BACK   NEXT   TOP


『020 重なる点と線 06』

 それからの狩りは予想以上に過酷なものになった。
 現場を追うごとに濃くなっていく残留瘴気。それに比例して集まる小鬼の数も増加した。
 それは敵の発する瘴気が強くなり、より強い影響を与えているということを意味する。
 要因はまだハッキリとしないが、敵は日を追うごとに成長を遂げていると考えられる。
「まったく厄介な――」
 軽口を叩いた一瞬の隙を見逃さず、小鬼が群れをなして襲い掛かかってきた。
 総勢四匹。拳で応戦しようにも、敵の数が多すぎて的が絞れない。
 だが隣に立つパートナーは俺を気遣う余裕すら見せている。
 俺はそんな彼女のことを信じ、息を吸い込み腕を限界まで引き絞る。
 彼女は前方に手を差し伸べて短い詠唱を唱え、風を巻き起こして手のひらから紙吹雪を飛ばした。
 紙吹雪は小鬼の群れに吸い込まれるように舞い散り、その身を切り裂き、穿ち、そして空間にとどまり捕縛する。
 まるで紙の結界だ。霞網(カスミアミ)にかかる鳥の如く、小鬼達の動きを止めてしまった。
 そんな敵に向かい十分に霊気を溜め込み拳を突き出す。
 霊気は紙吹雪を伝播し、縫い付けられた全ての敵へと流れ込んだ。
 小鬼達は激しく痙攣を起こし、徐々に形を失い霧散して消えていく。
「今のは中々エエ感じや」
「いや、まだまだっす。山科さんの支援あってこそ」
 手のひらでハイタッチを交わし、互いを称え喜びを分かち合う。
 あれから俺達は即席のペアを組み、放火現場を回り狩りを続けていた。
 狭い屋内戦でペアを組むメリットは薄いと思っていたが、実際やってみると予想以上に戦いやすい。
 彼女は付かず離れずの立ち位置で戦況を見守り、戦闘中に生じる隙をカバーしつつ、実力以上の力を引き出してくれる。
 彼女は支援という役割に誇りを持っていたが、実際その価値は計りしれないものだと理解した。
 正直ここまでやれたのは、彼女の力無くして考えられない。
「カオル! 後ろ!」
「了――解!」
 背後から襲い来る小鬼に裏拳を打ち、相手が怯んだところに蹴りを入れる。
 足元でのたうち回り、霧散して消えていく小鬼。その様子を見てホッと息を吐いた。
 咄嗟の攻撃に対し霊気の溜めが間に合わず、裏拳では十分に浄化することが出来なかった。
 追い打ちの蹴りで何とかなったものの、霊気の蓄積に微妙なタイムラグが生じつつある。
 少ないなりにやり繰りしてきた霊気だが、そろそろ限界が近づいているということか。
 それが証拠に手は重く垂れ下がり、背中を伝う汗が冷たい。
 山科さんはポケットから風弾を取り、俺の手にそっと乗せた。
「もう一踏ん張りや。しんどいやろうけど最後までやり遂げような?」
「うぃっす!」
 手渡された風弾に霊気を注ぎ込む。そして瘴気の濃い場所へ目掛けて放り投げた。
 そして針ほどの小さな穴を思い浮かべて念を送る。
 圧搾空気が外に漏れ出す音が響き、八十神神社の神気が少しずつ漏れ出していく。
 神気は瘴気を中和しつつ圧倒的な勢いで広がっていった。
 これが風弾のもう一つの使い方らしい。ただの爆発物だと思っていたら、これがなかなか使い良い。
「カオル、そろそろ時間や。バイクのところに戻ろか?」
 山科さんは守り刀を手渡し、神様を頭の上から降ろした。
 タイムリミット……、時刻は午前零時を少し過ぎた頃だろうか。
 美咲さん達のいる場所まで十キロ、バイクで飛ばせば二十分で着ける。そこで対策を練ってもお釣りが来る勘定だ。
 屋外に出て新鮮な空気を胸一杯吸い込み、RVFに鍵を差してエンジンを掛ける。
 さほどエンジンも冷えていなかったようで、相変わらずの美声を響かせてくれる。
 山科さんはポチポチと携帯を操作し、二つ折りにして懐へ収める。
