BACK   NEXT   TOP


『022 重なる点と線 08』

 目の前の闇にぼんやりと浮かぶ鬼炎。
 マッチ一本分くらいの仄かな炎が一つ、木と木の間を通り抜けゆっくりと近づいて来る。
「来るぞ!」
 頭の毛をピンピンと引っ張り、カナタが耳元で吠える。
 そんなこと言われなくても分かっている。小鬼なんか比較にならない瘴気の濃さ、あれなら眠っていても目が覚める。
 乃江さんは何も言わず一歩前に出て、敵の前に立ち塞がる。
 同時に鬼火の動きにも変化が生じる。乃江さんの動きに反応したのか、まるで様子を窺うかのように動きを止める。
 ほんの一瞬の睨み合い、先に動いたのは鬼火だった。
 鬼火は明るく燃え上がり、火の粉を飛ばして周囲の草木に火を燃え移す。
 煙と共に瘴気が噴き出し、芝に移った炎の中から小鬼が群れをなして飛び出して来る。
 まるで炎が幽世(かくりよ)とを繋いだかのよう。噴き出してくる瘴気が尋常じゃない。
「なるほど……、ああやって小鬼が涌いて出て来るのか」
「形は三歳の小児の如く、色は赤黒く腐肉の如し。亡骸の肝を好む……」
 乃江さんはそう呟き、左手を目の前に突き出し、右手を腰に添えた。
 腰の守り刀に手を携えて、乃江さんと付かず離れずの距離に立つ。
 水の属性の影響なのか、芝に移った炎は勢いを失っていく。だが属性に押される前に現れた小鬼は十を超えていた。
「あれは小鬼の中でも、死肉を好む種類。魍魎(もうりょう)と呼ばれる魔物だ」
 乃江さんがそう俺に伝えてくれて、先程口にした言葉の意味が理解出来た。
 中国の文献に書かれていた魍魎の姿。小さい子供のような姿をして、色は赤黒く力が強く、亡骸の肝を食らう習性がある。
 ただ非常に臆病な性質で生きた人間は狙わない。亡骸に残された生気を求め内臓を貪る種類だと記憶している。
 奴らの目は俺達を餌だと認識している。純粋な魂の味を知り、生身の人間を襲うようになったのか……。
 魍魎達は小さく身を屈め、地を蹴って飛び掛って来た。
 接近単打の乃江さんには多勢の攻撃は凌ぎ切れない。拳を武器としている以上、同時に二カ所以上攻撃は出来ない。
 こういう時に山科さんなら足止めをしてくれる。だが俺には負担を軽減することしか出来ない。
 腰の守り刀を引き抜いて、一歩前に出て守り刀を構える。
「ちゃっき~ん」
 カナタは俺の手に飛び乗って、瘴気を吸い込もうと大口を開ける。
 妖しい光を帯びた刀刃は弧を描きながら空を疾り、手首が悲鳴を上げるほどの衝撃が加わる。
 だが手応えを感じたのは二体のみ、残りの影は勢いそのままに乃江さんへと襲い掛かった。
 乃江さんは表情一つ変えず立ち、手のひらを扇のようにひらりと動かす。おおよそ空手とかけ離れた、日本舞踊を思わせる雅やかな動きだ。
 手の甲で魍魎達を受け流し、軽やかな運足で半歩下がって身を翻す。
 次の攻撃に備えて刃を反した時、一匹の魍魎が弾け飛んで浄化され、それを皮切りに残り全ての魍魎が霧散して消える。
 グッと腰に引き戻される拳。その挙動を見て何が起こったのか理解した。
「師匠、強えぇ……」
 目にも止まらぬ速さとはこの事だ。拳の残像すら見定められなかった。
 恐らく彼女が繰り出した拳は一発。魍魎達はその拳圧に吹き飛ばされて浄化されたのだ。
 もしかして俺が露払いをしなくても、なんの影響も無かったのではないだろうか。乃江さんの拳はそれほどまでに凄まじいものだった。
「俺の努力は……無駄、でした?」
「――いや、そんなことはない。二匹も倒した」
 乃江さんはそうフォローするも、愛想笑いさえ浮かべず眼前の敵を見据える。
 俺は少々落ち込みつつ守り刀を鞘へと戻して、押し寄せる疲労感に耐えた。
