BACK   NEXT   TOP


『013 彼女の事情』

 修業の場となったマンションは、全戸1LDKの間取りとなっている。
 玄関を入ってすぐの部屋が寝室。向かいにパウダールームがあり、ドアを隔てて浴室とトイレに分かれている。
 次に使い勝手の良さそうなカウンターキッチン、奥はリビングダイニングといった間取りである。
 リビング入ってまず驚くのはその広さだ。
 二十畳のリビングだが、見晴らしの良い景色がバルコニー越しに見え、広さ以上の開放感を与えてくれている。
 この部屋の住人は調度品に一貫したこだわりを持っているようだ。
 古木で組まれたガラスのテーブルを始め、木や籐家具で統一感を図っている。
 また部屋を彩る観葉植物は瑞々しく、葉の上には埃一つ見当たらない。
 住人がいかに綺麗好きで、常日頃から部屋を清潔にしているかを窺い知ることが出来る。
 さすがに寝室を見ることは叶わなかったが、リビングと同じく整頓された部屋だと予想される。
 浴室は暖房付で暖かく、ゆったり足を伸ばして入浴できる浴槽は贅沢極まりない。
 俺はその湯船に浸かって人心地つき、真倉さんが朝食を作る姿を眺めている。
 屋上での彼女は無愛想で印象は良くなかったが、彼女が先に屋上を後にしたのは理由があった。
 彼女は部屋に戻って風呂の用意をし、酷使した足のためにアイシング用の氷まで用意してくれていたのだ。
 再び氷を片手に姿を現した時も相変わらず無愛想だったが、俺のときめき指数は一気に急上昇した。
「三室。……うるさい」
「あうっ、面目ない」
 いつの間にか賃貸業者のようなセールストークを口走っていた。
 クラスメイトの堤さんにも言われたことだが、思考が加速すると独り言を呟いてしまうらしい。
 食事の用意をする真倉さんは、動きに一貫性があり無駄が無い。普段からこういった家事に慣れているのが分かる。
 配膳された朝食は味噌汁にご飯、鮭の切り身に生卵。漬物を数種類添えた色とりどりの和風。実に俺好みの朝食である。
 まもなくして美咲さんが当たり前のように席に座り、遅れて山科さんが寝癖頭のままテーブルに突っ伏した。
 聞けば美咲さんは隣の部屋に住まい、しかも真倉さんとは幼馴染なのだそうだ。
 なんでも美咲さんが独り立ちするにあたり、身の回りの世話役とお目付け役を兼ね、共にこの地へ引っ越してきたのだという。
 両家の縁は江戸初期の頃に遡る。天野家は守人として幕府に寵愛され、真倉家はその守護を任された領主の家柄らしい。
 その両家の関係は良好で、中には互いの立場を越えて結ばれた者達もいたらしい。
 平たく言えば真倉家は一国を統治する領主の家柄、世が世ならば『姫』と呼ばれてもおかしくない家系なのだ。
 士族身分の解体と共に立場は変遷し、本来直系である天野家を嫡流、真倉家は庶流として、守人の血を絶やさず受け継いでいるそうだ。
 真倉さんは代々受け継がれた守護の任を忠実に守り、美咲さんをお嬢様と呼び世話をしているのだという。
 俺の目から見れば二人とも良家のお嬢様だし、どちらの家柄が上か下かなんてこの際どうでも良いこと。
 例えるならばエベレストとK2、どちらの標高が高いかと言われているようなものだ。
 俺にとって美咲さんであり、真倉さんでしかないのだから。
 美咲さんは二人の関係を掻い摘んで説明し、料理が出揃った所で話に区切りをつけた。
「二人は乃江(のえ)ちん、みさくりんと呼び合う仲なんです」
「美咲お嬢様、嘘は良くありません」
 年季の入った漫才コンビのように、美咲さんのボケに対し冷静にツッコむ真倉さん。二人の呼吸は見事なまでにピッタリ合っている。
 その会話の中、一人山科さんだけは眠そうに目を細め、茶碗を片手にうつらうつらと舟を漕いでいる。
