BACK   NEXT   TOP


『015 重なる点と線 01』

 ホームルームが終わり担任が職員室へ戻ると、教室の雰囲気は一変し安堵の空気に包まれた。
 ざわめきだす教室の中で一人、まだ手に馴染まぬ携帯を操作し、着信したばかりのメールに目を通した。
 差出人の名は天野美咲。
 本文には簡潔に『待ち合わせの件、了解しました』と書かれていた。
 今日は美咲さんが一緒に帰ってくれると聞き、待ち合わせの場所をメールを通わせていたのだ。
 待ち合わせ場所は図書室。牧野から伝え聞いた占いによると幸運を呼ぶ場所らしい。
 手早く下校の用意を済ませて、牧野に手を振って挨拶を交わし図書室へと向かった。
 普段は占いを信じるタイプじゃないのだが、死神の件があって以降、占いに対して敏感になっている。
 当たるも八卦当たらぬも八卦とよく言うが、何もなければそれで気持ち良く帰れるだろうと思ったからだ。
 図書室は高等部のある南館とは別棟の、文化棟と呼ばれる校舎の最上階にある。
 高等部の南館とは連絡通路で繋がっており、階の延長のような感覚で移動が出来る。
 図書室はその文化棟の三階全てをぶち抜いて造られており、公共の図書館に見劣りしない蔵書数を誇っている。
 広々とした読書スペースは生徒達に好評で、放課後になると勉強目的で訪れる者が多いらしい。
 図書室前に到着すると、既に美咲さんの姿があり、俺を見るなり微笑んで小さく手を振ってくれた。
「いやぁ意外です。カオるんが読書家だとは知りませんでした」
「本はほとんど読まないんだけどね。なんとなく……」
 なんとなく幸運をゲットしに来ましたなんて言えるわけもなく、言葉を濁しながら図書室の扉を開いた。
 図書室の中は司書カウンターと読書スペース、その奥には本がギッシリ収められた書棚が立ち並んでいる。
 書棚のある場所はロフト構造の中二階になっており、なだらかなスロープで上へ移動できるようになっている。
 俺と美咲さんは生徒達に気遣いながら奥へ移動し、目的も無しに書棚を見て回った。
 図書室といえば古臭くてお堅い本ばかりと思っていたが、タレントの書いた話題作やミリオンセラーまで取り揃えられている。
 本離れが顕著になったと囁かれているし、なんとか楔を打とうとする司書の苦労が窺える。
 そして図書館の最奥付近、民族学、宗教学の書棚に差し掛かると、俺の足は自然に歩みを止めた。
 いわゆるオカルト系の書物が収められているエリアだ。
 棚の端から順番に眺めて、ふとあるタイトルに目を奪われた。
 ――続・世界の摩訶不思議百科。
 俺が愛読してやまないオカルト本の続編だった。
 納入されてまだ日が浅いのか、まだ手垢も付かないほど新しく見える。
 本の背に手を掛けそっと書棚から引き出した。
 この本はイギリスの学者であるマリー=ミヤノサカが書いた、世界に点在する呪術文化の類似点という本を下敷きにして書かれている。
 原書はお堅い民俗学的な学術書だが、日本の出版社が素人向けに要約したものが世界の摩訶不思議百科だ。
 題名こそ胡散臭いトンデモ本を想像させるけれど、書かれている内容は文句の付けようがないほど高いレベルにある。
 彼女は民俗学者でありながら、本職のオカルト研究家以上に豊富な知識を持っている。
 死神と戦った時に思い出した塩や鉄の退魔効果は、この本から得た受け売りの知識だ。
 そしてあの事件を経てから、俺はマリー=ミヤノサカを神格化しつつある。
「カオるん、どうかしましたか? 固まっちゃってますよ?」
 表紙を眺めている様子をみて不思議に思った、美咲さんが目を丸くして声を掛けてくれた。
 俺はこの本の事を掻い摘んで聞かせると、今度は本を眺めて感心する。
「これがカオるんの言っていたオカルト本?」
 美咲さんが小首を傾げて本の表紙を覗き込む。
 題名と著者、翻訳者しか書かれていない味気ない表紙だが、美咲さんは興味深そうにそれを眺めていた。
「玄人臭い知識を持ってると思っていましたが、この本を見れば納得できる話です」
「えっ? 美咲さんもこの本の事を知ってるの?」
 美咲さんは首を振って否定し、俺の手から本を取り巻末を開いた。
