BACK   NEXT   TOP


『018 重なる点と線 04』

「霊気が吸われている……のか?」
 指先から力が抜けているのに、何故か守り刀が手から離れない。
 こうしている間にも守り刀は霊気を吸い、刀身は一層輝きを増していく。
 薄れゆく意識を繋ぎ留め、ぼやけていく視界の中で守り刀を鞘へ収めた。
 その途端に守り刀は光を失い、霊気を吸収していたなど嘘のように大人しくなった。
「ふい~っ、死ぬかと思った。なんだこの刀は……」
 瘴気に触れたような痛みは無いが、体から徐々に力が失われていく。
 まるで真綿で首を絞められているように、気が付けば落とされているといった感じだろうか。
 ふと手元を見下ろすと、少女は何食わぬ顔で腕を伝い、肩へとよじ登ろうとしている。
 ひょいと少女を指で摘み上げ、ペンライトの光を当てて観察する。
 大きな瞳をした少女、年の頃は十歳前後くらいだろうか。
 女童(めのわらわ)のようなおかっぱ頭だが、目鼻立ちが整い将来が楽しみな顔立ちをしている。
 霊体なのは間違いない。それが証拠に通常の目では少女の姿は見えない。
 摘み上げた指先には着物の質感を感じる。かなり高密度の霊体のようだ。
 霊体というより受肉した実体に近い。
 触れれば柔らかくほのかに温かみを感じるし、力を篭めれば消えそうな儚ささえ感じる。
 少女を手のひらに座らせ、咳払いを一つ入れて尋問を始めた。
「お前、もしかして……さっきからずっと肩の上に乗ってたのか?」
 ふと思い当たった疑問を少女の霊にぶつけてみた。
 少女はプィっとそっぽを向いて返事をしない。
 だがジッと見つめる視線に耐えかねたのか、観念したように小さく頷いた。
 なるほど、道理で声が明瞭に聞こえた訳だ。
「次の質問に移る。チャッキ〜ンって何だ?」
 質問の順序が違う気がするが、あまり気にしてはいけない。
 こういう尋問は答えやすい問いから始めるのがセオリーなのだ。
 外堀を埋めて本丸を攻める、刑事物のドラマで学んだ落としのテクニックだ。
「つ……鍔鳴りの音じゃ」
「鍔って……、守り刀に鍔は付いていないぞ?」
 守り刀のフォルムは、やくざ映画のドスのようなもの。
 見た目に鮮やかな装飾が施されているが、打刀や太刀のように鍔は付いていない。
 ちなみにドスと短刀の違いはその製法にある。
 包丁に近い打ち方をすればドス、玉鋼を打ち重ねれば短刀になる。
「み……短くなる前は付いておったのじゃ」
 少女は口を尖がらせて、悲しそうに俯いてしまった。
 鍔は彼女にとって大切なものなのだろう。
 俺には察する事が出来ないが、価値観は人それぞれだからな。
「よし。チャッキ〜ンは鍔鳴りと理解した」
 こちらをチラリと横目に見て、少し嬉しそうに顔を綻ばせる少女。
 こいつもしかして、かなり()い奴かもしれない。
「名前はなんと言う?」
 まずこちらを始めに聞くべきだったのだろうか。
 だが俺はあの効果音が気になって仕方が無かったのだ。
「ふ、河内守藤原国助ニ尺三寸……だったのだが、今は名前が無い」
 悲しげな表情をして落ち込む少女。
 細い手で膝を抱え、顔を埋めてしまった。
 小さい子が悲しむ姿は心にズキンと来る。
「名前が無い……」
「銘が無いと申しておる。根元が折れてしもうたからな」
 打刀を加工して作ったものだと母は言っていた。
 もしかして二尺三寸だった打刀が折れたんで、切っ先部分で守り刀を作ったのだろうか。
 通常刀は柄の中に入る部分、(なかご)という場所に銘を刻む。
 それが無い刀は無銘……、いわゆる名無しって訳か。
「俺は事情があってこの守り刀を所持せねばならん」
「ふむ、知っておる。耳を澄ませて聞いておったからな」
「お前がこの刀に憑く悪霊ならば、お祓いしてもらわねばならんのだが、その点についてはどうだろうか?」
「我はこの刀の化身じゃ。封じた瞬間に刀は朽ちてしまうぞえ?」
 予想していなかった訳ではないが、まさか本物に出会えるとは。
 刀には神仏が宿ると言われているし、こいつは人に害を成す瘴気を発していない。
 それどころか微かに神々しい気を放っている。
「もしかして……、神様か?」
「左様。ぬしは口の利き方がなっておらん。今からでも遅うない、態度を改めて敬うが良いぞ」
 神様憑きの守り刀か。見た目は頼りないけど立派な退魔刀じゃないか。
 守り刀をくれた婆ちゃんに感謝しつつ、ジーンズの腰に差して、ベルトを一段階きつく締めた。
「よし! 俺が良い名前を考えてやる」
「なっ、(まこと)か?」
「ああ、落ち着いたらな。それまでは神様と呼ばせて貰う」
「では、ぬしの事をカオルと呼んで良いか?」