 彼女は昨晩遅くまで退魔士として働き、仕事を終えて帰宅したのは朝方らしい。
 屋上まで俺の様子を見に来てくれたようだけれど、声を掛けるまでもないと判断して二度寝をしたそうだ。
 それにしてもせっかく髪の毛を整えたのに、再び寝癖を拵えるなんて相当疲れている。退魔士という仕事は思ったよりも大変らしい。
「体捌きや運足なんかは、うちなんかより乃江の方が手本になるやろし、それに……」
「……説明の途中で寝るな!」
 目の前でボケられると真倉さんはツッコミを入れずにはいられないらしい。
 俺はそんなやり取りを眺めつつ、味噌汁に口を付けて味をみた。
美味(うま)いっ!」
 一口啜り、その美味さに舌鼓を打つ。
 豆腐と白ネギ、ワカメの入ったごく普通の味噌汁だが、今まで味わったことの無い深みがある。
「煮干の頭と(はらわた)を取って一番出汁、追いかつおで軽く二番出汁、魚の油を隠し味として、ほんの少し加えてある」
 真倉さんは澄ました顔で答えているが、ナノレベルで表情に変化が生じた。料理を誉められるのは満更でもないようだ。
 もう一度味噌汁に口をつけて味を確かめる。なるほど、この旨味成分は魚の油か。
 魚のすまし汁に浮いた油は絶品だし、豚汁の油は食欲をそそられる。これはぜひ家でも試さねば……。
 しかも美味いのは味噌汁だけではない。ご飯も炊き立てのあら熱を取り、甘味が増して優しい味がするし、魚の塩加減も絶妙だった。
 さすが身の回りの世話を買って出るだけのことはある。
「こんなおいしいご飯を毎日口に出来るなんて羨ましい限りですね」
 思わず羨んでそう口にしたが、美咲さんは脊髄反射を起こし肩を窄めて小さくなった。
 不可解な様子に首を傾げていたら、山科さんが分からぬように目配せをして、地雷を踏んだのだと気づかせてくれた。
「デスヨネ……、本当にオイシイ。それに比べ私は目玉焼き一つ満足に……」
「うわっ、ヤサグレてるし!」
 いきなり負のオーラを放ち、味噌汁の豆腐に話し掛ける美咲さん。かなり痛い電波を発しておられる。
 山科さんは無言で電波の届かない場所まで椅子を移動させ、真倉さんは無表情のまま触れようとしない。
 こうなると誰にも止められないのか……、ヤサグレ美咲さん恐るべし!
 美咲さんの地雷は料理の話らしい。今日は一つ勉強になった、以後は踏まぬように注意しよう。
 
 
 
 
 人と会う約束をしている美咲さん達は、早々に食事をに終えて部屋を後にした。
 俺は真倉さんの後片付けを待ち、一緒に登校することにした。
 駅に向かう間も二人の間では話に花が咲かず、並んで歩くだけで精一杯だった。
 駅を出て学校へ向かう頃には、会話の無い状態にも慣れてしまい、無理して取り繕うこともなく肩の力を抜いていた。
 通学路を歩く制服の人波の中、一人の女生徒が走り寄ってペコリと頭を下げた。
「おはようございます、真倉先輩!」
「あら、おはよう。髪型を変えたのね。凄く似合ってるじゃない」
「えへへ、毛先を揃えて貰おうと思ったんですけど、美容師さんに乗せられちゃって」
 無表情で無愛想がトレードマークの真倉さんが、普通の女子高生のように振舞っている。
 我が目を疑うような光景を目の当りにして、失礼ながら全身の総毛が立った。
 よく見ると女生徒は胸に赤いリボンを身に付けている。我が校では赤いリボンは中等部、緑は高等部である証、どうやら真倉さんの後輩らしい。
 上級生を慕う下級生と、凛々しく包容力のある上級生といった二人の姿。
 ちょっと禁忌(ゆり)の香りがしないまでもないが、それを差し引いても絵になる光景だ。
 その女生徒はチラリと俺に視線を移し、そして何事も無かったかのように二言三言話をして走り去った。
 走り去る女生徒に手を振り、再び無表情へと変化する真倉さん。俺はどうツッコんで良いものか頭を抱えた。