 そこにはマリー=ミヤノサカのプロフィールが書かれていた。
「ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの大学院に在籍。文化人類学を研究と書かれてますね」
「いや、そこじゃなく、生年月日を見てください」
 イギリスのロンドン生まれ。生年月日は今から一七年前になっている。
「同い年? 大学を卒業して博士課程へ進んだって事かぁ」
「私が魂喰い案件の依頼を受けた時、支援能力に優れた退魔士を探したのです。私と乃江は前線で戦うタイプですから……」
「いわゆるバックアップ?」
「ええ、有望な退魔士が二人見つかりました。一人は山科由佳。もう一人は――」
「もしかして……」
「もう一人が彼女。彼女はイギリスのハンター、日本でいう退魔士です」
 驚くの通り越してしまうとはこの事だ。彼女も美咲さんと同業者だなんて……。
 だけどそれで合点が行くことも多い。
 書かれている内容が妙に説得力が有りすぎるし、人と違う何かが見えていると思わせる文脈が時折見受けられた。
 俺は本を書棚に戻しつつ、妙に晴れやかな気分になった。
「あらら、借りないんですか?」
「いえ、自分で買おうかなと思ってます。借りて読むと損した気分になる気がして」
 作者が退魔士であろうとなんであろうと、俺の中でのマリー=ミヤノサカは変わらない。
 それに専門家の本ならば、尚更手元に置いておきたい。きっと彼女の知識は俺にとって役立つはずだから……。
「近々彼女に会えると思いますよ」
 美咲さんはそう言って、薄暗い書棚を離れ歩き出した。
 思いもしない一言を聞かされ、駆け寄って食い下がる。
「マジですか?」
「私が前衛で由佳が後衛。それ以外のサポートは乃江の役割でしたけど、これからは彼女にもバックアップが必要ですものね」
「――それってもしかして?」
「乃江から聞きましたよ。魔物を倒してしまえば資格の判定が可能になる。カオルがそう進言してくれたって」
 美咲さんはそう言って鞄をポンと叩く。
 そして読書コーナーの端に腰掛け、鞄を開いて中を見せた。
 中には教科書やノートに紛れ、小さなノートパソコンが一つ。ネットブックと称される超小型のものだ。
 美咲さんは鞄を立てて司書や生徒から影を作り、ノートパソコンを開いて電源を入れた。
「ささっ、カオるんも座って」
 美咲さんは隣の椅子を引き出し、そこへ腰掛けるよう促した。
 美咲さんに習い鞄で視界を遮ると、横に腰掛けて起動する画面を見つめた。
 BIOSのチェック機構が働き、文字が高速で流れていく。
 あっという間にログイン画面が表示され、美咲さんは手早くユーザ名とパスワードを入力した。
「UNIXか……」
 UNIXのウインドウシステム。
 巷で一般化しているオペレーションシステムではないが、自由度が高くカスタマイズしやすいらしい。
 起動速度から推察すると、パソコンの性能もかなりのものだが、オペレーションシステムもかなりカスタマイズされているようだ。
「カオるんが折角提案してくれた案ですけど、討伐する敵がいなければ実現不可能です。一緒に探してみませんか?」
 そう言えば美咲さんは退魔士のアカウントを持っているらしい。
 それもランクAの退魔士だから、討伐情報は掛け値なしのフルアクセスだ。
 画面には十分割された日本列島が表示され、この地域を含む部分が赤く点滅している。
 美咲さんはリターンキーを押して地図を拡大し、この地域をピックアップした。
 近隣の県を含む地図上では、至る所で赤い点が点滅して何かの所在を知らせている。
「この赤い点が討伐対象?」
「そうです。赤が討伐対象である霊や魔物の所在です」
 美咲さんは画面端にあるAのボタンをクリックし、変化する画面を見て溜息をついた。
 画面の情報は全て消え、白地図だけが表示されている。
「これってランクAの案件は無いって事かな?」
「はい……。この近辺にはそれ以下の討伐対象しかいないって事になりますね」
 美咲さんはガックリとうな垂れた。
 乃江さんの実力はランクAに相当する。出来るだけ実力に近い敵を見つけたいのだろう。
 BやCでも申請には問題ないように思えるけれど、そのあたりどうなんだろうか?
