BACK   NEXT   TOP


『011 風の巫女とグラビティ』

 クイズ合戦は全戦全勝で幕を閉じ、山科さんの護符は全て賞品としていただいた。
 俺は突っ伏す山科さんを勝者の目で見下ろし、銀行員が札を扱うように広げて指で弾いた。
 さて念願の護符を手に入れてみたものの、使い方と効能が分からなければ只の紙切れだ。
 安眠護符や結界護符は良いとして、他の護符はどんな効能があるのだろうか。
「この護符はどういう効果なんだ? 使い方を教えてくれないか?」
 俺は朱墨で書かれた護符を手に取り、山科さんにお伺いを立てた。
 達筆な行書体で書かれた難読の文字だが、破邪だとか効きそうな文字が読み取れる。
 求めているのは攻撃的な護符だから、その望みに一番近いもののように思える。
「それは全霊気と引き換えに視界内の敵を滅する札や」
「――メガンテ?」
「そそ、あのネタをモチーフに、似せて作ってみたんや」
 そんな危なっかしい護符は要らない。
 俺はデッキからメガンテを指で摘んでポイっと捨てた。
「あっ……」
 山科さんは慌ててその護符を拾い、大事そうに埃を掃って懐に仕舞う。
 もしかして、使う気でいるのだろうか……。
「じゃあ、これは?」
「天空の城ラピュタって知っとる? それのエンディングで――」
「――これも要らない……と」
 使ってはいけない古の呪文かよ。あまりの光に目が眩んでしまうだろうが!
 空飛ぶ石なら欲しいけど、命にかかわる極大破壊呪文は正直言って持て余す。
「――正座しても足が痺れない護符」
「これも要らない」
「それはレトルトカレーが二倍辛く――」
「要らない」
「夏場でも弁当が傷まない――」
「…………要らない」
 こんなやり取りを繰り返し、手元に残ったのは数枚だけだった。
 カレーは最初から辛口を買えばいいし、弁当には梅干を入れておけばよい。
 足が痺れない護符ってのは使ってみたい気もするが、今のところお遊びに興じている余裕はない。
「安眠や結界の護符はなんとなく分かるとして……、この何も書かれていない護符は?」
「それは祈願成就の護符や。なんでも叶える代わりに、それに見合った霊気を術者から奪う。使い方を誤ると大変な護符やで」
「魔物を祓いたいと願ったら?」
「その望みをに足る霊気が流れれば成就、足りなければ発動せずに術者は戦闘不能になるんよ」
 なるほど、これは際どい護符だ。多分に賭けの要素を含んでいる。
 結果だけを見ればメガンテと大差はないが、あっちは百パーセント発動するが、こちらはコンディションに左右される。
 というか俺の霊気で強力な力を引き出せるか怪しいし、不発に終わる可能性も大きいのだ。
 だけど簡単な願いならば、苦もなく発動出来るとみた。これは使えるな。
「結局使えそうなのは祈願成就の護符だけか」
「なっ、なんや、その使えん奴っちゃみたいな目は! どれもこれも珠玉の一品やで?」
「色物系ばかりじゃないか!」
 山科さんは舌打ちして藪睨みの目を向ける。
 腰に手を当て溜息を付くと、恨み言のような言葉を吐き連ねる。
「カオルにも分かる時がくるわ。ああ、なるほどね、山科さんて凄い人や、尊敬するわってな」
「なにやさぐれてるんすか!」
「よっしゃ、度肝抜いたる。腰抜かしても知らんで!」
 山科さんは両手を大きく広げ、ゆっくりと目の前に運ぶ。そして胡桃を握り潰すかのように力を込め。拳を硬く握り締めた。
「なぁ、風ってなんで吹くか知ってるか?」
 俺を見向きもせず、ただ前だけを見つめる山科さん。