「……滑稽か?」
 俺の視線に気付いたのか、真倉さんがジト目で睨み付ける。
 有無を言わせぬ強者のオーラに、俺はたじろぎ何も言えなくなった。
「校内では美咲お嬢様と親しい友人という立場。その友達が仏頂面ではお嬢様も肩身が狭かろう?」
「いや、どうかな。美咲さんはそういうこと全然気にしなさそうだけど……」
 美咲さんのことだ、恐らくそんなこと屁とも思っていないと思う。
 そういう所に頓着しないというか、美咲さんって天然っぽいもんな。
「よって学校では一般的な女生徒に身をやつしている。お嬢様のサポートをする上で、その方がなにかと都合がいいからな」
「なるほど……」
 確かに生徒達と疎遠だと、退魔士としての活動に差し障りがあるかもしれない。
 差し障りというと語弊があるか、有効活用出来ないと言った方が正しいな。
 学校は中高あわせて六学年でざっと千人以上の生徒が通っている。
 そんな大人数が一キロ四方に満たない場所に集う。学校という場所は極めて特殊な環境と言えるだろう。
 彼らはいろんな場所に行き、人と触れ合い、色々な物を見聞きする。
 そんな彼らと接する事にって、色々な情報を得ることが出来る。
 例えば見鬼の目を持っていれば、彼らの纏う霊気の変化を確認出来るし、微量でも瘴気を帯びた生徒がいれば魔物を追う手掛かりとなる。
 普段から接する機会があればさり気なく聞き出せると思うけど、疎遠の者がいきなり話しかけても不信に思うだろうし、細やかな情報を聞き出すのは困難になる。
 そういった意味では、誰とでも話が出来る山科さんはチャンスに恵まれやすい。
 真倉さんもそういったことを考慮して、外向的に振る舞っているのだろう。
「私にも慕っている姉がいて、後輩達の気持ちが理解出来る。そういう時は手本となるよう接しようと心掛けている」
 そう呟く表情には、どこか優しさが見え隠れしていた。
 利を得る為の演技ばかりじゃない。彼女の優しい表情を見て、正直ホッとした気分にさせられた。
「さすが師匠! そこまで考えていたとは!」
「大声で師匠なんて叫ぶな! 周りの者が不審がるじゃないか!」
 シッと人差し指を唇に当て、俺に身を寄せて声を潜める。俺は間近に迫る真倉さんの顔に、思わず赤面して仰け反った。
 真倉さんは平均的な女性よりも細身でやや背丈が高く、無表情で無愛想だが目鼻立ちは決して悪くない。
 ここ数日、美咲さんや山科さんと話す機会に恵まれ、美人に対する感覚が麻痺してしまっているが、真倉さんもかなり端正な顔立ちをしている。
 短めの髪と切れ長の目が女の子らしからぬ凛々しさを感じ、空手や武道の心得があるのに華奢な体躯が頼りなさを感じてしまう。
 相反する要素が絶妙に溶け合って、この真倉乃江という少女を構成してる。
「師と呼ばれるほどの者ではない。教えを請うにふさわしい心技体を兼ね備え、初めてそう呼ばれる資格があると思うのだ」
「教えてもらう相手に『真倉さん』じゃ、どうも他人行儀すぎるし締まりがない気がする」
「人前では真倉さん。それ以外は乃江と呼べばいい」
「乃江さん……か。じゃあ、俺のことはカオルと呼んでください。その方がしっくり来るんで」
 乃江さんは小さくカオルと口にして、再び黙りこくる。
 俺は聞いて良いものかどうか悩んだが、重なる部分を持つ彼女に好奇心を持っている。
 彼女は美咲さん達と共に行動しているが、退魔士ではないと聞く。その疑問は俺の中でどんどん膨らんでいるのだ。
「乃江さんは……、どうして退魔士にならないんですか?」
 不意に乃江さんの足が止まった。
 俺は再び地雷を踏んだと目を瞑ったが、この事はどうしても聞いておきたかった。
 俺は今まで霊の見える目を呪わしく思っていた。だが美咲さんや山科さんと出会い、少し考え方が変わった気がする。