「とりあえずランクの低い敵を討伐して、徐々にランクアップしていけば良いんじゃない?」
「出来ればそうしたいけど……。特例をゴリ押しする以上、明確な確証を得たいのですよね」
 美咲さんはそう言ってノートパソコンを閉じようとする。
 だが俺は諦めきれず、閉じようとする手を制した。
「ちょっといいかな?」
「えっ、まあ……」
 俺はノートパソコンを向け直し、ランクフィルターをオフに設定して表示させた。
 画面上に無数の点が表示され、その数の多さに目がおかしくなりそうだった。
 だが赤い点はなにか規則性のあるように思え、画面を覗き込んでいた美咲さんに問いかけた。
「これってなにか法則性みたいなものがあるのか? 赤の点がココとココに集まってる。不自然じゃないか?」
 赤の点が集まって、真っ赤に表示されている場所が何カ所かあったのだ。
「えと……、これはアレですね。最近放火が頻発していて、この場所は犠牲者も多かったみたいですから……」
 赤の点は浮かばれない犠牲者の霊か。生々しい話を聞いて、身の毛がよだった。
 俺はカーソルを操作して、赤色が集中している場所を拡大する。
 するとサブウインドウが間近に開かれ、拡大された地図上に赤の点が五つ表示された。
 だけどなにか違和感を感じる。なんだろう……このモヤモヤっとした感覚。
 俺はふと気が付いて席を立ち、司書カウンター前にあった今日の新聞を取る。
 そしてカウンターの中にいた図書委員に話しかけた。
「ごめん……、昨日までの新聞はある?」
 図書委員はニコリと微笑むと、席を立って折り畳まれた新聞を抱えて来てくれた。
 手渡された新聞の束を抱え美咲さんの元へ戻ると、昨日の新聞を机の上へ広げた。
「昨日、俺も新聞を読んだ。もちろん放火の記事も目を通した」
 隣県の事ではあるが、電車で三十分もかかならない場所だ。対岸の火事とは思えなかった。
「昨日の新聞にはマンション火災で犠牲者が十人も出たと書かれている。おそらく拡大した場所がそうだと思う」
 美咲さんは首を傾げながらも、俺の説明に頷いてくれた。
 俺も自分自身で何を説明したいのか分からない。だがこうして言葉に出していけば、いつか答えが導き出せると確信していた。
「次に一昨日の火災。住所が書かれているよね。この場所なんだ」
 俺の中でモヤモヤが形を成していく。だけどまだ言葉に出来るほどではない。
「そして一昨昨日も放火があった。場所はここ。おかしいを思わないか?」
「……あっ」
 美咲さんもそれに気が付いたようだ。
 放火が作り出す赤の点が、地図上では一直線に配置されている。
 普通の放火だと犯人の立ち回るエリアを中心に、放射状に火災ポイントが広がっていく。
 なぜならば犯行を起こしやすい現場は、ある程度土地勘がないと見極められない。
 こういう場合は犯行を起こす立場で考えないと、謎を解き明かすことは出来ない。
 火災現場をつなぐ鉄道がある訳でもない、車で移動しやすい場所ではない。
 そもそもこんな統一性のない場所を選んだのは何故か。俺の中に湧き上がった疑問の一つはこれだ。
「そもそも何故これが放火で同一犯なのだろう」
「深夜二時に出火するからです。出火の原因は不明で、犠牲者が多いのが特徴です」
 なるほど、新聞にも同様の事が記載されている。
 これらの情報から断言出来ることがある。
「放火の現場は一直線にこちらへ向かっている。もしこのまま移動して来たとしたら、次は俺達の住む地域で犠牲者が出る」
 俺はそう断言しつつ、もう一つの疑問は口に出さぬままパソコンの電源を切った。



BACK   NEXT   TOP

ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.