BACK   NEXT   TOP


『017 重なる点と線 03』

 家を出た時には茜色だった空が、高速を降りる頃にはすっかり夜の(とばり)が下りていた。
 都市高速と縦貫高速で迂回するルートを選択したが、結果的に遠回りして正解だった。
 最短距離より数十キロ余計に走ることになったが、都市部の渋滞に巻き込まれずに済んだ。
 急がば回れという諺があるが、まんざらでもないと思わされる。
 ギアをニュートラルに入れて、前照灯を火災現場に向ける。
 まだ焼けたススの匂いが辺りに立ち込め、鎮火して数日経っているというのに不思議と熱を感じる。
 バイクを路肩に停めてヘルメットを脱ぐと、焦げた匂いが一層濃く鼻腔を刺激する。
 ここは第一の放火現場。隣接する住宅二棟を全焼し、二家族合わせて四人が犠牲になった場所だ。
 火災現場は初めて目にするが、正視に堪えがたい状況だった。
 基礎部分と柱を残してほとんどが焼け落ち、元の家屋がどうだったか想像すら出来ない。
 もっと酷いのが見鬼の目で見た霊的状況だ。
 大地の守護から隔絶されて瘴気が満ち、ここだけが漆黒の闇に覆われているように見える。
 まさにここは地獄の一丁目。現実に存在すると思えないほど危険な場所だ。
「マリー=ミヤノサカの本にも、災害跡はこうなると書かれていた」
 元々大地は魔を退け、その地に生きる者を守護する力を持っている。
 だが人死があり穢れた場合や、他の属性からの強い影響で力を失ってしまう。
 そして幾年もの間草木も生えぬ場所となり、不浄を好む魔物が跋扈(ばっこ)し、悪影響を及ぼす場所へと変貌する。
「京都には、今もあちこちにこういう場所が残っている」
 母と一緒に帰省し、初めて京都を見た感想だった。
 応仁の乱で焼かれた跡だろうか。京都は町のあちこちにこういう闇を抱えていた。
 まだそれが京都に「らしさ」を与えているのかもしれないが、初めて見た時には驚かされたものだ。
 リュックからペンライトを取り出し、足元を照らしながら焼け跡へ足を踏み入れる。
 ペンライトはバイクが故障した時の三種の神器。特にメンテナンス性が悪いと評されるRVFには必須アイテムだ。
 ライトの光で庭の踏石を見つけ、玄関だった場所に辿り着く。
 見れば瓦礫を押しのけて踏み入った形跡がある。
 消防の筒先が踏み入ったか、鎮火後に出火原因の調査に入ったのだろう。
 彼らの残した霊気は既に枯れており、どういう属性の持ち主だったか判別は出来ない。
 だが微弱ながら瘴気を退け、足跡を点々と残していた。
「人も魔を退ける力は持っている」
 恐らく足跡を残した者たちも必死だったのだろう。
 むしろ身を危険に晒しているからこそ、このような霊気を発する事が出来たのだろうと思う。
 マリー=ミヤノサカもこの点を論じている。
 ライオンやトラを獰猛と認識するのは間違いである。彼らは身を守る時と狩りをする時に、能力を発揮しているに過ぎない。
 彼らを死の危険から遠ざけ、飽きるほど食料を与えてみると良い。その力は次第に失われ猫と変わらぬ生き物になる。
 人間も飢えれば思わぬ力を発揮し、身を守るために平時ではありえない力を出すもの。
 だが危機から遠ざかり、飽食を貪る生き物に牙は生えない。なんて論理だったっけ。
 俺もその考えは間違っていないと思う。
 現代は死の危険を感じることも無ければ、飢えを感じるほど食に困らない。
 本来持っている潜在能力を発揮する場所が無く、いつしかそれを当たり前だと思うようになった。
 見鬼の目や霊気をコントロールする能力は、本来全ての人が持っていた力なのだと思う。
 だが見なくても脅かされず、霊気を振り絞って力を出す必要も無い。
 飛ぶ必要のない鳥は羽ばたく事を忘れてしまう。そんな進化形態に似ていると思う。
 そんな詮なきことを考えつつ、焼けた梁を跨いで寝間だった場所に立つ。
 足元にほのかに光る燐光を見下ろし、深く息を吸い心を落ち着ける。
 小さな燐光を守るように、もう一つの燐光が寄り添うように光を発している。
 この二つの燐光を見て、逃げ惑う子を火から守ろうとした親の姿を想像した。
 そう……これは人の魂ではない。魂はすでに冥府へ召され、ここに残されたのは何かを思う強い力、残留思念だけが残っているのだ。
「――火に焼かれた時、何かを見聞きしたか?」
 その光に問いかけた。答えを期待した訳ではないが、そうしなくてはいけないような気がしたからだ。
 だが燐光はなにも答えない。ただ悲しげな波動を発し、淡い光を瞬かせるのみである。
 背中に手を回し、リュックから溢れ出しそうな塩爆弾を一つ掴む。
 手の中でゆっくりと握りつぶし、二つの燐光に振り掛けた。
「こんな方法しか鎮める方法を知らない」
 そう言って残された遺恨を弔う。
 塩の結晶に吸収され光を失っていく燐光。その微かな光を目に焼付け、無念の思いを汲み取ろうと努めた。
 不意に薄い壁材がガタガタと音を立て、冷たいはずの夜風に違和感を感じた。
 耳元で空気の弾けるような音が響き、再び少女のような霊の声が耳に届いた。