 彼女らは俺の目を希少といい、退魔士に向いていると口にしてくれた。俺は今まで生きてきて、そんな褒め言葉を貰ったのは初めてだった。
 正直退魔士もひとつの選択肢であり、向いているのならそれも良いかと思い始めていた。
 だが同じ能力を持ちながら、その世界に足を踏み入れぬ彼女に凄く興味を惹かれた。
 退魔士の世界に足を踏み入れるのを止めて欲しいのか、背中を押して欲しいのかもしれない。
「私は今でこそ健常だが、子供の頃から病気がちで体が弱く、自分の能力をコントロール出来なかった」
 乃江さんは再び歩き出し、俺だけに聞こえるように呟いた。
 俺は心臓を鷲掴みされたような衝撃を受けた。
 この人も俺と同じように、人と違う能力を事を忌み嫌っている。そう思えたからだ。
「目に見えぬ物が見え、霊気をコントロール出来る体質は、時として身を滅ぼす事がある」
 俺は小学生の頃に味わった忌まわしい記憶が呼び覚まされ、胸が詰まって泣き出したい気持ちになった。
「――霊能力者はギフトを一つ授かる」
「ギフト? 神からの授かり……物?」
「そうだな、霊気を使いこなせた者に発現する、特殊な能力と言った方が早い。カオルにもそういう能力が眠っているはずだ」
「もしかして魂喰いが人の能力を我が物に出来るような……、そんな特殊能力?」
「うむ。願望を実現するために働く能力だと言われている。彼は人を羨み自分を嫉み生きてきたと想像できるな」
「そんな能力が俺にも目覚める可能性がある……と」
「私はその能力の影響で精神が不安定になり、自分の殻に閉じこもった時期があったのだ」
「つまらない事を聞いてごめん……。人には知られたくない過去や、聞かれたくない事があるよね」
 俺は頭を下げて心から詫びた。
 そんな気持ちが痛いほど理解出来るから……。
「私は能力の克服に時間を掛け過ぎた。それに私は出来が悪くてな。お嬢様や由佳のようにはいかない」
「そんな事は無いです。山科さんも同等の力を持っているって言ってました」
 確かに美咲さんや山科さんのように、彼女の体は強い霊気を発してはいない。
 けれど体に内包する霊気は二人よりも強く感じる。きっと二人とは違うタイプの能力者なのだと思う。
「今日の朝、由佳の様子を見たか?」
 たしか……、朝の山科さんは凄く眠そうにしていた。
 彼女は確か夜に仕事をしてて、寝不足になったとか言っていたっけ。
「今朝も二人は退魔士として出向いてる。同等の力と言われても所詮は素人、資格を持った者にしか出来ない事が多い。正直言って歯痒い思いをしている」
「じゃあ、乃江さんも資格を取ればいいんじゃないか?」
「資格取得には試験を受けねばならない。今年の試験はまだ先だ」
 彼女の仲間を助けたい気持ちが痛いほどに伝わってくる。
 なるほど、乃江さんは資格取得待ちか。
 待てよ……、確か美咲さんは別の方法があると言ってたような、そうでないような……。
「格付け以上の敵を仕留めたら、ランクアップを図れるって聞きましたよ」
「それは退魔士に限定された話だ」
「いえ無資格者でも、それに足りうる実力を示せば資格取得出来るんじゃないかと……」
 思い付きを口にしてみたが、乃江さんの足がピタリと止まった。
 そして手を顎に当て、ジッと遠くを見つめ考え込む。
「……なるほど。一理ある」
「俺も微力ながらサポートします。二人で知恵を絞り合えばなにか出来る筈です」
 俺に出来る事は少ないだろうけれど、微力ながらも乃江さんをサポートしたい。
 彼女にはそういう気持ちにさせるなにかを感じるのだ。



BACK   NEXT   TOP

ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.