
 振り返ってガードしても間に合わないタイミング。咄嗟の判断で守り刀を引き抜いて、カナタに浄化を任せ攻撃を仕掛ける。
 運良く一匹は刃に掛かり霧散して消えた。だが残りの一匹は左腕に取り付いて、二の腕に食らい付こうとしている。
「ヤバっ!」
 危機を感じて発動するフラッシュバック。音の無いコマ送りの世界で、魍魎の額に刃を突き立てる。
 霧散して消える敵に安堵し、隙を覚られないように息を吐いた。
「――今のはヤバかった」
「カオル、小物は飽きた。あの大きな奴を食わせろ」
 カナタが指差す先では次元の違う戦いが繰り広げられていた。
 乃江さんが足を止め、頭上で手を交差させて攻撃を受け止めている。
 支えた両足は踝まで土に埋もれ、衝撃を受け止めた両手は服が燻り始めている。
 足を止めた乃江さんに、幾匹もの魍魎が取り囲む。
 慌てて山科さんが祝詞の奏上を始めるが、もう一方の手で薙ぎ払われ、詠唱中断を余儀なくされた。
 もうダメかと諦めかけたその時――。

 ――ポツリ。

 頬を濡らす一筋の雨。なんの前触れもなく通り雨が降り注ぐ。それもかなりの雨量だ。
 魍魎達はもんどりうちながら苦しみだし、体を溶かされて形を留めることが出来ない。
 火を好む魔物だといえ、水に濡れた程度でこのような状態になるはずもない。
 空を見上げて、通り雨の正体に気が付いた。大量の水が公園の上に向け、放水されている。
 公園の外には消防隊が取り囲み、隊員達は筒先を天高く掲げて放水をしていた。
 美咲さんがポンプ車の上で足を組み、ギターを弾きながら霊気を放出し、その力はポンプ車を包み込んで仄かな光を発していた。
 ポンプ車一台分に霊気を通すなんて、そんな発想誰が思いつくだろうか。
 美咲さんの霊気は水に力を与え、聖水のような退魔効果を与えているのだ。
 俺達には最強の駒、クイーンが残されていた。美咲さんは呆然とする俺に気がついたのか、ニコリと笑って小さく手を振った。
 公園内を跋扈していた魍魎は、水の力に耐え切れず溶けて消え去り、親玉の奴も完全にグロッキー状態だ。
 乃江さんは受け止めていた手を払い除け、今にも崩れ落ちそうな敵を目の前に拳を構える。
 大きな打撃音が響き渡り、敵は霧散して消え、囚われていた何十もの魂が開放された。