 俺はその問い掛けに無言で答え、山科さんの答えを待った。
「風っていうのはな、気圧の差で流動するんや。圧力の強弱。理屈さえ理解すればコントロールも可能!」
 そう叫び終えたあと、山科さんは常人には聞き取れない音域で祝詞を唱える。
 騒霊がラップ音を放つかの如く、霊力の強い者だけにしか聞き分けられない音。
 祝詞は日本創生の神の名を連ね、力のある言葉で敬い奉る。
 奏上と同時に突風が吹き、鎮守の杜に立つ木々をざわめかせる。
「風が……集まってる!」
 山科さんの両手に向かい、物凄い勢いで空気が流動し渦を巻いている。
 これは自然に吹いた風じゃない。神社の境内全ての空気が山科さんに集まっているんだ。
 不意に山科さんは手の力を緩め、全身を弛緩させる。同時に風鳴りが止み、枝をしならせていた木々達が大人しくなった。
 山科さんは俺の前に手を運び、ゆっくりと掌を広げた。
 広げた両手から、綺麗なビー球ような球体が三つ。
 右手から二つと左手から一つ……、音を立てて地面へ落ちた。
 山科さんは膝を折り、大事そうにそれをつまんで拾い上げた。そして一つを俺に手渡した。
 神社の林からさす木漏れ日にかざして見上げる。
 ガラスのようでガラスと違う不思議な球体。
 見た目は軽そうだが鉛球より重く、ズシリと手に存在感を知らしめる。
「護符でケチついたからな。一個カオルにあげるわな。清浄な気が一杯詰まってるから、大抵の魔物はイチコロやで!」
 八十神神社の神気を込めた玉か。そいつは確かに効果がありそうだ。
「風の弾丸と書いて風弾。うちはそう呼んどるんや」
「まるで風の巫女だね。ちょっと尊敬」
「風の巫女ってのはちょっと誉め過ぎやなぁ。実際うちの力だけやないし……」
 山科さんはそう言うと、掌を上に向けて俺の前に翳す。
 再び風が集まり密度を増す。
 渦巻く風が白い霧のように色づき、やがて人型を形成する。
 白い霧のような人型は手を離れ、山科さんの周囲を飛び回り始めた。
 ややメタボリックはフォルムをした白い精霊。手を横に広げて飛行機が空を飛ぶように旋回している。
「風の精霊。グラビティって名前つけてんのや」
 そう言って、グラビティと呼ばれる精霊を紹介してくれた。
 なるほど、山科さんの祝詞と精霊の合体技って感じか。
 再び山科さんは可聴域外の祝詞を唱え、それを合図に風の精グラビティは気配を虚ろにさせる。
 だがグラビティは消える間際にスカートの裾を跳ね上げ、いたずらっぽい笑い声を残して霧散した。
「きゃっ!」
 スカートに隠された太ももが露になり、チラリと白い下着が見え隠れした。
 慌ててスカートを手で押さえたが、時すでに遅し。網膜にくっきりと焼き付けられ、俺のお気に入りへと保存された。
「――見た?」
 ジト目で睨む山科さんに、並々ならぬ殺意を感じた。
 俺は咄嗟に緩む口元を引締めて、精一杯真顔で首を横に振った。
 ここで言葉を発したら絶対バレる。小動物の勘が危機を知らせた。
「見たやろ? 怒らへんから正直に言うてみ?」
 ベテラン刑事が尋問に使うような優しい口調。だが目が笑っていない。これはきっと罠に違いない。
 さっきより強く首を横に振り、冤罪を悲しむ子リスのような目をしてみる。
「ほんまか?」
「コクコク」
「チッ……。あいつ、いたずら好きやねん。ホンマかなんわぁ」
 そう言って頬を赤く染める。
 怒りの矛先が変わったのを確認しホッと胸を撫で下ろす。乗り切ったみたい。
 グラビティ、グッジョブ。
 俺は心の中で親指を立てて、勇者に尊敬の念を送った。




