BACK   NEXT   TOP


『016 重なる点と線 02』

 俺達は学校を後にして、急ぎ自分達の街へと戻って来ていた。
 一刻を争う状況を仲間へ伝え、対策を立てないとならない。
 だけど帰宅途中の仲間を呼び戻すより、自分で動いた方が時間を稼げると判断したのだ。
 そんな状況下でも、彼女は家へ送り届けると言ってくれたが、負担を掛けさせたくないと固辞した。
 駅を出て西と東の分かれ道、俺は手を振って別れを告げた。
 背を向けて歩き出す美咲さんの後ろ姿を見て、本当にそれでいいだろうかという思いが過ぎる。
 俺は本来なら部外者。介入出来るのはここまでだと理解している。
 せめて俺が彼女達に出来ることといえば、足手纏いにならないよう家で大人しくしているくらいだろう。
 でも本当にそれでいいだろうか。
 自分の町が凶火で焼かれるかもしれない状況で、同じ歳の女の子達が阻止しようと頑張っている。
 人に見えざるものを見定める者同士、俺と彼女達は同じ世界を共有していると思い始めていた。
 それなのに彼女達に任せて、自分は知らぬ顔をしていても良いのだろうか。
「――!」
 気が付くと美咲さんを追って駆け出していた。
 理由は分かっている。彼女達と同じ世界を見続けたいと思っている。
 同じものを見て驚き、そして笑い、悲しむ。そんなかけがえのない友として、そばにいたいと思っている。
 走る俺に気が付き、振り向いて足を止める美咲さん。俺は彼女に今の気持ちを伝えた。
「このまま何もせず見過ごすなんて出来ない。俺にも手伝わせてくれないか?」
 美咲さんは一瞬だが険しい表情を向けた。
 だがそうしたのも束の間、深いため息を吐いて表情を緩めた。
「ここまでお手伝いしていただいて、ハイさようならでは虫が良すぎると思っていました」
 美咲さんはそう言い苦笑してくれた。



