BACK   NEXT   TOP


『021 重なる点と線 07』

 美咲さんの案内で警察関係者の集まる場所へと足を運んだ。
 そこは帆布のテントに簡素な机と椅子を並べた指揮所だったが、無駄口一つ許さない張り詰めた空気が漂っていた。
 美咲さんは臆面もなくその末席に腰掛け、俺と山科さんに向かいへ座るように促した。
 乃江さんは地図をテーブルに配ると、立ったまま様子を見守っている。
 配られた地図には消防水利や要所、人員体制が書かれ、放火予想地点が赤で塗り潰されている。
 さらに路上駐車の位置や身を潜めやすい場所など、幾人もの筆跡で追記されており、関係者の努力が窺い知れる。
「かなり範囲を絞り込んだみたいですね」
 とはいえ半径数百メートルにも及ぶ大きな円、旧市街をすっぽり包み込むほど広大な範囲だった。
 そして簡単に状況説明を受けた後、放火現場で起こった事を伝えた。
 事実と想像が入り混じる話だったが、思うところは汲み取って貰えたように思える。二人の表情からそう感じ取れた。
 複雑な表情で顔を見合わせる二人。そして深い溜息の後、真っ先に口を開いたのは乃江さんだった。
「――火車が関わっている可能性が高いと?」
「火車とは断定出来ませんが、魔物が関わっているのは間違いないと思います」
 瘴気を発する猫の死骸。丑寅の方角から直線的に来る火の厄災。日を追うごとに濃くなっていく残留瘴気。
 それらの点が重なり合い、一つの答えを指し示している。
 だがそれはピンボケた一枚の絵に過ぎない。いくつものピースが足りず、完全な絵にする事が出来ないのだ。
 山科さんは口惜しげに舌打ちし、溜息と共に天を仰いだ。
「うちの霊気は火寄りの木気。風は火と相性が良すぎて、生半可な技では通用せえへんやろな」
 美咲さんも頬杖を付き、山科さんに相槌を打つように呟いた。
「私も水跨ぎの木気です。由佳ほどでは無いにしろ、実際やってみないと……」
 彼女らは身に纏う霊気の性質を話し合っているのだと思う。
 水、木、火、土、金という五つのエレメント。万物の理を五つの属性で表す五行思想に基づくものだ。
 水は木を育て、枝が擦り合わさり火を生じ、灰は土に返り、土は金を生み、金を掘れば水が湧いて川となる。
 その中で木は火を生じさせる(プラス)の関係にある。分が悪いというのは頷ける話だ。
 ちなみにマリー=ミヤノサカの本によると、風も木属性の一種だそうだ。
 風は普段目で見ることは出来ないが、木々がざわめくことでその正体を露にする。ある原始宗教などでは、木は風と雷を従える神として崇められている。
 見た所山科さんは純粋な木ではなく火の性質に近い。『寄り』というのは隣り合う属性の影響を受けているという意味だろう。
 それを裏付けるように、ほんのり色づいた紅葉(もみじ)を思わせる色の霊気を身に纏っている。
 そして美咲さんの言う『跨ぎ』とは、水と木の性質をあわせ持つという意味だろうか。芽吹いたばかりの瑞々しい若葉を想像させる霊気だ。
「火は乃江ちんが適任なんやけどな」
 乃江さんは水の性質を持っているのだろう。
 深い湖を思わせる濃紺の霊気。氷柱から滴る雫の如く、冷たさの中に春の息吹を感じる。
 彼女が討伐に当たるならば資格申請の足掛かりになるし、放火事件も片付いて一石二鳥だ。
 だが出現位置が絞り切れていないし、現状は四人でも手が足りないくらいだ。
