BACK   NEXT   TOP


『014 重なる点と線 00』

 教室に着き自分の席に鞄を置くと、廊下に出て登校してくる生徒の姿を眺めた。
 もちろん(よこしま)な視線で女生徒を見ているわけではない。
 乃江さんの資格獲得のための情報集め。微かな瘴気すら見逃さぬよう霊気を見定めているのだ。
 俺の経験から予想するに、悪しき瘴気と触れ合うと、霊気は中和分解されて傷つく。
 そして中和しきれなかった瘴気は体に付着したまま残り、例えるなら霊障のような悪影響を及ぼすのだ。
 彼らの立ち回り先を聞き出せば、どこで悪霊、魔物と触れ合い瘴気を帯びたのか探る事が出来る。
 それはきっと狩りをする上での有用な情報となるだろう。
「三室君、おはよう!」
 クラスメイトが一人登校してきた。
 艶のある黒髪に血色の良い頬。いつも元気で人当たりの良い弓道部の千船ともえさんだ。
「おはよう」
「どうしたの? 廊下の端でボーッと立って……」
「いやなに、中庭を見下ろしながら、日本の将来について考えていた」
「ぷっ、なにそれ!」
 千船さんは笑いながら俺の背中を何度も叩く。
 この年代の女子は箸が転んでも笑ってしまうと言われるが、千船さんはまさにその典型的な例だろう。
 俺は何気ないやり取りをしつつ、頭の先からつま先まで僅かな変化さえ見逃さぬよう見つめた。
 エーゲ海の白壁と海の青を混ぜ合わせたようなスカイブルー。千船さんの霊気には一点の曇りさえ見当たらない。
 彼女は笑いながら手を振って教室に消えていった。千船さんは健康そのものだった。
 俺は再びターゲットの到着を待つ。
 次は他のクラスの男子生徒が数人。通り過ぎる彼らを見つめたが、微量の瘴気さえ見出せない。
 そしてDクラスの四条さんが通り過ぎる。彼女は俺の姿に気付くと、なぜか足早に教室へと走り去っていった。
 俺はそんな彼女の後姿を追いかけて、健康的な霊気を確認し思わず溜息が漏れた。
「不審者発見!」
 いきなり後頭部に衝撃を感じ、集中力がプツリと切れる。
 振り返ると煙の出たスリッパ片手に、憐れみの目を向ける牧野が立っていた。
「朝っぱらから穢れた目で女子を見るなんて、父ちゃん情けなくて涙が出てくらぁ!」
「濡れ衣だ。俺は日本の将来を憂いで――」
「――通報するぞ」
「ごめん、もうしない」
 この作戦は牧野の邪魔が入り、これ以上続けられなくなってしまった。
 これ以上印象を悪くしたら妹に通報されるどころか、友達の縁を切られてしまう気がする。
 牧野は俺の襟元を摘み、どら猫でも扱うかのように教室へ運んだ。
 そして俺の席に座らせると、前の席を陣取ってベテラン刑事ばりの哀愁を漂わた。
「何をしている」
「日本の将来について――」
 牧野は言い訳を最後まで聞かず、ポケットから携帯を取り出して操作を開始する。
 俺はその携帯を奪い取り、通報メールを消去して電源ボタンを切った。
「実は海より深い事情があり、理由を説明することは出来ないのだ」
「ほう……、この期に及んでまだそんな事を……」
 携帯に伸びようとする手を叩き落とし、俺は差し障りのない範囲で話そうと決めた。
「アッチ系の話だ」
 牧野はその言葉に反応し、眉を吊り上げた。
 コイツは俺の霊感が強い事、人と違う世界が見えていると、なんとなくだが感付いている。
 なにしろ霊は昼間でも姿を見せるし、嫌な感じのする場所は二十四時間年中無休だ。
 牧野と二人の時も何度か遭遇しているし、その度になんだかんだと言い訳をしては、その場をやり過ごしている。
 牧野はその度に怪訝そうな顔を見せるが、最終的には我侭を聞き入れ遠回りしてくれている。
 友達として言葉には出さないが、薄々察しているのだと感じていた。
「またいつものアレか?」
「……うむ。今回は積極的にそういった事象を探している」
「なんでまた……」
「退魔士としての実力を……ゴホン。それによって人助けが出来るのだ」
 さすが唯一心を許せる親友。やはり気付いていたようだ。
 牧野は窺うように教室を見回し、しばし考えた後、顔を近づけて声を潜めた。
「カオル……、今日の運勢は小吉、ラッキープレイスは図書館、ラッキーカラーは赤だ」
「なにそれ?」
「朝、テレビでやっていた星占いだ。わりと当たると評判なんだぜ」
「へぇ。……ていうか、星占いなのに小吉とか変じゃねぇか?」
「小さい事は気にするな。器の大きな人間になれ」
 牧野は自信満々にそう言い、自分の席へと戻っていった。
 俺は大凶と言われた時の事を思い出し、鳥肌の立つ二の腕をゴシゴシと擦り上げた。
 