 美咲さんは足元を気遣いながら歩み寄り、ずぶ濡れになった仲間にタオルを手渡した。
 疲弊した乃江さんは公園のベンチに座り、山科さんは乃江さんの膝を枕に空を見上げている。
 傷ついた腕に顔を顰める乃江さんの姿を見て、かなりのダメージを受けたのだと気付いた。
「腕……、大丈夫ですか?」
 乃江さんは曖昧に頷き、ぼろぼろになった袖を捲り上げた。
 患部は赤く腫れ上がり、表皮が破れて酷い有様だ。
 火傷した患部に、もう一度攻撃を受けたのだ。むしろこれくらいで済んだ事が奇跡に近い。水の霊気による恩恵は思ったより大きいようだ。
「乃江ちん、はよう怪我治さんと。カオルが心配するやろ?」
 山科さんはそう言い終わると、乃江さんの膝の上で寝返りを打つ。
 乃江さんはくすぐったいとばかりに苦笑し、手を患部に添えて霊気を放出した。
「さっきは霊気を節約したくて治癒しなかった。これくらいの傷ならすぐに治るよ」
 そう言い終わらないうちに、手を翳した所から皮膚の再生が始まる。
「よかった……」
 退魔士という道を選んだとはいえ、年頃の女の子だ。
 一生残る傷を付けたのなら、それなりの責任を感じなくてはならないと思っていた。
「乃江も由佳も、びしょ濡れのままじゃ風邪ひきますよ?」
 手渡したタオルがまったく役に立たず、美咲さんは少々むくれ顔だった。
 俺は離れた場所にいたからそれほどではないが、主戦場にいた二人はモロに放水を浴びたはず。
 それが証拠に髪も服もびしょびしょで、乃江さんなんかシャツが透けてピンクのブラが見え隠れ……、それはもう大変な事になっている。
 山科さんも同様の有様だ。巫女装束が肌に密着し、艶かしいボディラインが露になっている。
 和装は下着を着用しないらしいが、実際のところはどうなのだろうか。
「ほら、カオル。治った」
 両手の火傷を見せて、乃江さんは俺に微笑みかける。
 その無垢な微笑みを目にして、お宝映像を記憶していた自分にふと罪悪感を感じる。
 患部を見ると赤ちゃんのようなプニプニの皮膚が再生しており、火傷が跡形もなく消えている。
 水は命の源だというが、この力は凄いな。
「カオルも怪我しているじゃないか、顔を近づけてみろ」
 乃江さんは俺の頬に手を当てて治癒を開始する。
 触れた手はひんやりと冷たかったが、流れ込む霊気は心地良かった。
「治ったぞ」
 頬に触れて感触を確かめるが、傷による腫れも探り当てられない。
 逆に傷が無くなったことが不自然に感じるくらい、綺麗さっぱり跡形もなく消えていた。
「さあ、帰って一眠りしましょうか」
 美咲さんは大きく伸びをして、大きな欠伸をかみ殺した。
 のんびりしていたら夜が明けて朝が来る。だがこの場を捨て置いて帰る訳にはいかないだろう。
「あれ……、どうしたら良いんでしょうか?」
 指さす先には仄かな燐光。残留思念よりも強い光を発する、行く宛てもなく彷徨う人の魂。
 それも一つや二つではない。今まで犠牲になった人々の魂が、天に召されること無くこの公園に留まっている。
「美咲さん……、人の魂って怖いですね」
「怖い……ですか?」
「あんな小さな魍魎が、魂を食っただけであんな強敵に変わってしまう」
「――ですね。そんな強い力を持ちながら、人はそれを知らずに死んでいく」
 あんな強い力があれば何でも出来そうだが、それを気付かずに生きているのも人の業なのだろうか。
 未来を切り開く力とするか、抜かずの刀とするか……、その人次第か。
「彼らはどうなるんでしょうか?」
「ここに囚われれば、輪廻から外れて未来永劫このまま……」
 地に縛られる霊となる……、なんとかしないとな。
「まあ、なんとかなると思いますよ」
 美咲さんはそう言いながら公園の奥を眺める。
 目の前の闇にぼんやりと浮かぶ鬼炎が一つ。
 マッチ一本分くらいの仄かな炎が一つ、木と木の間を通り抜けゆっくりと近づいて来る。
「また来た!」
「いいえ、大丈夫」
 鬼火はクルリと宙で舞い、魂を呼び寄せるかのように炎の勢いを強める。
 月明かりに照らされ、炎から影が伸びる。四つ足の大きな獣が天に吠える姿。
「――もしかして、あれが火車?」
 美咲さんは何も言わずコクリと頷いた。
「火は本来燃す全てのものを天に戻し、変化を促す昇華の力があると言います」
 鬼火と魂はじゃれ合うように空を舞い、ゆっくりと天に昇っていく。
「もしかして……美咲さんは火車が敵じゃないって分かってたんですか? 」
「ん、魍魎が敵と分かってなんとなく。火車は魂を取り返そうと魍魎を追っているのでは……と」
 美咲さんは天に昇っていく燐光を見送り、もう一度大きく伸び上がった。



BACK   NEXT   TOP

ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.