BACK   NEXT   TOP


『019 重なる点と線 05』

 山科さんは背を向けて服装の乱れを整え、狐面を朱袴の腰紐に結えつけた。
 そしていつの間にかメガネを装着し、すっきりした顔で目をぱちくりさせている。
 俺は足元に転がる紙吹雪を一枚手に取り、その質感を指先で確かめて嘆息する。
 気功を用い紙で大根を切る映像を見たことがあるが、この紙吹雪も恐らく同じ原理で硬くしたのであろう。
 喩えるなら極小のカミソリ。術者から離れて時間が経つというのに、まだ指先に食い込む余力を残している。
 戦いの中で瞬時に、しかも大量の紙に通す技量。さすがは退魔士ランクAといった所だろうか。
 しかし辛くも凌げたから良かったものの、食らっていればズタボロになっていた。まったく恐ろしい技だ。
「もし命中したらと考えなかったんですか?」
 ジト目で山科さんを睨みつける。
 だが彼女は悪びれる様子もなく、笑いながら鼻先を掻いた。
「乃江の回し蹴り。瞬き一つせんと見切ったらしいし、どんなもんやろかと思ってな」
「いや、あれは……。瞬きする余裕が無かった……、みたいな」
 スカートの中に目を奪われた、なんて口が裂けても言えない。
 制服からスラリと伸びた生足。重力に翻弄されるスカート。煩悩は時として人を達人に変える。
 軽く受け流して見たものの、山科さんは訝しげに俺を見つめ、小首を傾げて釈然としない。
「けど、前と比べて霊力が強うなっとるで?」
「なんと!」
 言われて初めて気付く程度だが、確かに体を包み込む霊気が力強くなっている。
 小鬼や山科さんとの戦闘で力を使ったのに、いつもより密度が濃いまま揺ぎが無い。
 霊気は気分の躁鬱など、メンタリティに左右されやすいが、絶好調でもこれだけの霊気を身に纏ったことは無い。
 才能が開花したとは思えないし、なにか他の要因があるのではないか。そう考えて一つの答えを導き出した。
「もしかしてコレが原因?」
 頭の上に座る神様を摘み上げ、山科さんに差し出す。
 山科さんはソレを手のひらで受け取り、ジッと見つめて眉を顰めた。
「いや、この子は違うと思う。うちの霊気をこれでもかってくらいに吸収しとるもん」
 見れば神様、モグモグと忙しなく口を動かしている。
 手で霊気を掴み、サッと口へと運ぶ。まだ飲み込んでもいないのに、もう一千切り口に運ぶ。
 まるで頬袋に餌を詰め込むハムスターだ。意地汚いったらありゃしない。
「女狐の霊気はなかなかの上物じゃ」
「女狐ってうちのことかいな?」
 神様は手のひらの上で高笑いし、山科さんはそんな様子を見て呆れ果てている。
 山科さんの霊気は俺と比較にならないくらいに強い。然したる影響が無いのがせめてもの救いだ。
「――てことは、こいつか」
 腰に差した守り刀を鞘ごと引き抜き、見鬼の目で見定める。
 触れた手から流れ込む霊力。点滴のように粛々と、微量ながら確実に霊力を注ぎ込んでくる。
 この守り刀を持ってから、体に異変が起きているのは確かだ。
 危機を感じて長考(フラッシュバック)状態になったのも、守り刀の霊力に後押しされたからだろう。
 山科さんは指でメガネを整え、興味津々で守り刀を見つめている。
「吸った霊気がその守り刀に蓄えられとるみたいやね」
「バッテリーみたいなものだろうか?」
 余力があれば持ち主をアシストし、空になれば霊気を補充し始める。
 てことは何か? 霊気が蓄えられている内は良いが、空っぽになったらどうなるのだ?