 
 
 定点観察作戦は失敗に終わったが、授業の合間を利用し校内をうろついてみた。
 だが取り立てて不審な生徒は見受けられず、校内は平和そのものだった。
 溜息を吐きながら教室に戻り、机に突っ伏して己の思慮の甘さを痛感する。
 そもそも霊障を患ったとしたら、学校に通えないのではないだろうか。
 俺も死神とやりあったから分かるが、霊気を損なった状態はかなりキツイ。
 風邪を引いたような気だるさと発熱、頭痛と不整脈が時折襲ってくる。知識がなければ病気だと思いこんで、学校を休んでいたはずだ。
 それにこの学校には優れた退魔士が何人もいる。今更付け入る隙なんて無いのではないかと思い始めていた。
「やっぱり乃江さんの言う通り、退魔士の情報網には敵わないのかな……」
 登校時に思いついた退魔士資格取得作戦だが、乃江さんは笑って俺を窘めてくれた。
 退魔士はライセンス発給と共にネットワークのアクセス権を入手し、専用のアクセス機器を用い討伐情報を閲覧することが出来る。
 ランクに応じフィルターが掛けられた情報だが、ランクAの美咲さん達は最高権限でそれを閲覧できるのだ。
 もちろん専門の調査員が調べ上げた確かな情報であり、中には遠隔視や予知の能力者が情報収集するといった反則技まで用いられている。
 そんなプロ達を相手取り、素人が先んじて情報を得る可能性は薄い。それが乃江さんの見解である。
「もちろんカオルの気持ちは有難い。しかしお嬢様や由佳へ情報収集を願い出るのが得策だろうな」
 乃江さんにはそう言われたものの、納得出来ずに調べて回っていたのだ。
 机に頬杖を付いて深い溜息を吐く。
 そんな折、隣の堤さんが何かを差し出してきた。
「ん?」
 差し出された手の上には練乳味の飴が二つ。
 堤さんは何も言わずに飴を机に置き、何も無かったように教科書に目を落とす。
「口に物を入れてる間は静かになるんじゃないかと思って」
 がっくし……。落ち込んでいる様子を見て、慰めてくれたのかと思った。
 それにしてもまた思考が加速していたのか。堤さんの成績が落ちたとしたら、その原因の一端は俺にあるな。
 俺は申し訳なさのあまり頭を下げ、飴の包みを開けて懐かしい味を堪能した。
 彼女は俺を一瞥すると笑みを浮かべ、再び教科書へ目を落とし予習を続けた。
 
 
 