「でもこの範囲の中、上手く乃江さんと遭遇する確率は低い。もっと確実に敵と遭遇できる方法を見出さないと」
 半径数百メートルと軽く言ったが、複雑に路地が入り組んでおり、直線距離で時間を予測するのは危険だ。
 それに古民家が密集している街中で、火の魔物を相手に時間を稼ぐのは戦うより難しい。
 もしそれほどの技量があるなら、仲間の利よりも住民の安全を第一に考えるべきだ。
「受け売りの考え方ですけど、もっと地の利を生かした戦い方をするべきだと思います」
「せやかて、敵はどこに出てくるかわからへんねんで?」
 確かにどこに出現するかは定かではない。だがどの方角から来るかは確定している。
 俺はテーブル上の地図で北東の位置を指差した。
「城跡。城はとうの昔に焼失していますが、跡地には広い公園があります。ここで待ち構えるのがベストです」
「出鼻を挫く作戦か?」
「いや……、地の利というのはそれだけじゃない。取り囲む堀は上流の川から水を引いている。いわば水の性質が強い場所なんです」
 俺は城跡を囲むように造られた堀を指し示す。
 人が色々な霊気を纏うように、土地にも属性の強弱が存在する。
 例えば清流や滝。水の気が強い所は心を穏やかにし、癒しの効果が高い。
 人への影響は微弱なものだが、瘴気で構成された魔物にはどうだろうか。なんらかの影響があって然りだと思う。
 それに城の堀は生活用水として以外に、敵に対する足止め、火除けの効果を期待して造られている。いわば水の結界といえる代物だ。
 今まで火災現場となった場所は、どこも水の性質が薄い場所だった。敵はそういう場所を好んでいるように思える。
「上流の川と堀を水の結界と考えると、通れる場所はかなり限定できます。あとは綻びを埋めていけば――」
(やな)を仕掛けるわけですね?」
 美咲さんは頷きながら城跡に赤ペンで丸をつけ、川と堀を赤く塗り潰した。
 (やな)とは川の両岸を堰き止めて、罠を仕掛けた場所だけ堰を切る漁法だ。
 山科さんはおもむろに懐からお札を掴み出し、テーブルの上へ威勢良く叩きつけた。
「うちと美咲は城跡の両翼に結界を敷く。乃江は城跡で迎撃準備、カオルは乃江のバックアップを頼めるか?」
 テーブルに置かれた山ほどの護符、その半分を美咲さんへ手渡し、残りを再び懐へと仕舞う。
 あの懐には本当に色々なものが入っている。まるで猫型ロボットのアレ(四次元ポケット)を彷彿させる。
 美咲さんは護符を手に取り立ち上がり、踵を返そうとした所で踏み止まる。
「カオるんのその知識って、やっぱりマリー=ミヤノサカの?」
「ええ、まあ。属性観はまんま受け売りです」
「なるほど……、本腰を入れてスカウトしなくてはなりませんね」
 美咲さんはそう言い残して走り去った。
 乃江さんが退魔士資格を取得したとして、山科さん一人ではカバーしきれなくなってしまう。
 故に優秀なバックアップがもう一人必要……という事か。
「もし日本に来たら……」
 愛蔵本にサインを貰おう。ふとそんなミーハーな考えが頭を過ぎる。
 それどころか色々な話を聞けるかもしれない。スラブ系の民話について熱く語り合いたいものだ。
「どうした? ニヤけた顔をして……?」
 乃江さんは薄手の皮手袋を装着しつつ、怪訝そうな表情を俺に向ける。
 されどこの笑みを止めることは出来ない。それほど幸せな気分で舞い上がっていた。
「ふひひ……。なんでも……ないれす」
「やれやれ……、先が思いやられるな」
 乃江さんは肩をすぼめて苦笑した。



