BACK   NEXT   TOP


『012 拳士 真倉乃江』

 俺と山科さんは電車に乗り、自宅の最寄駅へと帰ってきた。
 聞けば山科さんも同じ駅を利用しているらしく、送る手間も苦にならないと言ってくれたのは救いだった。
 だが彼女の家は駅を挟んで西と東、近いと言えるほどの距離ではない。
 まだ日が暮れるまで間があると言ってみたものの、山科さんは頑として譲らなかった。
「日が暮れるこんな時刻は逢魔が時、魔物と出会いやすい危ない時間帯でもあるんよ」
「あぅ……、そうだった」
「それに敵を甘く見すぎてる。うちらはランクAの退魔士。これがどういう意味かわかるか?」
「……それほどの難敵だということ?」
 退魔士の格付け論理で言えば、敵はAランクと対等かそれ以上。
 美咲さんの動きを見た限り、ランクAは常人のレベルを遥かに超えている。
 敵はそれ以上かもしれないとなると、おいそれと撃退出来る敵じゃないという事だ。
「もしかして護符と風弾だけで敵う相手じゃない?」
「せや。恐らく相手に触れることすら出来へんやろな」
「死神とある程度やれたから、決め手があればなんとかなると思ったんだけど。あれは瘴気が具現化したので、魂喰い本体じゃないんだよね」
「そやな。もし奴と出会うてしもた場合、カオルがどれだけやれるか試してみるか?」
 山科さんは人差し指でメガネの位置を整え、かかって来いと言わんばかりの表情を見せた。
「うちは遠距離、広範囲の……、いわゆる支援型の退魔士や。ロールプレイングゲームやったことあるなら、どういうタイプか想像出来るやろ?」
 なるほど……。ゲームに例えると分かりやすい。
 戦士や剣士は直接的な打撃を得意とし、回避に優れ敵からのダメージに対する耐性が強い。
 逆に魔法使いは強大な力を持つが、長詠唱で隙が出来やすく脆い一面を持つ。
 故に魔法使いは一歩下がった位置から攻撃するのがセオリーだ。
 恐らく美咲さんは前衛タイプ、山科さんはその背後を守りお互いの弱点を克服しあっているのだろう。
 ならば敵は美咲さんの速さや、山科さんの広範囲魔法と拮抗できる力があると考えていい。
 山科さんに触れることすら出来ないのならば、護符を貼り付ける事なんて出来ない。そういう事だな。
「わかった……。本気で行くよ?」
 悠然と立つ山科さんに向かい、拳を固め身構える。
 本気で行くと言っては見たものの、山科さんはメガネの似合う細身の女子高生にしか見えない。本気になって良いものか戸惑ってしまう。
 うむむ……イカン、見掛けに騙されるな、彼女は一般人とは違う。そう言い聞かせて腹を決めた。
 右手でフェイントモーションを入れ、山科さんの目を引き付ける。そして視界の端から左手を素早く伸ばした。
 だが山科さんは動じない。足をほんの少し動かしただけで、軽やかに左手から逃れた。
 ならばと右手を横薙ぎに動かしたが、ヒョイを上体を反らして服にすら触れることが出来ない。
「マジかよ?」
「あはっ、本気なんか? そんなスピードやったら目を閉じてても避けられるで?」
 ムカッ! 安易な挑発と分かっていてもカチンと来た。
 もし傷つけたらと手加減したが、今はむしろ当ててやるくらいの気分で拳を振るう。
 だが肝心の攻撃は空を切るばかり。まるで風を掴もうとしているようにさえ感じる。
 それほどまでに山科さんの動きは卓越した速さを見せていた。