 美咲さん達にもうすぐ到着との連絡を入れたのだろう。さすがプロ、定時連絡は怠りない。
 ヘルメットを装着しRVFへ跨り、タンデムシートに座る山科さんに手を貸す。
 腰に回される手の温かみを合図に、アクセルを軽く握り締める。
 山間の住宅地に設けられた細い道を徐行し、国道に出た瞬間にアクセルを開いてRVFを奮い立たせる。
 息継ぎなしに回転計の針が跳ね上がり、あっという間に回転上限が来たと催促する。
 左足のつま先でシフトアップ。回転落ちしたエンジンに再び喝を入れる。
 この勢いなら十分少々で美咲さん達のもとへ到着できる。そう安堵した時のこと。
 前方から走ってきた一台の車とすれ違い、そのフォルムに一瞬肝を冷やす。
 白と黒のツートンカラーに塗られたセダン。
 反射的にその運転席を見つめ、制服姿のドライバーと目が合う。
「――っ!」
 減速しようにも間に合わない。軽くアクセルを緩めるのが精一杯のタイミングだった。
 仕事熱心な公務員さんでないことを祈りつつ、肩越しに後方を見つめ目眩がした。
 白と黒の車は赤色灯を光らせ、車を転回させつつ横っ腹を見せている。
 速度計測はされていないから、スピード違反で捕まることは無い。だが二人乗りを咎められたら一発でアウトだ。
「山科さん、ヤバイ。止まって事情を説明しないと……」
「そんなことやってる間は無い。うちに任しとき!」
 ミラー越しでもわかる距離へ追いすがる車。赤色回転灯の明かりが風景を赤に染める。
「前方を走行中の自動二輪。速度を落として路肩に停車しなさい!」
 凄い命令口調。これだから公僕は一般人から嫌われるんだ。
 人にお願いする時にはプリーズを付けた方がいいと思う。
 山科さんは片手を腰から離し、もう一方をベルトにしっかりと絡めた。
 そして半身を後方に晒し、手を真っ直ぐに伸ばして、人差し指を車へと向けた。
 子供がガンマンを気取るようなポーズ、だが山科さんは真剣な表情で照準を合わせている。
 そしてピタリと手を止めて、手首を軽く跳ね上げた。
 気の抜けた破裂音が響き渡る。その効果音は車の前輪から聞こえて来た。
 前輪のタイヤが一本バーストし、車はハンドルを取られて挙動を乱している。
 山科さんはそんなことお構いなしに、もう一度指を伸ばして手首を跳ね上げる。
 再び破裂音が耳に入った時、覚悟を決めてアクセルを捻った。
 遠ざかっていく赤色灯を背にしながら、胸の動悸を抑えるべく何度も深呼吸を繰り返した。
「ナンバーは千早の裾で隠したし、見咎められてへんと思うで?」
「なんで咄嗟にそんな事を思い付く?」
 場慣れしているというか、そういう場面に何度も遭遇していないと浮かばない悪知恵だと思う。
 あんたは暴走族かと突っ込みたくなったが、血圧が上がりそうなのでスルーした。
「カマイタチみたいなもんですか? アレ」
「いや、周りの気圧を下げただけや。そうするとタイヤは膨張して、自然に車輪から外れてしまいよるねん」
 恐ろしき風の巫女。
 まるで試した事があるような口ぶりだが、ここもあえて触れないでおこう。
「そういうことが出来るなら、ボンネットの中に集中させると良いです。今度からそうして下さい」
「ほぉ~、なるほど。エンストさせるわけや」
 エンジンは空気を吸い込んで燃焼している。
 ECUなどの燃料調整装置で、ある程度のコントロールは出来るが、極端な空燃比状態だとエンジンは止まってしまう。
 だが再び空気を取り込めるようになればエンジンは掛かるし、バーストさせるより安全に足止め出来ると思う。
「うん、わかった、次からそうする」
「ていうか、警察にちゃんとフォローしておいて下さいよ」
「…………う、うん」
 再び歯切れの悪い返事が返ってきた。これはもうダメかもしれない。



