BACK   NEXT   TOP


『010 八十神神社』

 放課後になり緩んだ空気が教室に充満する。
 帰宅の用意をする生徒もいれば、部活に向かう準備をしている者もいる。
 だが殆どの生徒は友達と語らい時間を潰していた。
 牧野は部活があるのか、鞄をひっくり返し必要なものを詰め込んでいる。
 俺はといえば今日授業の殆どを聞き逃し、無駄に時間を費やした事に悔いていた。
 もうすぐテストも近いというのに、このままでは授業について行けずにドロップアウトする。
「早く落ち着いた生活に戻らないとヤバイ」
 その為にも護符は必要だ。なんとかして山科さんに書いて貰わねばならない。
 あれ程の護符を作れる山科さんだ。一発で悪霊を滅す強力な護符を作ってくれるに違いない。
 人間ってのは現金なもの、護符の件がなんとかなりそうと分かると、途端に授業の事が気になってくる。
 俺は隣の席に座るB組きっての才女、堤沙耶香(つつみさやか)さんに話しかけた。
「ごめん、堤さんノート貸してくれないかな?」
 堤さんは突然話し掛けられ、キョトンとした表情を作る。
 会話する男子も少なく、クラスで目立たぬように生きて来た。そんな俺が話しかけたのだ、ドン引きされて当然だろう。
 隣の席だけど挨拶も交わしたことが無いし、落とした消しゴムを拾って貰った記憶しかないもんな。
 だが堤さんの態度は少し違っていた。苦笑しつつ鞄の中からノートを取り出し微笑かけてくれた。
「三室くん今日はうわの空だったもんね。唸り声を上げたり、空を見たり……」
 クスクスと笑いながらノートを数冊差し出してくれた。
 うわっ……、授業中にそんな事をしていたのか。全く記憶に残ってないが、隣席としてはさぞ迷惑だったろう……。
「授業の丸写しって訳じゃなくって、私の解釈も書かれているから……」
「いや、むしろその方がタメになりそう」
 なるほど、人とのコミュニケーションはこうやって取るのか……。
 これを機に困った時にだけ頼るのではなく、常日頃から仲良くしておきたいと思わされた。
 だが頭を下げてノートを受け取ろうとした瞬間の事。
 放課後の喧騒をブッタ切りらんばかりに扉が開かれ、クラス全員が一瞬息を飲んだ。
「あっ、まだおった。三室くん、うち図書館に本返さなアカンからちょっと待っといてな? ほなまた後で!」
 音を立てて扉を開けたのは山科由佳さんだった。
 彼女は自分の伝えたい事だけを言い、再び扉を閉めて立ち去った。
 気を取り直してノートを受け取ろうとしたが、何故か堤さんは手を引っ込めた。
「あ、あれ?」
「ノートなら山科さんに借りれば良いじゃない」
 妙にツンケンとした態度。プイっとそっぽを向いて教室を後にしてしまった。
 俺は差し出した手をどう引っ込めて良いか悩んだ。
 ざわめく教室ではクラスメイトが俺を見て、クスクスとなにやら話し始めている。
 どうせある事無い事話しているに違いない。いや無い事ばかりだな。
 ふと気が付けば中には怒気を孕む目で見つめる男子生徒もいる。
 そう言えば山科さんの人気は並外れていると聞いたことがある。
 美人といえば美咲さんだが、彼女は遠目で見て憧れるタイプ。
 逆に山科さんは男女問わず分け隔てなく接するらしく、勘違いする男子生徒が多いのだ。
 それにメガネっ子普及委員会なる秘密組織が活発化したと耳にしたことがある。アレは山科さんのファンクラブだと専らの噂だしな。
 ふと牧野に目をやると、鞄そっちのけで携帯を打ち込んでいる。
 俺は嫌な胸騒ぎがして、牧野の携帯を取り上げた。
「あっ、何をする!」
「やっぱり葵にメール打ってやがったか」
 俺はキャンセルボタンをクリックし、罵詈雑言のメール本文を闇に葬った。
 牧野は消えたメールを涙目で見つめ、ふと気を取り直してニヤリと俺を見つめる。
「昨日は天野で今日は山科か。いつからお前はそんなにデキる子になった?」