 昼休み。俺は乃江さんに呼び出され、柔剣道場へと向かっていた。
 場所が場所だけに呼び出した目的は大方の予想はつく。きっと修行の続きが待っているに違いない。
 柔剣道場というのは名前の如く、剣道や柔道をする際に利用される畳敷きの道場である。
 放課後にはでは牧野の所属する合気道部も加わり、三つの部活動を同時に行える広さを持つ。
 扉を押し開くとい草とツンとした汗の匂いがして、畳敷きの間に乃江さんが立っていた。
 俺は乃江さんと同じく靴下を脱いで素足になり、畳の間へと上がった。
「朝の感覚が残っているうちに教えておきたかった。いきなりメールで呼びつけて悪かったな」
 乃江さんはそう言うと、目の前に立って手首を揉みほぐした。
 いきなり実戦でもするのかとドキリとしたが、不意をついて攻撃してくる様子も無い。
「カオル、人というのは前に歩くのは得意だが、後ろや横へ同じように動くことは出来ない」
「はぁ……、確かに」
「ボクシングではリングにロープが張られ、空手や柔道では場外となる。それは何故か……」
 逃げ出せない環境を作り、両者を向き合わせるためだと思う。
 相撲の立ち合いでがっぷり四つに組むように、両者が前向きに力を出し合わなければ勝負なんて出来ない。
「逃げないため……かな?」
「そう、逃げるのは禁じ手。禁じなければならない有効な戦法だという事だ」
 不意に俺の頬を風が吹き抜けた。
 目の前には拳を再び胸元に引き絞る乃江さんの姿があり、初めて拳を打ち込まれたのだと気が付かされた。
 何の挙動も見せず、目で追うことも出来ない。恐ろしく速い拳だ。
「ボクシングでは拳の届く範囲をリーチと言うが、実戦は拳を当てるポイントの取り合いなどしない。最も強い打撃を与えられる距離を重要視する」
「全然見えなかったっすよ」
「ボーッとしてるからだ。良く見よ」
 そんなご無体な……。
 だが乃江さんは容赦なく拳を握り締める。俺は本能的に一歩下がり、距離を取って拳を迎え撃った。
 驚いた事に鼻先まで伸びた拳が先程より鮮明に見え、ぎこちない手付きながらも拳をいなしていた。
「あれっ?」
「それでいいんだ」
 俺は衝撃の残る手を見つめ、体から消えようとする不思議な感覚を手繰り寄せた。
 乃江さんの肩が動いて……、次に拳が飛んでくると思った瞬間、俺は朝教わったように右足を後ろへ運んで距離を取った。
 間近に迫る拳を目で追うのは至難の業だが、少し距離を置けばそれほどでもない。
 そのうえ打突点を外した拳は、目の前の位置で失速たようにさえ感じた。
 なるほど……。逃げるっていうのはこういう事か。
「拳はある一定の所で一瞬スピードがゼロになる。打ち込んで衝撃を与え、引いて戻すの繰り返しだからな」
「それに拳に合わせて下がっているから、相対速度が下がって見えやすい気がする」
 乃江さんは俺の言葉に頷くと、道場の端に向かい小さな包みを手に戻ってくる。
 小さな巾着袋。それを俺に手渡してくれた。
「今日は朝早くに起きただろう? 弁当の用意もままならんだろうと思い、カオルの分を作って置いた」
「マジっすか!」
 俺は巾着袋を見つめ、昼ご飯をそっちのけでここに来ていた事を思い出した。
 そして朝ご飯の美味さを思い出し、高鳴る期待に胸を膨らませた時、不意に乃江さんから殺気が放たれたのを感じ取った。
 至近距離から繰り出された拳。俺は反射的に巾着袋を抱きしめ、後ろへと飛び退いた。
 前髪を揺らすほどの拳圧。その向こうでは更に半歩踏み込む乃江さんの姿があった。
 繰り出される前蹴り。細くしなやかな脚が鞭のように放たれ、俺は更に半歩足を運んで回避した。
 翻るスカートを覗く余裕さえ無い連続攻撃。
 前蹴りをかわされ蹈鞴(たたら)を踏み、足を踏ん張る様子が見えた。だが乃江さんの目は俺を追い続けている。
 その瞬間背を向け、トンとつま先が地を蹴った。体の捻りを加えた回し蹴りだ。
 細く長い脚が鉄槌のように放たれ、右側頭部を薙ごうとしている。
 俺は足を後ろへ運び、足りない分仰け反って避ける。回し蹴りは鼻先を掠め、風切る音と共に駆け抜けた。
「うむ、なかなかいい塩梅だな」
 乃江さんは満足気にそう言って、肩の力を抜いて見せた。
「残念……、スパッツだったか」
「ん、なにか言ったか?」
「い、いや何も……」
 またいつもの癖がでた。俺は慌てて巾着で口元を隠した。
 それにしても足運び一つでこれほど世界が変わるなんて……。
 恐らく乃江さんは手加減してくれていた。一発目に見せた拳は別次元の速さだったし、俺が避けられるかどうか、あの一発で見極めたのだと思う。
 けれど次に見せた攻撃も、いつもの俺だったら成す術が無かったと思う。
 乃江さんはあえて俺の両手を塞ぎ、回避に専念させようとしたのだと思う。
「もし俺が避けられなかったら?」
「……ん。私とカオルの昼ご飯が台無しになっていただろうな」
 手渡された巾着袋は、一人分にしては重い弁当が入れられていた。
「だが上手く避けてくれると思っていた」
 乃江さんはそう言って畳の上に腰を下ろした。
 彼女は技法を教えるだけでなく、何故それが必要なのかを答えてくれる。教えられる者からすれば、こんなにいい師匠はいない。
 弟子は身に付けた喜びを感じ、さらなる高みを目指そうと励みになる。
 俺が躍起になって乃江さんの為に調べ回ったのは、きっと恩を返したいと思ったからだろう。
 感じた喜びの何分の一でも返したい。そんな思いが俺を後押ししているように思うのだ。



BACK   NEXT   TOP

ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.