 火災現場から十キロ地点に到着し、山科さんの案内で古い町並みの路地を徐行する。
 町外れの公園に消防、警察車両が数台駐車されており、その脇で美咲さん達は関係者と話し合っていた。
 二人はRVFの排気音に気が付いて、話を切り上げて駆け寄ってきた。
「おおっ、RVFじゃないか。カオルのか?」
「ええ、まあ」
 乃江さんは子供のように目を輝かせ、手の入った個所を目敏く見付けてほくそ笑んでいる。
 さすが玄人。どういうメンテナンスを行っているか確認しているようだ。
 母はかなりのバイク好きだったようで、RVFの脆弱な個所は強化部品と交換していた。
 経年劣化でヒビ割れするカウルはFRP製のクイックリリースに、その他の個所にはHRCの強化部品を取り付けていた。
 子供のようにはしゃぐ乃江さんの背後には、独特のオーラを発した美咲さんが立っていた。
 美咲さんは微笑みながら歩み寄り、俺の頬を指で捻り上げた。
「カオるん! 単独行動は危ないって言ったでしょ!」
「ひゃい、すびません」
 笑いながら怒る姿は、絶頂時の竹中直人に匹敵する恐怖を感じる。
「まあ、お灸はうちが据えといたし、今日の所は許したってや」
 あまりの怖さに逃げ腰になった山科さんだったが、約束を守るべく仲裁に入ってくれた。
 だが美咲さんは指を離さず、俺をニコニコと睨み付ける。もしかしてガンを飛ばしているのですか?
「むう……、由佳がそう言うなら……。でも……、まあ」
 十六秒後にやっと怒りが収まり、美咲さんは名残惜しそうに指を離す。
 これから二度と美咲さんを怒らせないでおこう。そう心に誓いつつ頬を手で摩った。
「――で、これは?」
 美咲さんは頭の上に座る神様を指差す。
 俺は腰に差した守り刀を手渡し、これまでの経緯を話した。
 守り刀をジッと見つめ、なにやら神妙に扱う美咲さん。
 慎重に鞘と柄を持ち、目の前で抜刀した。
「ちゃっき〜ん」
 頭の上から発せられた擬音に、美咲さんは一瞬ビクリと身を震わせる。
 そしてゆっくりと神様を見つめ、意表を付いたタイミングで抜刀する。
「ちゃっき〜ん」
 シンと静まり返る仲間達。全員が鳩が豆鉄砲を食らったような顔をしている。
 普段は見ることの出来ない間の抜けた顔を見て、必死に笑いを噛み殺した。
「ちゃっき~んって何?」
「ノーコメントじゃ。答える義務は無い」
 神様はプイとそっぽを向いた。
 美咲さんはそれでも微笑みを絶やさず、神様がそっぽを向いた方向に首を動かした。
「ちゃっき~んって何?」
「……ぷい」
 今度は神様、右の方向へソッポを向き直す。
 だがそんな事で美咲さんがへこたれる訳がない。
「ちゃっき~んって何?」
「……カオル。こやつ、ちょっと怖い」
 さすがの神様も美咲さんには勝てなかったようだ。泣きそうな声で俺に救援を求めた。
 俺は必死に笑いを堪え、鍔鳴りの事を話して聞かせた。
「カタナカミだな。刀神(とうしん)または刀精(とうせい)と呼ばれるものだ」
 乃江さんがそう言いつつ神妙な顔で話を続ける。
「地鎮、鎮霊、守護を目的として刀を打つと、それを依り代に神が宿ると言われている」
 さすが師匠、博識だ。ウンチクを語らせると右にでるものはいない。
 その時ふと約束を思い出し、ポンと手を叩く。
「そう言えば名前を付けるって神様と約束してたんだ。何か良い名前浮かびませんか?」
「名前?」
「無銘らしくて名前が無いそうなんですよ。名前考えてやってもらえませんか?」
 家に帰って考えても、インターネットで検索するくらいが関の山だ。
 こういうのは感性に任せるっていうか、思い付きで決めた方がいい名を付けられそうな気がする。
 乃江さんと山科さんは腕を組み、唸り声を上げながら美咲さんを横目で見る。
 美咲さんはその視線を感じて、お鉢が回ってきたと慌てだした。
 だが守り刀を見つめ、下唇を軽く噛んでコクリと頷く。
「誰しかも、とめて折りつる 春霞、立ち隠すらむ 山の桜を」
 美咲さんは目を閉じ、不意に和歌を口にした。誰の作かは忘れたが、聞いたことのある有名な和歌だ。
 確か現代訳すると、『一体誰が探してきたのだろう。春の霞が隠していた山桜を』という内容のものだ。
 裏読みすれば『春の霞が隠していた山の桜なのに、何故ここにあるだろうか?』と嘆く内容にも取れる。和歌の世界は深い。
 美咲さんは守り刀を物憂げな目で見つめ、大事そうに指で撫でる。
「刀を山桜に見立ててみたのです。それほど価値のある珍しい刀。私の前に現れるとは思ってもみませんでした」
 神様は俺の手に飛び移り、美咲さんを見つめて関心したように頷く。
「古今の和歌を嗜む者が、まだこの世にいたとはのう。良きこと良きこと」
「名前は……そう。『彼方(カナタ)』というのはいかがでしょう?」
 美咲さんはそういって守り刀を手渡してくれた。
 春霞の先に咲く桜、見果てぬ彼方の美しさ。詩人だ。
 神様もその名を気に入ったのか、手の上で嬉しそうに舞い踊る。
 俺をカオるんと命名するネーミングセンス。とんでもない名前を言い出すのかと思えば、割と良い名をつけてくれたもんだ。
「カタナだからカナタ。語呂がよろしいのじゃないかと」
 美咲さんはそう言って満面の笑みを浮かべる。
 神様カナタは盛大にずっこけ、手からポトリと落ちた。



BACK   NEXT   TOP

ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.