 ――気を付けよ。

 反射的に腰を落とし左右に目を配るが、肝心の霊は姿を現さない。
 ゆっくりと背中に手を回し、リュックの中から塩爆弾を一つ掴み出す。
 手の中でゆっくりと握りつぶし、次に来る何かに備えた。

 ――来るぞ。

 その声を皮切りに、目の前の闇から双瞳が光った。
 何かが来ると本能が察知した瞬間、闇の中から獣のような生き物が躍り出て、俺の目の前で高く跳躍した。
 視界を塞ぐが如く突き出された手には、人のものとは思えない鋭い爪が伸びていた。
 瞬き一つ出来るかどうかの短い瞬間だったが、足はしっかり地を蹴り飛び退いていた。
 それでもなお追いすがろうとするソレに、塩をばら撒いてライトの光を向けた。
「うげっ……、なにアレ」
「――小鬼じゃな。悪しき気に誘われ、人の魂をいたぶりに来たのであろう」
 少女の声が先程より鮮明に耳へと届く。だがその声の主を探している余裕は無い。
 ライトに照らし出された小鬼は、俺が想像していた姿から逸脱したものだった。
 そいつはサルのように小さく、体の皮は剥がれたように生々しく血走り、油を擦り込んだように滑っている。
「鬼ってもちっと筋肉隆々で、毛むくじゃらなんじゃねえの?」
「鬼にも色々おる。あやつは弱者にしか手を出さん小者じゃが、動きは速いぞ」
 少女の声は敵の情報を的確に伝えてくれる。
 だが冷静になってみると、少しカチンと来る内容だった。
「それって俺が弱いって事か?」
「変な所にこだわるやつじゃな。そのような些事は捨て置け」
 動きは速い……か。
 確かに動きは速いけど、乃江さんと比べたら月とスッポン、うさぎと亀だ。
 肝心なのは霊気が鬼に通用するかだけど、こればっかりは試してみないと分からない。
 息を吸い、息を止めて意識を臍の上へ留める。
 体を覆う霊気を搾り出し、拳の握りを固めて胸元と顎へ置く。
 そして小鬼との間合いをジリジリと詰め、いつ飛び掛って来られても対応出来るように意識を研ぎ澄ませた。
 だが小鬼も流石に用心したか、身構える俺を見据え不用意には飛び掛ってこない。
 ならばこちらから仕掛けるかと、半歩摺り足を運び思い切って間合いを縮めた。
 だがその瞬間頭上から炭化した建材が崩れ落ち、それを合図に焼け残った梁から小鬼が二匹降ってきた。
 反射的にそれらを手で振り払おうと手を動かす。ヌルリを生肉に触れたような感触が手に伝わる。
「うわっ! 最悪の手応え」
 俺を目掛けて降りてきた小鬼は振り払えたものの、もう一匹の小鬼には手が回らない。
 その一匹は背中にしがみ付き、頑強な生地のリュックを易々と引き裂いて、背後へ飛び退いて奇声を上げる。
 リュックの裂け目から塩爆弾がボトボトと落ちる。
 だがこの緊迫した状況では、手で押さえることも拾い上げることも出来ない。
「ちっ……、賢しい奴」
 俺の武器が塩爆弾って事を見抜かれたか。奴らの奇声がせせら笑いに聞こえる。
 前方に一匹、右手にもう一匹、そして背後に一匹か。
 俺はゆっくりと右の小鬼に向き直り、一歩下がって全ての敵を視界内に収めた。