 俺は美咲さんの勧めに従い、タクシーで自宅へと戻った。
 部屋に戻ると急ぎ私服に着替えながら、彼女達から告げられた言葉を思い出していた。
 手伝いたいと口にした時、彼女達はこう言ってくれた。
「仲間への周知は私が行います。カオるんは夜に備えて寝ていて下さい」
 俺は退魔士じゃないから、警察や消防に対して何の権限も持たない。
 彼女らは手分けしてそれらから情報を集め、あわよくば力を合わせて放火の阻止に動き出すだろう。
 その間俺はただ寝ているばかりで良いのだろうか。少し罪悪感を感じてしまう。
 机に座りパソコンの電源を入れ、インターネットの地図サービスを呼び出した。
 近隣地区の表示させ、放火のあった現場に目印を打つ。
「美咲さんに退魔士データベースを見せて貰った時に、少し気になる事があったんだよな」
 (ひと)()ち、マリー=ミヤノサカの本を手に取った。
 ハードカバーの表紙を捲り、目次を指で追いながら該当の章を探す。
 あった。――魂の章。
「えっと……触穢とは死者の穢れに触れ、身を穢してしまうことを指す……か」
 退魔士データベースにあった討伐情報はこれだと思う。
 どんな聖人であれ死すれば穢れを放ち、遺体の周囲へ影響を及ぼす。日本では神道や陰陽道などがそういった思想を持っている。
 今でも喪中の場合は四九日が過ぎるまで神事を控え、神域に立ち入らない風習が残っている。
 俺が八十神神社に足を踏み入れた時、山科さんにこっぴどく怒られた。あれは俺の体に死神の穢れが残っていたからだ。
 この一文を確認して疑問が確信へと変わった。
「――死者の魂の数と討伐情報に食い違いがある」
 最初情報を見た時、既に討伐された後かと思い、それ以上思慮を巡らせなかった。
 だけどこういった案件は、彼らにとって最も軽微な仕事ではないだろうか。
 六人の魂が失われた場所で、どうして三つの穢れだけ祓い、その他の穢れを見過ごしたのか。
 答えは簡単だ。あった物が清められたと考えるより、元から三つしか穢れが無かったと考えた方が辻褄が合う。
 では、なぜ数が少ないのか。それを知るために現場に出向かなくてはならない。
 俺は焦燥感に駆られ、部屋をうろうろと動き回る。
 この事を美咲さんに伝えるべきか。それとも俺の杞憂だったと切り捨てるべきか。
 だが俺の直感が警鐘を鳴らしている。誰かに急き立てらるような不思議な感覚だ。
「瘴気を見定めるだけなら俺でも手伝える。それに心を落ち着ければ霊の声だって聞けるかもしれない」
 再び机に向き合い、地図上の幹線道路を目で追う。
 美咲さんは魂喰いを封じる包囲戦を敷いていると言っていた。
 ならば速やかに高速道路を目指し、一旦県外へ出て迂回すれば、ある程度だが危険を回避出来る。
 その迂回ルートを頭に叩き込み、パソコンの電源を消して席を立った。
 俺は洗面所で顔を洗い、リビングでのんびりとくつろぐ母に目を移す。
 ここ数日京都の実家へ帰省していたが、昼間の内に帰ってきたらしい。
「カオル、お土産の生八ツ橋食べるか?」
 母は京都生まれの京都育ち。
 結婚してここに移り住んで十年以上になるが、いまだに京都訛りが身に付いたままだ。
 俺は生八ツ橋を指で摘み、懐かしい味を噛み締めた。
 母は割と上機嫌の様子。これならお願いを聞いてくれるかもしれない。
「母さん、頼みがあるんだけど……」
 これからやろうとしている事には、母の協力が必要不可欠。
 このハードルを飛び越えないと、この作戦は水の泡と化してしまう。
「なんや? お小遣い前借りとか勘弁してな?」
「バイクの鍵を貸してくれないか?」
 母の眉がピクリと上がった。母が不機嫌な時に見せる表情である。
 去年二輪免許を取りたいと言った時も、今と同じように不機嫌そうな顔をしていた。
 普段は温和な人だけど、怒らせると怖いのだ。
「あれはうちの青春そのものや。おいそれと貸してやるわけにはイカン」
「けど納屋で朽ち果てようとしてたのを修理したのは俺だし、陸運局に車検を通しに行ったのだって……」
「いいや! それとこれとは別や!」
 母はまったく聞く耳を持たない。それどころかそっぽを向いてテレビを見始めた。
 俺は最終手段に訴えるべく、スリッパを脱いで床に膝を付いた。
「お願いします。大切な友達を助けたいんだ」
 俺は床に頭を擦り付けて懇願した。
 シンと静まり返るリビングに、テレビの音だけが無常に響く。だが肝心の母からはなんの返事も貰えない。
 だが俺はそのままの姿勢を続けた。
 しばらくするとテレビの電源がプツンと落とされ、母の歩き去る足音が聞こえた。
 扉が閉じられる音が響き、土下座をしたまま一人リビングに取り残された。
「やはり母を説得するのは無理だったか」
 もはや頭を上げる気力も失せ、そのままの姿勢のまま脱力した。
 バイクなら高速道路で移動出来るし、放火の現場を見て回るのに最適だと思ったのだが……。
 そんな折再び扉の開かれる音がして、まっすぐこちらへ歩く足音が聞こえた。
「なんや、まだ頭下げとるんか?」
 母はそう言って目の前に一本の鍵を置いた。
 片翼のマークが刻まれたバイクの鍵。俺の求めていた物が目の前にある。
 母は照れ臭そうに目を背け、人差し指で頬を掻いた。
「半年掛けて修理しているのを見てて、まあ譲ってもエエかと思っててん。実はこっそり名義変更してあるんよ」
 くうっ……、なんてツンデレだろうか。
 零れそうになる涙を袖で押さえ、立ち上がり何も言わず一礼をする。
 母は目の前に立って、ジッと俺の顔を見上げた。心なしか涙で目が潤んでいるように思える。
 母は後ろ手で隠し持った物を俺の手に握らせた。
 袱紗に包まれた細く長いナニか。それを手に取って中を確認する。
 袱紗の中には金の装飾を施した漆塗りの小刀があった。
「なにこれ?」
「守り刀や。婆ちゃんから預かってきたんや」
 ふと既視感に見舞われ、その守り刀を食い入るように見つめる。
 いや、思い違いじゃない。一度前にどこかでこの守り刀を見たことがある。
「覚えてるか? 子供の頃に幽霊が怖いって泣くから、爺ちゃんが用意してくれたもんやで?」
 確かに覚えがある。結局この守り刀も薄気味悪いと言い、爺ちゃんを悲しませた記憶がある。
「カオルは運が悪いから、すぐ事故を起こしそうで怖い。それを肌身離さぬよう持つ。それがバイクを譲る条件や」
 守り刀は古い風習の産物ではない。刀剣には神仏が宿るといわれ、身を守り魔を討ち祓う力を持っている。
 まさに渡りに船とはこの事だ。霊が跋扈する場所に出向く前に、こんな物を手に入れられるとは……。
「ありがたく受け取っておきます」
「藤原の何某言うてな……有名な刀匠が打った打刀を加工して作ったもんらしいよ」
 母はそう言って証書のようなものを見せてくれた。
 銃砲刀剣類登録証。刀の素性と教育委員会の認印が押され、所有者の欄には俺の名前が記載されていた。
「その許可証持ってないと捕まるからな」
「爺ちゃんが登録してくれていたんだ……」
 いつも俺を膝に座らせてくれて、怖がる俺を勇気つけてくれた爺ちゃん。
 そんな爺ちゃんも数年前に他界した。
 爺ちゃんの形見を受け取ったような気持ちになり、胸がジンと熱くなった。
 袱紗を解き、守り刀を手に取ってみた。
 手にしっとりと馴染む漆の触感を感じた時、不意に耳鳴りのような感覚に襲われた。