 鬼火は再び攻撃に出ようとせず、目の前で静止してこちらの様子を窺っている。
「なぁカオル? アレをどう見る?」
 俺を横目で見て、乃江さんが問い掛けてきた。
 アレとは魍魎を呼んだ鬼火の事だろう。俺もさっきから気になっていた。鬼火と呼称することさえ疑問に思えてくるほどに。
「火の玉、鬼火、ウィルオーウィスプ、かぼちゃの顔を被せたらジャックランタン。……と言いたいですが、何か違うみたいですね」
「だろうな。あの火は敵の本質ではないかもしれないな」
「火が芝に移った時、瘴気と共に魍魎が吹き出してきましたよね」
「火を介してどこか別の場所と繋がっているのか?」
「なるほど……、試してみますか?」
 パーカーのポケットから護符を取り出す。
 その何も書かれていない護符を見て、何をしようとしているのかピンと来たようだ。コクリと頷いて構えを整える。
 山科さんから入手した無印の護符。どんな願いでも念じることが出来るが、成就するかどうかは霊力次第という博打札だ。
 護符を握り締め、願いの形を頭に描く。すると霊気に反応したかのように、護符に文字が浮き出た。
「風の力で炎をより強く、助燃効果を求む」
 そう念じ終えた瞬間、護符は手を離れて風を巻き起こす。
 落ち葉を舞い上げる程度のつむじ風、思惑通りに作り出すことが出来た。
 つむじ風は鬼火へと疾走し、刀鍛冶が踏鞴(たたら)を踏むように炎の勢いを瞬間的に強める。
 炎の中から俺達を見つめる鋭い目。一瞬だが敵の姿を覗き見ることが出来た。
 だが見定める事に集中するあまり、炎の中から飛び出した丸太のような腕に反応が遅れた。
「うつけ者! なにをしておる!」
 カナタの叫び声で我に返った時には、鋭い爪が目の前まで伸び、俺の頭を握り潰そうと迫っていた。
 慌てて守り刀に手を掛けた瞬間、襟首を引っ張られ真後ろに引き倒される。
 乃江さんは俺を庇うように割って入り、巨大な手を右肘受け止める。
 だが衝撃を受け流す防御ではない。力と力の激突、足は踏ん張った状態のまま土を抉り、ガードした部分を覆う服が燃え上がる。
 まるで破城槌を真っ向から受け止めたような衝撃。下手に受ければ吹き飛ばされかねないほどの威力だ。
「乃江さん! 火が!」
「くっ!」
 腕を振り上げて攻撃を反らし、地面を荒々しく蹴って拳を振り抜く。
 拳は丸太のような腕を吹き飛ばし、敵はたまらず炎の中へ身を潜ませた。
 俺は慌ててパーカーを脱ぎ、火を包み込むように消し止めた。
 見れば服には所々に穴があき、皮膚は真っ赤に腫れ上がっていた。
「俺が油断したばっかりに……」
「捌き切れなかったのは私が未熟だから。カオルの責任ではない」
 やり場の無い怒りを鬼火に向ける。くそっ、女の子を傷物にしやがって……。痕が残ったらどうする!
 だが敵本体は炎の中に姿を消してしまった。これでは八つ当たりさえ出来ない。
「一瞬でしたがデカイのがチラッと見えました」
「やはり敵は火を媒介して、この世に姿を現しているようだ。火の勢いが弱すぎて表に出られないのではないか?」
「水場に追い込む作戦は失敗でしたか」
 正攻法で属性縛りをしたのは良いが、それにより敵が姿を現さないなんて考えも及ばない。奴は火場で初めて姿を現す魔物なのだ。
「いや火の勢いをもっと強めれば、敵は姿を現すだろう」
「でも、護符はさっきの一枚で打ち止めです」
「まあ、それはなんとかなりそうだ」
 乃江さんは首を振りクンクンと鼻を鳴らし、敵を見据えながら思いっきり息を吸い込んだ。
「由佳! 隠れてないで、そろそろ出てきたらどうだ!」
 叫び声が公園内にこだまする。
 山科さんは結界を張りに出掛けたはず、戻ってくるにしても早すぎやしないだろうか?