 一方的な挑戦は時間にして数十秒で幕を閉じた。
 情けない事にほんの短時間全力で動いただけで息が上がり、両手を膝について動けなくなった。
「……身の程を…………知り……ました」
「まあ一般人にしては上出来の部類や。うちの動きを目で追えとるし、見込みあるで?」
 対する山科さんは息一つ乱すことなく、平気な顔で微笑んでいる。
 これが常人と退魔士の差なのか……。かなり甘く見ていたかもしれない。
「死神は鈍臭い奴やったけど、次はそうはイカンと思といたほうがエエ」
「死神が蚊でよかった。もっと別の生き物だったらヤバかったな」
 蚊は移動が遅く時間を稼ぐことが出来たけど、それがもし違うものだったとしたら、今ここにこうしていないだろう。
 猛獣のような俊敏な敵、遠距離から攻撃出来る敵。どれが来ても太刀打ち出来ない。
「しかし死神のカードが蚊とはなぁ……、的を射ているというか、予想外というか……」
「カード?」
「奴が奪ったスキルって、タロットの絵柄を呼び出す能力らしいんよ。次はどれが来るやろか……」
 タロットカードの13番目のカード、死神だ。
 その他にも魔術師、戦車、悪魔なんておどろおどろしい名前のカードもある。そんな敵が出たらと考えるだけで身震いがする。
「今でこそマラリアは熱帯地方特有の病気やけど、昔はそこかしこで流行っとったんや。伝染病を運ぶ蚊はまさに死の予兆……死神や」
「それで……蚊。死神か」
 山科さんは鞄の紐を肩に掛け直し、ゴソゴソと鞄の中をまさぐった。
 取り出したのはスチール製の名刺入れ。中から名刺を一枚取り出して差し出した。
「裏に住所が書いとるやろ? 明日の朝5時にそこに集合な?」
「へ?」
「死なん程度に動ける必要あるやろ? 生き延びるために明日から特訓や」
「ええっ! マジで?」
 山科さんは俺の家が近いと知っていたのだろうか。踵を返して手を振り、問いただす暇さえ与えてくれなかった。
「そや、一つ言い忘れた。美咲が報酬を振り込んでおきましたって言うとったで!」
 山科さんは振り返り、大声を張り上げ手を振った。
 俺は釣られて手を振り返してみたものの、報酬の意味が理解出来ず首を傾げた。
 家に帰り着き真っ先にパソコンを開くと、銀行のホームページを開いた。
 口座番号と暗証番号を入力し、残高照会画面を開く。
「うわっ……、報酬ってアレのことか」
 口座には美咲さんの名義で200万円振り込まれていた。
 死神を討伐した美咲さん達の報酬。俺の取り分と言われた分け前だった。
「ヤバイ。退魔士って仕事……ヤバ過ぎる」
 俺は緩む頬をペチペチと叩き、顔を引き締める。  こんな報酬を若いうちから手にすれば、真っ当な仕事に就くなんて馬鹿らしく感じる。
 通帳残高を見るのが楽しくなって、明けても暮れても悪霊退治に没頭してしまいそうだ。
「ええい。惑わされるな!」
 俺はページを遷移し、葵の口座を検索して百万円振り込んでおいた。
 葵もこの報酬を受け取る資格がある。
 葵がいなければ美咲さんの救援が間に合わず、俺は死神の鎌に両断されていた。
 今こうしているのは、少しの偶然が重なり合った結果に過ぎない。
 パソコンを閉じ部屋着に着替えると、ベッドに寝っ転がって目を閉じた。
 今日は一日山科さんのペースに引っ掻き回された気がする。
 だが抗う力を得なければ生き延びることは出来ない。次も偶然に助かるなんて保証はどこにもないのだから。