「うちのが、カオルの中に……って考えたら、なんかドキドキしてきたわ」
 山科さんは人指し指で下唇を弄び、艶っぽい表情で目を伏せる。
 一瞬なんのことかと小首を傾げたが、ふと(なまめ)かしい想像をして赤面する。
 霊気とは生命を司るパワーの源。
 山科さんが俺の命を支えていると考えただけで、お互いを共有しているような錯覚に陥ってしまう。
 俺は上気しつつある顔を背け、照れ隠しで神様に指令を下した。
「神様よ、女狐はまだ余裕のようだ。今のうちに霊気を蓄えておけ」
「合点承知」
「あ、神様。イヤ、直接手を齧るな。甘噛みせんといてぇ、こそばゆいって」
 女狐は本当に余裕たっぷりのようだった。
 そんな二人に背を向けペンライトを拾い上げて、ふと我に返る。
 ほのぼのとした雰囲気に流されたが、火事場跡を出た時に気が急いていたはず。こんなことをしている場合ではない。
「あ、採血の最中、申し訳ございませんが――」
 手に齧り付く神様と、振り解こうとする山科さんが同時にこちらを見た。
「実は――」
 山科さんにここであった事をつぶさに話した。
 残留思念の燐光、小鬼、瘴気を纏った猫の死骸、火車。
 そして辿り着いた一つの考え……、推測の域を出ないものだが、それを神妙な顔で受け取ってくれた。
「なるほどな。まるで賽の河原の石積みやな。けど……そないな交換条件を持ち出されるとなぁ……」
「そうだね。いくつ魂を集めても目的を遂げることは出来ない。永久に魂を集める物の怪になってしまう」
「牛馬の如く永久に働く。畜生道とはそういうものじゃ」
 三人は同時に深いため息を吐いた。
「早く行きましょう。美咲さんと乃江さんにもこの事を知らせたい」
 そう言い踵を返そうとした時のこと、山科さんにガッシリとリュックを掴まれ、思わず仰け反りそうになる。
「あかん。まだここの用件は終わってへん」
 そういって俺を引っ張り、再び火事場跡へ引きずり込んだ。
「小さい案件やからって見過ごしたら、仕事を選り好みしとると思われる。そんな人間はどんなに優れとっても信用されへん」
 火事場跡に漂う燐光を親指で指し、山科さんはニヤリと微笑んだ。
「てことで……。気張りや、カオル」
「――なんで俺やねん!」
 盛大に腕を振り、山科さんへツッコミを入れる。
 山科さんは嬉しそうにチョップを受け、弱々しく咳き込む素振りを見せる。
「霊気を散々吸うておきながら、その上まだ戦えと……ゴホッ」
「あー、そう来たか」
「あと……これは没収」
 腰から守り刀を引き抜き、後ろ手に隠して袖で口元を押さえた。
 いきなりのピンチ。丸腰で戦えというのか?
「――塩、使っていい?」
「あかん。これも修行の内や」
 なるほど、俺に力を付けさせようという企みか。
 悔しいけど自分の身を守るため。そう思うと何も言い返せない。
「カオルの成長を見たら、美咲ちんの機嫌も直るかも」
「やらせていただきます!」
 漂う燐光は残り一つ。
 最初の二つはその場で動かず大人しい奴だったが、こいつは忙しなく動き回っている。
 だが燐光は塩で浄化出来る分、死神より難易度は低い。ぶん殴れば消滅してくれるはずだ。
 そう思いながらも、あの時の痛みが頭を過ぎる。煮えた油に手を突っ込むような激痛……、本音を言うと逃げ出したい。
 霊気を集中させ、指先でそっと触れてみる。
 バチンと音がして火花が散り、指先にあった霊気が瞬時に失われた。
「老師! ダメです。歯が立ちません!」
「力一杯殴れ! 考えるな! 感じるんや!」
「それは嫌です。死神の時それで痛い目にあってます」
「チッ!」
 山科さんは露骨に舌打ちし、腰に手を当ててやれやれといった態度を見せた。
「よう見とき」
 ふわりと飛ぶ燐光に近づき、なんの前準備もせず無造作に手を伸ばす。
 そして燐光を鷲掴みし、音も無く消し去った。
「弓を強く引き絞れば矢が遠くへ飛ぶのと同じ。体内で霊気をグッと溜め込んで、一気に押し出すんや」
「もう少し具体的にお願いします」
 山科さんは深呼吸をしつつ、臍の所に手を当てて息を止める。
 俺もその動作を真似て、臍に意識を集中して深呼吸した。
「最も霊気を蓄えやすいのは丹田(臍の下)や」
「なるほど……、臍の辺りがむず痒い感じ」
 ジェットコースターが急降下する時に感じる不快感とよく似ている。どうにも好きになれない感覚の一つだ。
 山科さんは臍から手を離して、ゆっくり突き込む動作を見せた。
「強い霊気が溜まったら開放する。そんだけやねんけどな。言うは易し、行うは難しやろか?」
「試してみたい気がしますが、討伐対象はもういませんし……。残念です」
 本音を言えば、いきなり実践するのは難しいと思っていた。
 家で練習してから踏み切りたい。そう思っていたが、山科さんは再び親指を奥に向け、ニヤリと意地悪い笑みを浮かべた。
 親指の指し示す場所は、先ほど猫が死んでいた場所だ。まさかアレを祓えと?