「勘違いをするな。一緒に帰るだけだ!」
 俺の叫び声が妙に教室内に響き渡った。
 振り返ると全員がこちらを向き、俺をガン見している。
 そして再びいつもの喧騒に戻っていく。駄目だ、今俺は自爆したな……。
 鞄を片手に教室を後にする。今の俺は手を振る牧野に挨拶する気力さえ残されていなかった。
 
 
 
 私立星ヶ丘学園は、今思うと設備のしっかりした学校である。
 今、俺がいる南館の一階昇降口は高台になっていて、非常に見渡しが良い。
 外を眺めると目の前には大グランド、そして裏門を通って私道を挟んだ場所には小グラウンドがある。
 その他にも弓道場、テニスコートが五面とその奥にプールがある。
 右手には西門があり、門の手前に講堂と新体育館、手前に各運動部の部室があったりする。
 ちょうど俺のいる校舎の北西あたりには整備された林があり、大体育館がある。
 教室を構成する校舎は『ロ』の字の形に建てられ、東、南、西、北に分かれている。
 ざっくり説明すると南は高等部、西は中等部、北は特別教室(理系)、東は特別教室(文系)となっている。
 さて……、緊張を解きほぐそうと周りを見回したが、高鳴る鼓動はおさまる事を知らない。
 正直女の子と帰るなんて初めての経験だ。ちょっと緊張するなぁ。
「おまたせしたなぁ、三室くん。帰ろか?」
 茶の革靴を右手人差し指で履き、こちらに声を掛けるのは、最強のメガネっ子山科さん。
 関西弁でメガネと来ると、最強と思えるのはなぜだろう。
 これで『おさげ』なんて装備されたら『無敵』になりそうだ。
「ん? おさげってなんや? カオルくんおさげ好きなんか?」
 いつの間にか横に立ち、顔を見上げる山科さん。――って、今、声出していたのか。
「うち、おさげできるほど髪の毛長ぁないからなぁ」
 山科さんは自分の髪を弄りおさげを試みて、くるくるっと髪の毛を玩んでいる。
 俺の身長が百七十五センチちょいだから、百六十センチくらいだろうか?
 こげ茶と灰色の中間色のブレザー、スカートはスエードっぽい生地の黒で膝上スカート。学校指定の黒の靴下が膝のすぐ下まで伸びている。
 真冬などはブレザーの下に生成り色のニットセーターを良く着ている。
 今は春だし白のブラウスが主流で、薄い緑のリボンが小さく蝶結びされている。
「なっ、なんや。そないジッと見んといて」
 顔を真っ赤にする山科さん。抗議の目が上目遣い。そういう属性持ちの男なら一撃で撃沈されるだろう。
「うん、ごめんごめん。なんか女子と帰るなんて縁遠くって……」
 そう言って言い訳したが、実際頭の中はパニック寸前で、何を話したら良いか分からない。
 だが山科さんは不思議そうな顔で俺を見つめる。
「なんや、意外やな。割と女子に人気あるって噂聞くけどな」
 そう言いつつ意外そうな顔を見せる。
 それは初耳だ。牧野が人気あるのは知っているけど、俺の噂なんて聞いた事ない。
 実際この学校に入ってから女子と話した記憶は数少ない。今でも何回か覚えているくらいだし。
「けどあんまり女子と話さへんタイプみたいやし、そない気を発しとったら普通の子はよう近寄られへんのとちゃうか?」
「気? 霊気の事?」
「せや、素人さんはうちらと違い目に見えへん。けど肌で感じるもんやで?」
 なるほど。俺の霊気は人より強いのは見ていれば分かる。だが見えない人には判別つかないものだと思っていた。
 一般的に独特のオーラを持つって言われるタイプだ。霊気の強さで近寄り難いと言われると、なんとなく頷ける気がする。
「さっきも考えなしに教室に顔出して、後からクラスの子に冷やかされたんや。その情報はその時聞いたもんやから、割と真実味ある話やと思うで?」
 初めて耳にする情報が色々出てくる。女子と話をするとこういう、普段知り得ない話も聞けるのか。
 明日さり気なく堤さんにフォロー入れておこう。今後も彼女と話せないなんて悲しすぎるもんな。