 そう思った瞬間、頭上の木の枝がガサゴソと揺れ動き、同時に巫女装束の山科さんが降って来た。
「ありゃりゃ、バレてもうた。……炎が風向きを変えてしもたんやな」
 軽やかに着地を決め、自分のおでこをペチリと叩く。
「作業は終わったのか?」
「うんにゃ、グラビティに護符渡して貼らせに行かせたんや」
 グラビティってのは山科さんに憑いている風の聖霊。
 俺もチラッとしか見たことないが、メタボリック体型でちょっとエッチなナイスガイだ。
「山科さん、いつから木の上に?」
「カオルと乃江が手握りおうて、なんかこそばゆいことしてた時や。これ幸いに気配殺してよっこらせっと」
 ……てことは、戦闘に入る前から木の上にいたってことか。
「それなら早く出て来てくださいよ。俺じゃあ乃江さんのパートナーには力不足です」
「そっかぁ? なかなかええ線いってたと思うけどな」
「でも俺がボーっとしていたから、火傷させてしまいました」
「アホ、前で戦っとるもんを守れんで、なにが退魔士や。資格どうの言う以前の問題や。アレは乃江のミスや」
 乃江さんは火傷に手を当てて、俯いたまま苦言に言葉も出ない。
 山科さんはそう言い放つと、懐から護符を取り出して手渡してくれた。
「治癒の護符や。飲んでよし、貼ってよし。時間稼いだるから、その間にちゃっちゃと治し」
 山科さんはそういいながら鬼火に向かい歩を進める。
 こうしている間にも鬼火は魍魎を呼び出し、すでに先ほどを上回る数の魍魎を呼び寄せている。
「山科さん一人で大丈夫ですか?」
 護符を乃江さんの傷に貼り付け、時間を稼ごうと立ち塞がる山科さんを気遣う。
 だが山科さんはなにも言葉を返さず、チラリとこちらを見て不敵な笑みを浮かべた。
 まあ見ておけといわんばかりの余裕の表情だ。護符に霊気を通しつつその戦いっぷりを見守った。
 山科さんは構えもせず、千早の袖をたくし上げて手をまっすぐ敵に翳す。
「掛けまくも畏き 伊邪那岐大神 筑紫の日向の橘の小戸の阿波――」
 神道で祭事の際に奏上する祝詞。
 まるで魔法の呪文のように祝詞を唱え、手を翳した方向に風を集める。
 聞いたことの無い圧縮音を鳴り響かせ、翳した手の先にある芝生が円形に陥没し、路傍の小石が音を立てて砕け散った。
「――穢有らむをば祓へ給ひ 清め給へと白すことを 聞こし召せと 恐み恐みも白す」
 魍魎達は地に手をついて踏ん張っているが、耐え切れずに土に顔を埋め、身動きする事さえ出来ない。
「風? いや……風弾と同じ原理か。空気を凝縮させてその重みで押し潰している」
 俺と戦った時の山科さんとはまるで別人だった。
 あの時は本気でないのは分かっていたが、こんな切り札を隠しているとは思わなかった。
 あの時この技を出せば、一瞬で勝負がついただろう。これが退魔士ランクAの実力か。
 山科さんは指を一本一本折り畳み、鶏でもくびり殺すかのように力一杯握りを固める。
 砂が擦り合わされ軋み鳴き、魍魎は形を留められず押し潰されて霧散した。
「乃江、ええか? 行くで?」
「ああ、いける」
 そう言葉を交わすと、山科さんは翳した手を鬼火に向ける。
 鬼火は高密度の風の恩恵を受け、物凄い火柱を立ち昇らせる。
 まるで焚き火に油を放り込んだ時のように、炎がより多くの酸素を求め爆発的に広がっていく。
 炎は周囲の木々に飛び火し、昼間のような明るさを作り出した。
 そして炎の中から魍魎を巨大に、そして醜悪にした魔物が這い出てきた。
「――っ!」
 公園の木々を突き抜けるほどの巨体。枝を掻き分けで覗かせた胸板は厚く、ギリシャ神話に出てくる半獣人を髣髴させる。
 口の中から出ようとする魂を喉の奥へ押し込み、腹の加減でも確かめるかのように手で擦る。
 無念の叫びだろうか、魂の慟哭が腹から聞こえると、口角を釣り上げて満ち足りた笑みを浮かべた。
 唾液が口の端から零れ落ちて悪臭を放ち、足元の樹木を一瞬のうちに枯れさせる。
 姿形は魍魎だが、比較にならないほどデカイ。
「これが魍魎じゃ。魂を食えば食うほど強大になりおる。厄介な奴じゃ」
 なるほど。こいつが火事場の魂を根こそぎ食ってやがったのか。
 しかし山科さんの風を食らいつつ、この余裕の表情はなんだ。全然効いてないじゃないか……。
「ちっ、やっぱ属性の問題やろか。馬鹿らしくなってきたわ」
 山科さんはそういい、翳した手を引っ込めて後退さる。
 乃江さんは護符を貼った手を庇いながら立ち上がり、俺を手で制して前に出る。
「もう大丈夫だ。危ないから下がっていろ」
 そう言い切り護符を剥がして捨て去ると、山科さんと入れ替わるように前に出た。



BACK   NEXT   TOP

ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.