 最初の小鬼をチラリと見るが、さほど塩の効果は見受けられない。
 鬼の弱点は通説では柊の葉と鰯の頭、炒った豆だ。だが邪気祓いの効能がある菖蒲にも弱いと聞く。
 邪気祓いが苦手だからこそ塩の入ったリュックを真っ先に狙ったのだ。
 リュックから零れ落ちた塩爆弾を摺り足で探り、踏みつけて塩を袋から弾けさせる。
 塩爆弾を一つ踏みつける度に、小鬼が奇声を上げて歯噛みをする。
 零れた塩爆弾を全て踏み潰した時には、足元は塩まみれになり小鬼の近寄れない結界が出来上がっていた。
「豪快な塩撒きする力士っていたよな」
「水戸泉のことじゃな?」
 少女の霊と若干のジェネレーションギャップを感じつつ、リュックの裂け目に手を滑り込ませた。
 生き残った塩爆弾が数個、そして硬い漆の感触を指先に感じた。
 俺は迷いも無く守り刀を掴み、裂け目から引き抜いた。
 奴らはその動きを隙と見たか、同時に三方向から飛び掛って来た。
 普通なら一匹でもやっと目で追えるかどうかの小鬼の動き。
 だが不思議な事に奴らの肌や顔つきさえ見分けられる。
 音の無い時間が止まった世界で、少しずつ動いていく状況の変化を冷静に観察していた。
 ふと美咲さんの言葉を思い出す。
「――直面する現実に対処するように考え、危機回避の確率を上げる。長考はそういう能力なのです」
 これが死に直面したフラッシュバック。今ある状況をすごぶる冷静に受け止めた。
 これがフラッシュバックなら、美咲さんのように動けるかもしれない。
 そう思うと動きを束縛していた(固定概念)が次々に外れ、体が軽くなっていく。
 俺は漲る力を振り絞り、守り刀の鞘を引き抜いた。
「待ってました、チャッキーン!」
 少女の霊が耳元で雄叫びを上げた。
 鞘の中から滑り出たのは互の目刃紋、ゾッとするような蒼の刀身。
 抜き分ける動作の延長で、目の前の小鬼を斬りつける。
 俺の肩から五センチほどの少女が飛び、空中で一回転し守り刀を握る俺の手にしがみついた。
 同時に守り刀におびただしい力が宿り、眩いばかりの光を発する。
 俺は最短最速の軌道を見出し、襲い来る小鬼目掛けて切っ先を走らせる。
「いっただっきま〜す」
 肉を切り裂く衝撃が手首から肘へ突き抜けた。
 だがそれも一瞬だけ、刀と触れ合った小鬼達は手ごたえがなく霧散する。
 小鬼達は刀身に……いや少女に吸いこまれるように消え失せた。
 守り刀が空を切り裂き、ピタリと俺の膝下で止まる。
 少女は手の上に座り、頬を膨らませて口をもごもごと動かしている。
 そして豪快にナニカを飲み込み、口を押さえながらゲップをかました。
 流石に粗相をしたと恥じたのだろうか、顔を両手で隠してイヤイヤと首を振る。
 そして真っ赤な顔で振り返り、ニッと笑って頭を下げた。
「ごちそうさま」
 俺はその様子を見つめながら、全身の力が抜けていくのを感じとった。



BACK   NEXT   TOP

ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.