 俺達は城跡へ到着し、辺りの様子を伺う。
 外堀の大手門から遊歩道が設けられ、城跡は常緑樹と芝生の公園になっていた。
 足場は固く踏みしめられた土。ジョギングには最適の場所と言えよう。
 乃江さんは落ちた木の枝を手に取り、屈みこんで地面に紋様を描き始める。
「何をしているんですか?」
「予想より城跡が広いのでな、簡易結界を敷いているのだ」
 流石は師匠、念には念をということか。
 俺もリュックの裂け目から塩爆弾を取り、地面にサッと撒いて同様の効果を与える。
 生き残った塩爆弾を全て地面に撒き終え、守り刀を腰に差し直した。
 シンと静まり返る城跡の公園。時が経つにつれ、心臓の鼓動は早鐘を打ち始める。
 出現予定時刻まで時間がある。今から硬くなっては、いざという時に力が出せない。
 乃江さんも同じく張り詰めた状態にあると思われる。表情一つ変えず北西の方向を見つめ、拳を何度も握り直している。
 山科さんが一目置くほどの人でも、こういう時は緊張するのだと親近感を抱く。
 だが彼女には本来の力を出して欲しい。緊張を解きほぐすべく努めて明るく声を上げた。
「美咲さんの能力には参りました。お釈迦様の手の上に乗っている気分ですよ」
 場にそぐわない軽口に、乃江さんは厳しい表情を見せた。
 だがそれも一瞬のこと。話に意味など無いことを悟ったのか、微笑みながら返事をしてくれた。
「――赤い糸と言うのだそうだ」
「それって、『運命の赤い糸』みたいな?」
「少し違う。人と物、人同士の(えにし)を感じる能力だと聞かされている」
 なるほど。それで失せ物探しと言われてるのか。
 人の縁か。願望を実現するために働く能力と聞かされたけど、美咲さんは人との絆を確かめたかったのかもしれない。
 少しメルヘンチックだけど、美咲さんらしいと素直に思えてしまう。
「そういえば、乃江さんもそういう才能を持っているんですよね?」
 そう口にしてから後悔した。
 確か彼女はその才能に蝕まれ、心を閉ざした時期があったと言っていたはずなのに……。
 どう取り繕おうかと内心慌てたが、彼女はさほど深刻に受け止めていない様子で口を開いた。
「何を考えているか触れただけでわかる。軽く触れば表層意識が――」
 そう聞かされて初めて理解した。
 彼女は深刻に受け止めてない訳じゃなく、そう見せないように努めているだけなのだと。
 今まで生きて来て、人と触れ合う機会なんて星の数ほどある。
 親兄弟や友達、クラスの仲間、病気になれば医者や看護師とも触れる機会がある。その度に彼女は剥き出しの本心に触れていたのだろうか。
「今はコントロール出来るようになり、念じない限り見えない」
「……そうなんだ。それじゃあ安心ですね」
 だが乃江さんは力なく首を振る。
 まるで分かっていないといわんばかりに、悲しい表情を向けた。
「だが心を読まれるという疑念は消えない。そんな私に普段通りに接してくれるのは、家族以外ではお嬢様と由佳くらいだ」
 能力を隠して付き合えば良いのだろうが、性格上そういう訳にはいかないのだろう。
 相手に好意を寄せれば、自分の本質を知って欲しくなる。そしていつかは隠し事に耐えられなくなってしまう。
 それじゃあ恋人が出来たとしても、指一本触れられやしない。
「乃江さん、俺の心を読んでみてくださいよ」
 俺は乃江さんの前に手を差し伸べて、触れやすいように手のひらを広げた。
「馬鹿! 本当にわかってしまうんだぞ? 後悔するぞ?」
 そう言われて引き下がっては男が廃る。
 そんなことを気にしていては、体術を教えてもらう時に困るではないか。
 胸の前で縮こまる手を無理やり掴み、そっと手のひらに触れてみた。
「――っ!」
 一瞬手と手が触れあった瞬間、静電気でも通ったかのようにビリッと来た。
 それが静電気なのか能力によるものかは分からない。だが手と手を繋げていると、不思議と安らぐような心地よさを感じてしまう。
 心を読まれた。それは乃江さんの表情で理解した。
 恥ずかしさのあまりに頬は紅潮し、目は戸惑いながら彷徨う。
 手を触れて恥ずかしいからこうなった訳ではない。心を読み取って赤面しているのだろう。
「うわっ!」
 これからという時に、耐え切れなくなったのか手を振り解かれた。
 そしてキッと睨み返されたと思った瞬間、頬に一発ビンタを食らっていた。
「おっ……お前、な……」
 ワナワナと身を震わせ、涙目になって言葉も出ない。
 それもそのはず、俺の脳内では乃江さんの如何わしい想像が渦巻いていたからだ。
 一応R18に準拠したものだったが、免疫の無いお姫様にはキツかったようだ。
「ええ、まあ。一番恥ずかしいと思うのをチョイスしたつもりです」
 再び恥ずかしさが込み上げて来たのだろう。言葉を失いながらもジト目で睨むことしか出来ないでいる。
 まあこういうのは一旦ブレイクスルーしてしまえば問題ない。
 成年向けの本を妹に見つかった時にはへこんだが、一度見つかってしまうと屁でもないことは体験済みだ。
 たとえそれが妹萌え系の本であったとしても、だ。
「な、なんでメイド服なのだ?」
「好きだから」
「お花畑で飛び跳ねておったが、メイドは家事をするものだろう?」
「それは続きをご覧いただければ謎が解明されます。……続編を見ますか?」
 そう言いつつ再び手に触れようとしたが、乃江さんに激しく拒絶された。
 これ以上やると完全にセクハラだ。ちょっと惜しいがここまでにしておくか。
「まあ、心を読まれてもこんなもんです。気にすることはありません」
「――トラウマになりそうだ」
 見られても問題ないと伝えたかっただけなのだが、心に深いダメージを負わせてしまったようだ。
 乃江さんは胸に手を当てて心を落ち着け、チラリと横目で俺を見つめた。
「色々気を使わせたみたいだな」
「……なんだ。バレバレですか」
「表層のイメージはいただけないが、思う気持ちは受け止めておく」
 その瞬間、風もないのに木がざわめきだし、肌に突き刺さるような殺気を感じる。
 乃江さんの表情から笑みが消え、二人は申し合わせたように北東の方角へ向き直る。
 同時にうたた寝をしていたカナタが飛び起きて、魔物の到来を知らせてくれた。



BACK   NEXT   TOP

ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.