「よろしく頼むぞ、神様!」
 神様の問いに微笑で答えた。
 彼女は手の上で嬉しそうに舞い踊っている。
 名前を付けてもらえるのがそんなに嬉しいのだろうか。
「なあ、神様? ここは何か変じゃないか?」
「そうかの。火事場跡などは、いつの世もこのようなものじゃ」
「いや変だ。鎮火して数日しか経っていないのに、瘴気の濃さが尋常じゃない」
「……なるほどの。力は失われておっても、目だけは健在か」
 刀の神様はそういい、俺の頭に飛び乗った。
 そして馬でも操るように髪の毛を持ち、ピンピンと引っ張ってなにやら合図を送ってくる。
「前に行けってのか?」
「分かっているなら進まんか!」
「はいはい……、行きますよ」
 瓦礫を避けつつ前へと進む。
 広い間取りの空間に突き当たり、何故神様がこの場所に案内したのか理解した。
 瓦礫の下に何かが埋れている。
 俺は慎重に手を伸ばし、崩れた壁材を持ち上げた。
 同時に溢れ出る瘴気。そのあまりの濃さに思わず後退りしてしまった。
「猫……か?」
 炭化した動物の死骸。瓦礫に埋もれて完全に消失するのを免れたようだ。
 その死骸には濃い瘴気がまとわりつき、足元で俺の霊気と触れ合って中和反応を起こしつつある。
「瘴気の元はこやつじゃ」
 猫は元々人間より霊気が強い。そしてより強い霊気を好む性質がある。
 猫にまつわるオカルト話は山ほどあるし、逆に多すぎて的が絞れない。
 頭の上に乗った神様が猫を見下ろし、俺に問いかけた。
「のう? おぬしにも大切にしたい者がおろう?」
 そう声を掛けられた時、不意に家族の顔が浮かんできた。
 普段はそれほど思っていないが、大切と問われるとやはり家族が思い浮かんでしまう。
 神様は俺の肩へ降り、俺の頬に触れた。
「我も……その昔、そう思える持ち主と出会うた事があった」
 彼女の悲しみの波動が手を伝い、頬に流れ込んでくる。
 きっとその人とは悲しい別れがあったのだろう。
「もし生き返らせる術があるのであれば、畜生道に落ちてもかまわぬと思うたじゃろう」
「……どういう事だ?」
 漠然とした喩え話ではない。神様は何かを伝えようとしてくれている。
 妙に真実味を感じさせる口調に、思わず鳥肌が立った。
「力を持った猫が死ぬる時、迎えに来た者から交換条件を持ち掛けられる」
「――もしかして、それってアレか」
「人の魂と引き換えに愛しき者を生き返らせてやる……とな」
火車(かしゃ)になったってのか?」
「よう知っておるな」
 火車とは罪人の魂を冥府へと運ぶ、死神みたいな妖怪と思われている。
 彼らの行動原理はいくら文献を読んでも分からない。
 だが一貫していることが一つ。人の魂を集めるってことだけだ。
 連続放火事件に関係しているとすれば、俺の想像を超えたヤバイ事になっているかもしれない。
 失われた魂、火車、連続放火事件、退魔士データベース。なにかが繋がりそうな気がする。
「行くぞ、神様」
 俺は踵を返し、火事場跡から駆け出した。
 そして庭に一歩踏み出した時に、目の前に脅威を感じて足を止める。
 門の外に停めたバイクのそばに立つ人影。
 白い一重に朱色の袴、千早を羽織っている。
 通りすがりの巫女さんと思いたいが、夜に火事場を彷徨く巫女さんなんていやしない。
 それが証拠に狐の面を付け、俺の方をジッと見つめている。
(あやかし)か?」
 俺の声を聞きつけたか、狐面の巫女はフワリと門の上へ飛翔した。
 腰に差した守り刀の柄に手を掛け、何時でも動き出せるように腰を落とした。
 俺と狐面の巫女の間は大股で五歩ほど。
 先程見せた跳躍力から鑑みて、あと一歩動けば拳を交える距離になる。
 だが敢えてその距離に踏み込んでみよう。
 罠というほど思慮を巡らせたわけではないが、背後に余裕が無ければ避けることも出来ない。
 それに一足飛びで来るなら遠間で待ち受けるより、近くに寄った方が有利になる。
「まあ、飛び掛る勢いを殺せるからな」
 腰の守り刀はびっくり箱だ。一度見せてしまうと仕掛けがバレてしまう。
 それに何度も刀を振るう霊力は無い。
 さっきの感覚から予想するに、ふんばって一五秒持ち堪えれば良いところだろう。
 それ以上抜いていれば、霊力不足で動けなくなってしまう。
 狐面の巫女はその様相にそぐわず、細い体躯の持ち主のようだ。
 狐憑きか妖怪かは分からんが、行く手を遮る奴は敵と見なさなくてはならない。
 火車の事を調べ、一刻も早く美咲さん達に伝えたい。
 彼女達なら遅れを取らないと思いたいが、ただの放火と考えていれば不意を突かれる可能性もある。
 狐面の巫女はトンと門柱を蹴り、月を背に飛び上がった。
 チャンス!