「……せ…………い……じゅ……ろ」

 一瞬の事ではあったが、人に聞き取れないはずの声が耳に届く。
 我に返り辺りを見回したが、周囲に霊の姿は無い。
 そしてチューニングを合わせたように、現実の音が耳に届き始めた。
「――――ル、どうしたんや?」
 首を傾げて俺を見つめている母の姿。
 俺は首を振って心配をかけまいと平静を装った。
「いや、何でもない。今日は遅くなるから、玄関の鍵は掛けておいていいよ」
 俺は母に挨拶をしてリビングを後にする。
 部屋に戻って皮のブルゾンに袖を通し、リュックに守り刀と塩爆弾をしこたま詰めこんだ。
 内ポケットに山科さんの護符を入れて準備万端。ヘルメットを抱えて部屋を後にした。
 家の庭先にあるカーポート。その脇にあるバイクスタンドに載せられたバイクを見つめる。
 RVF400。もう二十年ほど前に発売されたホンダの400ccのバイクだ。
 今のハイパワーバイクと比べるとスペック不足は否めない。
 だが車重の軽さと相まって、その走りはまだ一線級と呼べるシロモノだ。
 キーを差し込みセルを回すと、いとも簡単にエンジンが掛かってくれる。
 当たり前のような事だが、この安心感は他のメーカーには望めない。
 バイクスタンドから降ろし、表の道路へと押して運ぶ。
 さあ走ろうぜと言わんばかりに安定したアイドリング音を奏でるRVF。
 俺は新しい愛馬に跨ると、アクセルをゆっくり開いてそれに応えた。
 



BACK   NEXT   TOP

ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.