 翌日の朝は清々しい目覚めと共にやって来た。相変わらず結界の護符はいい仕事をしているようだ。
 俺は身を起こし、寝癖を確かめながらタンスを開いた。
「体を動かすって言ってたよな。汗も掻くだろうし着替えも必要かな」
 通学鞄にタオルとシャツを詰め込み、ジャージの上下に制服を重ね着して装備を整える。
 バリバリ体育会系の装いそのものだが、背に腹は代えられん。
 俺はまだ眠る家族を起こさぬように、足を忍ばせて家を出た。
 山科さんの家は二十分ほどの距離にあり、駅を跨いで反対側にある。
 あらかじめネットで調べておいて正解、迷わず辿りつけた。
 瀟洒なマンションを見上げ、高なる鼓動を手で抑える。
「デザイナーズマンションって奴か。うは、家賃高そう……」
 家族向けのマンションと違う、独特のオーラを放っている。
 景気のいい頃にはよく見かけた気がするが、最近はこういうマンション見かけない気がする。
 山科さんの部屋は六〇二号室。エントランスの脇にあるインターフォンで呼び出しをかけた。
 軽やかな呼び出しが鳴り、まもなくしてインターフォン越しに眠そうな声が響いた。
「ふぁぁ……、おはようさん」
「約束通り来ました。起きてください」
 声から察するに山科さんは今の今まで眠っていたようだ。
 人を呼び出しておいて寝てるなんてと思ったが、彼女は学校と退魔士の二重生活を送っている。眠くて当然だろう。
「ロック外すから屋上に上がってや。特別講師に話を通してあるから、先に教わっといて!」
「特別講師? 山科さんが教えてくれるんじゃないの?」
「ああっ、寝癖が酷いことになってる!」
 山科さんはそう叫び、インターフォンを切ってしまった。
 やれやれ……、これは時間がかかりそうだ。言われた通り先に行くしかないか。
 俺は溜息を吐き、解錠の音に合わせて扉を開いた。
 エレベータに乗り込み「R」のボタンを押して、手持ち無沙汰になり電光表示を見つめる。
 屋上に行くと俺の予想に反し、目に優しい緑が一杯に広がっていた。
 足元には芝生が植えられ四季の花が色づいている。屋上だと忘れさせるような木々が枝を広げて、朝日を浴びていた。
「緑化庭園って……、凄いマンションだな」
 緑の木々に目を奪われていたその時、風切る音が不意に聞こえた。
 音の先には女の子が一人。汗を掻き濡れた髪をなびかせ、突き出した拳を引き戻していた。
「拳が風を切る音か……」
 少女は息を整え真っ直ぐに立ち、掌を合わせて前で組み、頭上に上げ両手で円を描く。
 もう一度目の前で掌を合わせ、手首を返し鋭い視線を横に向ける。
 その瞬間彼女は静から動へと転じ、横に踏み込み掌底、肘を連続で突き出し振り返る。
 そして下段の突きを入れ左手を腰に引き絞り、右手は肩の位置に置き目を細める。
 再び素早く正拳を突き、流れるような動きで左右、正面に拳を動かし身構える。
 流麗な動きが目に付くけれど、あんなに激しく体重移動しているのに、軸が全然ブレてないってのは凄い。
 格闘技の技なのに、舞のような優美さを持ち、全てを押し流す激流のように力強く感じる。
 俺は瞬きする間も惜しみ、その動きを目で追っていた。
 彼女は真っ直ぐに立ち、手と手を合わせると頭を下げて動きを止めた。空手の型が終わったのだ。
 俺は動きそのものに目を奪われていたようで、その時初めて彼女の顔を見ることが出来た。
 彼女は俺の知ってる女性だった。名は真倉乃江さんと言い、美咲さんと同じクラスの女生徒だった。
「真倉さん?」
 真倉さんは目を細め、品定めでもするかのように俺を見つめた。
 そして俺の鞄に目を移すと、屋上の端にあるベンチを指さした。
 鞄を置いて準備をしろって事だろうか。俺は言われた通りベンチに鞄を置き、羽織っていた重ね着していた制服を脱いだ。
 そしてジャージの上下になり、靴紐を結び直し真倉さんの元へ急いだ。
 相変わらず真倉さんは何も言わない。無言のまま俺の目の前に立ち、肩の力を抜く素振りを見せ、ゆっくりと体を動かした。
 上体は脱力したまま足を肩の位置に開き、軸足を残してもう一方の足で小さな円を描き後ろへ運ぶ。
 今度は足を入れ替え、軸足だった足で円を描く。二度三度それをやって見せ、動きを止めた。
「やってみろって事?」
 俺は半信半疑で問い掛けたが、真倉さんは何も答えてくれない。
 やるしかないか。そう心に決め、彼女の動きに習い足を動かした。
 一度、二度と同じ動きをして顔色を窺うが、彼女は無言のままと俺を見つめている。
 彼女が良いと言うまでやり続けろということだろう。
 俺は山科さんを信じ、目の前の真倉さんと同じく口を閉じ、同じ動きを何度無く繰り返した。
 バレエレッスンのような足さばきだが、これはこれで結構辛いものがある。
 日常人間の足は、歩く、走る、階段を昇り降りする程度しか動かさない。
 これは日常に無い動き。使わない筋肉が悲鳴をあげているのが分かる。
 だが彼女は変わらず俺を見つめたまま。まだやり続けなくてはならないようだ。
 汗が額から吹き出し、目に流れ込んで顎から滴り落ちる。
 脱力した上体を保つのはキツイ。逆に力を込めた方が楽に動けると思い始めた。
 そして彼女が制止をかけた時には、立っているのもままならないほど疲弊していた。
 俺は額の汗を拭い、今感じてるわだかまりをぶつけたくなった。
「足を前後ろに動かすのはいい運動だと思うけれど、これが何の役に立つんだ?」
 問い質すつもりだったが、真倉さんの態度への苛立ちが声を荒げさせた。
 真倉さんは涼しい顔で近寄り、俺を見上げている。
 表情は変わっていないが、彼女はきっと少し怒ってる。俺は言い過ぎたと詫びようとした。
 だがその刹那、彼女は俺の足を横薙ぎにし足払いを仕掛けた。
 視界がクルリと回り、空が真横に見えるほど見事な足払い。
 このまま芝生に叩きつけられる、そう思った瞬間俺の体に変化が生じた。
 蹴り上げられた右足は地を探して懸命に動き、左足は円を描いて空中で姿勢を整えようと踏ん張った。
 俺は叩きつけられる寸前に、両手両足をつけて猫のように着地し、その不思議な感覚にしばし呆然とした。
「この程度でいいなら、明日から稽古をつけてやろう」
 真倉さんはそう言い残して背を向けた。
 俺は両手で芝生を掴み、自分の中で起こった変化に打ち震えた。
 真倉さんは自分自身が教えを請うに値するか、言葉でなく体で答えてくれたのだ。
 エレベータホールに消えようとする真倉さんの姿を追い、俺は嬉しくなって立ち上がり一礼した。
「明日からもよろしくお願いいたします!」
 俺の声は彼女に届いたようだ。
 背を向けたまま軽く手を上げた彼女に、もう一度深く頭を下げた。



BACK   NEXT   TOP

ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.