「そのまさかや」
「どっ、読心術?」
 あの猫の死骸は、燐光など比較にならない瘴気を発していた。
 鬼を引き寄せるほどの強い瘴気。見立てでは死神と同等かそれ以上だ。
「老師! もう一回手本を見せて下さい」
「美咲はああ見えて、結構根に持つタイプやねんな。ねちねちとこねくり回されるやろうなぁ。うち……フォロー出来るやろか」
「くうっ……。見捨てないで……」
 鬼だ。鬼畜すぎる。だがこの人に逆らったら明日は無い。
 溜息を吐きながら、牛歩で死地へと赴く。
 足元には猫の焼死体、そこからどす黒い瘴気が床を伝い広がっている。
「瘴気は十、カオルの霊気は二くらいやろか?」
 丹田に霊気を集中しながら、山科さんの言葉に耳を傾ける。
 ちょうど死神の時がそんな状況だった。霊気の差はそれ位あると思う。
 霊気の二は死神の十とぶつかり合い、玉砕して八にまで持ち込めた。だがその後は打つ手が無くなってしまった。
 真っ向から勝負しては勝てないぞと、山科さんはそう告げているのだと思う。
 過去に戦において、劣勢を覆し勝利を収めた例もある。
 彼らはなにを成したのか。ある時は奇襲で、ある時は一気駆けして敵陣を切り裂き、大将の主級を取ったのだ。
「周りの瘴気には惑わされず、一点に集中して本質を叩く」
 脇に引き絞った拳を、躊躇うことなく振り下ろした。
 瘴気と霊気が空中でぶつかり合う。だが躊躇いが無い分、拳の勢いは止まらず霊気は走っている。
 気合と共に息を吐き切り、丹田に溜めた霊気を余すことなく手へ送り込んだ。
 拳が死骸に触れようかという瞬間、思い切って全霊力を吐き出した。
 猫の死骸へ霊気が流れこみ、死骸内部で乱反射して駆け巡る。
 連続する内からの衝撃に、炭化した死骸が耐え切れずに崩れていく。
 瘴気は留まる力を失い、周りに溶け込むように薄まっていった。
「水道が壊れたらまず元栓を締めろ。そういう事ですね?」
「あとは物理的な拳速と霊気の溜めやな。コツを掴めば楽に祓えるようになる」
 腕の振りが弱ければ、最初の衝撃に耐え切れずに拳は届かなかった。
 そして拙いながらも溜めが出来たから、霊気を一気に内部に送り込む事が出来たのだ。
 俺は死神と戦った時、自分の力を信じきれなかった。拳を打ち込みながらも通用するとは思っておらず、次にどう逃げるかを考えていたのだ。
 だが、それでは霊気は乗ってこない。確実に祓うという信念が必要なのだと感じた。
「今の感覚を忘れんうちに、次の現場に向かおうか?」
「は? 今なんと?」
「こういうのは反復練習あるのみ。まだ丑三時には間があるし、バンバン狩りまくって、頭でなく体に覚えさすんや」
 山科さんはそう言いつつ、余韻に浸る俺の首根っこを掴み、バイクを停めた場所へ引き摺った。
 頭の切り替えが速いというか、気持ちはもう次の現場に向かっている。
 そんな中携帯の液晶表示を見て、現在時刻を確認する。
 二十時を少し過ぎた時刻。火災の発生する時刻まで六時間弱、現場まで距離にして五十キロほど。
 山科さんの言う通り、余裕があるといえばある。移動時間を逆算して、途中で切り上げればなんとかなる。
 キーを回してエンジンを掛けると、アイドリングは極端な針上がりを示し、冷えたエンジンに活を入れ始めた。
「乃江のバイクとええ勝負しとるな。なかなかカッコいいやん」
 乃江さん? 確か彼女の部屋にはバイク雑誌がたくさんあった。