 巫女の描く放物線を予想し、着地点へ走りこむ。
 頭上有利の法則は、長獲物か飛び道具に限る。それに俺は迎え撃つつもりは毛頭ない。
 巫女が着地し、膝がショックを吸収する瞬間を狙い、拳を叩き込んで終わらせる。
 フワリと目の前に降りてくる巫女。同時に拳を硬く握り引き絞る。
 だが巫女はあろうことか、再び空を一蹴りして俺を飛び越えたのだ。
「二段飛び?」
 マイケル・ジョーダンのエアなんかメじゃない。巫女は確かに空を足場に飛び上がったのだ。
 頭上から蹴りが振り下ろされる。
 咄嗟に守り刀から手を離し、頭を抱えるように防御した。
 ズシリと蹴りが手と肩に重くのしかかる。
 振り返ってその重みの意味が分かった。巫女は俺の肩を蹴り、もう一段空へ飛び上がったのだ。
 彼女は空で反転しつつ、手のひらを開いて何かをばら撒く。
 小さい紙片。色紙で出来た紙吹雪だった。
 同時に彼女の周りから突風が吹き、紙吹雪が意志を持ったように飛んでくる。
 本能的に危険を察知した俺は、横っ飛びして風から逃げた。
 予想通り紙吹雪は深々と地面に突き刺さり、巫女は手を口に当てて笑う素振りをみせている。
 能や狂言ような優雅な素振り。声を出して笑われるよりカチンと来る。
「行くか。びっくり箱」
「気を付けよ。あやつ、かなり出来るぞ」
 神様の助言を聞かなくても巫女の実力は分かっている。
 足元にも及ばないって分かっていても、一矢報いたいと思うのが男って奴だ。
 俺はポケットに入れていたペンライトを巫女の頭上に放り投げる。
 光る放物線に一瞬気を取られたのを見計らい、守り刀を抜いて走り出した。
 巫女は再び紙吹雪を舞わせ、手首をクイと返して風を呼んだ。
 目の前に迫る紙吹雪は、手裏剣のように回転しながら俺に迫ってくる。
 だが手が届きそうな距離に到達した時、再び俺の中で変化が起こった。
 鼓膜をギュッと押されたような音の無い世界。先程味わったフラッシュバックだ。
 空に飛び交う紙吹雪を守り刀で弾き、全ての力を使い地を蹴った。
 慌てる巫女。狐面を付けていても、その動揺が伝わってくる。
 俺は手首を動かし、面を留めていた紐を断ち切った。
 刃先を振り下ろし、流れる動作で鞘へと収める。
 巫女はハラリと落ちようとする面を慌てて手で押さえる。
 彼女にはもう戦意は感じられない。いや最初っからそんな気は無い、敵だとは思っていなかったのだ。
「やはっ、やっぱりバレた?」
 観念したように面を取ると、山科さんの顔があった。
 メガネ美人ってのは、素顔はもっと凄いってのはどうやら本当らしい。
「俺の肩で飛んだ時、山科さんの匂いがしましたもん」
 上品な香袋のような不思議な匂いだ。
 なんという香の匂いかは知らないけれど、彼女らしい良い匂いがするのだ。
「えっ、うそ。うちの匂いって、そんなに酷い?」
 千早の袖を持ち上げて、くんかくんかと匂いを嗅ぐ。
 普通の人がやると目も当てられないけれど、山科さんがやると『らしい』と感じてしまう。
「で? なんで俺を試したんですか?」
「あっ、いや、隊長の指令というか、好奇心というか……」
「隊長って美咲さん?」
「そや。カオルの行動を察知して、どえらい怒ってな」
「……マジっすか?」
「怒った美咲が来ても混乱するばかりやし、カオルも困るやろ? んでうちが代理で来たという訳や」
 美咲さんみたいな温和な人が怒るなんて想像出来ない。
 もし彼女が来ていたら、あの蹴りが炸裂したのだろうか……。
「……なんでバレたんでしょうか?」
「特殊能力やな。縁を持った人や物の場所が分かるらしいで? 失せ物探しの能力や言うてたけど、便利な能力やなぁ」
 失せ物探しっていえば、無くした物を探す能力だ。
 能力は最後まで隠すのがセオリーだけど、よもやそんな能力だとは思わなかった。
「怖すぎて帰りたくない……」
「うちがフォローしたるから、そない気を落とさんと……な?」
 俺は山科さんの手を握り、固い握手を交わした。



BACK   NEXT   TOP

ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.