 八十神神社を後にして、少し遠回りして駅へと向かった。
 お互いの為に人目を避けたのもあるが、少し込み入った話をしたかったからだ。
 川を沿う遊歩道。河川敷には芝生、歩道には玉砂利が敷き詰められてる。
 散歩や家族の憩いの場にはもってこいの雰囲気だ。
 さすがに平日の夕方、日は落ちていないとはいえ、人の姿は見受けられない。
 俺は山科さんの横を歩き、今しかないというタイミングで話を切り出した。
「山科さんの本音を聞きたい」
「な、なんやいきなり? 本音って……」
「どうして手の内をあかしてくれたんだ? 話さなくてもいい事だろ?」
 本当なら頭を下げて護符を譲って貰う立場なのに、わざわざ受け取りやすい状況を作ってくれたように思える。
 それに風弾やグラビティの事にしたって、手の内を明かせば彼女にとって不利な状況を作り出す。
 だけど山科さんは全てを話してくれた。俺はそんな気がしてならないのだ。
「カオルは餌、うちらは釣り針って言うたやろ? 中々いい喩えやと思う」
「うまい喩えをしたつもりはないよ。それが本音」
「カオルはうちらを敵やとは思てへん、けど味方やとも思ってへん。そやろ?」
「……正直言うと混乱してる。退魔士がどう、敵がどうとか言われて、心の中で処理出来ずに消化不良を起こしている」
 山科さんは一歩前に駆け出し、振り向かずに呟く。
 真剣な表情を見られたくない。そんな思いが背中から伺える。
「だからこそ……うちらは信頼に値する行動を取りたいと思った。カオルが安心出来るように手の内を明かそう。そう思たんや」
 山科さんはクルリと振り返り、照れくさそうな表情を見せる。
 山科さん達は敵ではない。だが味方でも無い。そして俺と違う世界を生きていると思っていた。
 だが少し違ったようだ。美咲さんは大切な情報を俺に提供し、山科さんは自分の手の内を曝け出した。
 命を掛けた世界ではやってはいけない事だが、俺はそんな甘さが嫌いじゃない。
「とてもプロのすることじゃないよ」
「……言わんといて。耳が痛いわ」
「だけどいいね、そういうの。退魔士失格かもしれないけど、人として信頼できる」
 俺は山科さんに手を差し伸べる。
 山科さんは少し戸惑の表情を見せたが、強く握手を交わして微笑んでくれた。
「美咲が言うとった。カオルは退魔士向きやって」
「……美咲さんがそんな事を?」
「死神相手に戦うとった時、死ぬかもしれんギリギリまで敵を睨み、次の行動を考えとったって」
「けど、それが精一杯だったんだけどね」
「この世界は才能より度胸や。いくら才能があっても心が弱かったら戦えへん」
 退魔士に向いている……か。そんな選択肢を考えたことも無かった。
 必死で抵抗するのではなく、むしろアイツを倒す位の強い意思を持つ。今の俺にそんな事が出来るだろうか。
 今は精々喰われないように頑張る程度、とても相手を打ち負かせる心理状況ではない。
 ふと山科さんが立ち止まり、ポンと手を叩いて何かに思い当たったようだ。
「そういえば大事な事を忘れとった。風弾の使い方教えとかんとな」
 ポケットから先程作った風弾を取り出し、掌に乗せて転がしている。
「その一、握って風弾に意識を集中する」
 山科さんは言葉通り、風弾を握りこみ意識を集中する。
「その二、敵に向かって投げつける」
 そういい終わると同時に川に向かい風弾を投げこんだ。
 女の子らしい手投げではなく、高校球児も真っ青の肩を使った本格的な投げ方。球速もかなり出ている。
 この川は県下でも有名な一級河川。水量も多くて川幅も広いのだが、風弾は川の中央まで飛び着水した。
「それで?」
「その三、風弾がはじける様子をイメージする」
 山科さんがそういい終わった次の瞬間、耳を劈く轟音と共に、川の中央に大きな水柱が立った
 いや半端なくでかい水柱。川が真っ二つに割れ、一瞬だが川底が露出したように見えた。
 まるで、モーゼの十戒のようだ。
 山科さんは予想していたのか、人差し指で耳栓して目を閉じている。
 一呼吸置いて通り雨のように川の水が降ってきたが、俺は硬直して身動きが取れなかった。
「――爆弾みたいだね?」
「そやなぁ、空気爆弾やもん」
 山科さんは誇らしげに胸を張り頷く。鼻高々とした態度が憎らしい。
 止めの一言はこうだ。
「清浄な気が一杯詰まってるから、大抵の魔物はイチコロやで!」
「魔物の前に俺がイチコロになるわ! あんなもの危なくて携帯出来るか!!」
 関西弁、メガネっ子、委員長タイプの山科さんは最強最悪の爆弾娘だった。



BACK   NEXT   TOP

ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.