 彼女のイメージを頭に思い描き、ふとバイクメーカーを口走る。
「乃江さんか……、ヤマハっぽいなぁ」
 女性的フォルムで機敏な。やたら手の掛かるツンデレ。
 だが走り出したら鬼のような加速を見せる。彼女をバイクに喩えるとヤマハのツーストロークだろうか。
 そんな話を山科さんにしてもチンプンカンプンだった。現に頭の上にクエッションマークを浮かべ小首を傾げている。
「乃江のは外国のバイクやで? アプ……なんとかって聞いた事のないメーカーのや」
「――アプリリア?」
「そうそう。大きさはコレと似たような感じのやけど、えらいよう走るバイクや」
 アプリリアRS250だ。
 スズキのRGVγのV型エンジンを元に、イタリアのアプリリア社が独自の味付けをしたカスタムバイク。
 ノーマルのカタログスペックは七十馬力、SPチューンされた『アタリ』のエンジンは八十馬力以上をたたき出す。
 残念ながら環境を配慮して生産供給は停止した。ツーストロークエンジンを搭載した最後の市販バイクだ。
 低回転ではトルクが細く出足が鈍い、だが一旦パワーバンドに入るとミサイルのように加速する。ジギルとハイドのような二面性を持っている。
「センス良すぎる……。乃江さんらしい」
「そうそう、来る時に乃江からヘルメット借りてきてん」
 そう言って後ろ手に隠し持ったヘルメットを差し出す。
「どゆこと?」
「こういうこと」
 山科さんはヘルメットをサッと被り、タンデムシートへと座った。
 聞けば俺の移動する方角とルート、速度を察知して、バイクで火災現場に向かっていると読んだらしい。
 山科さんは乃江さんからヘルメットを借り、あろうことか巫女装束のままタクシーで移動してきたそうだ。
「またなんで、そんな目立つ事を……」
「神道の正装やもん。身が締まってええ感じになるねん」
 タクシーの運転手はコスプレイヤーだと思ったのではないだろうか。
「俺は免許取ってまだ一年経ってませんし、二人乗りは出来ないんですよ」
「人の生死に関わる事件、いわばこのバイクは緊急車両や。うちがなんとかしたるから、安心してええ!」
「マジっすか? 退魔士の権限でそんなことも出来るんすか?」
「…………まあ、ね」
 凄く歯切れの悪い返事が聞こえてきた。
 緊急事態なのは確かだし、この辺りでタクシーを拾うのは無理だ。ここは退魔士の権限とやらを信じよう。
 アイドリングの安定して来たのを見計らい、RVFに跨ってスタンドを蹴り上げる。
「このヘルメット、乙女の体臭が沁み付いてて、ええ匂いする」
 くんかくんかと鼻を鳴らす山科さん。荒い鼻息でシールドが白く曇った。
 オッサンかとツッコミを入れたかったが、ここはあえて放置する。
 どうも山科さんはボケてはツッコミを待っているような気がする。
 芸人が時折見せる「押すな! 押すなよ!」という、期待する目を俺に向けているのだ。
「出ますよ。振り落とされないで下さいね」
 そう声を掛けると細い手がスッと腰に回り、背中にピッタリ体を預けてきた。
 色々な憶測が瞬時に頭をよぎり、天使と悪魔が喧喧諤諤(あーだこーだ)と論議を開始する。
 だが煩悩に負けてしまい、何も言わず走り出した。



BACK   NEXT   TOP

ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.