 俺は決意を固め、山科さんを伴ない帰宅し始めた。
 正門を抜け駅に向かうのかと思えば、山科さんは反対の方向を指差し歩き出した。
「ごめん。さっきの神社に用事があるんや。昼間は三室君が登場して気が失せてもうたから」
 そう言って両手を合わせ軽くウインクする。
「俺の事、カオルと呼んでくれないか? 三室くんって呼ばれるとどうも肩が凝る」
「そか、それじゃカオルって呼ばせて貰うわな?」
 山科さんは学校を出て八十神神社の方面へと歩き出した。
 鎮守の杜にある鳥居を抜け、迷いも無く石段を登っていく。
 登った所は昼間の境内。外界と遮断された清浄な空間が拡がっている。
「なぁ、気が付いた? ここ、ええやろ?」
 両の手を大きく広げ深呼吸しくるっと一回転して微笑みかける。
 周りの緑と相まって、本当に山科さんが森の精霊のように思えた。
 良いというのはこの神社を取り巻く霊気のことだ。いや神々しい気は神気と言った方がしっくり来る。
 濃密な神気は湿気を帯びた空気のように肌を撫でる。
「うちのお気に入りの場所なんや」
「うん、俺にもここの良さが分かる。神々しい気が満ち溢れているね」
 胸一杯に空気を吸い込むと、体の中から嫌なものが消えていくような気がした。  山科さんも目を閉じて深呼吸をし、体が浄化されていくことを楽しんでいるかのように見える。
 思う存分深呼吸し、満足気な山科さんに問いかけた。
「山科さんは美咲さんと仲間って言ったよね。二人で魔物を退治しているのか?」
「ちゃうちゃう、うちら二人と半人前あわせて三人や。一人は偏屈で才能有り余っとるのに退魔士の資格を取っとらへんねん」
「たった三人であんな魔物と……」
 美咲さんに山科さん。どちらも修行を積んでいるとはいえ普通の女の子。
 そんな女の子がこの地を護るために戦ってくれている。
 俺は命惜しさに抗っているだけ……。この子達に不利な状況を作り出している。
「率直に聞く。俺が邪魔か?」
 美咲さんは魂喰いに餌を与えず、範囲を狭めて魂喰いを追い詰めていると言っていた。
 そんな中俺のような存在は、正直邪魔に思えるはずだ。
 だが山科さんは俺を横目に見て、プッと吹き出し口元を押さえた。
「おもろいな、カオル。普通の神経やと自分から逃げ出すっちゅうのに」
「そこで笑うかな……。結構真面目に考えているんだけど……」
「ごめんごめん。美咲が言ってた通りの子やから、つい……」
 美咲さんは俺の事をどういう風に伝えているんだ?
 失笑されるほど変な行動を取っているとは思えないのだが、彼女達には道化に見えてしまうのだろうか。
「正直、うちはカオルがここにいる方が楽やな」
「それはどういう事?」
「カオルの他にも能力を持ってる者がいないとは限らんし、目の届く範囲に置いた方が楽でいいと思わん?」
「釣り針には餌がいる。そういう事か……」
「悪い言い方をするとそうや。でもうちらが釣竿握ってる限り、アイツの好きにはさせへんつもりやで」
 山科さんの口調はおどけて聞こえるが、目は真剣そのものだ。
 美咲さんが見せていた強い信念のようなもの。そんな気持ちを山科さんも持っている。
「よし分かった。と言うことで護符を――」
 俺の伸ばした手をペチンと叩き落す山科さん。ジト目で睨み口を戦慄かせている。
「このタイミングでそれを口にするとは……。結構厚顔ちゅうか、ボケやとすると中々の切れ味やな」
 意味不明な言葉を呟き、懐から紙束を取り出した。
 あの制服の内ポケットって、未来から来た猫ロボットの四次元ポケットみたいだ……。
 銀行員が札束を扱うように、手馴れた手付きで紙束を広げる。
 朱印に厳しい毛筆体。俺が喉から手が出るほど欲しい護符だ。
 山科さんはそのうちの一枚を手に取り、意地悪い表情で俺を見つめる。
「さてここで問題です」
「ええっ! いきなりクイズ?」
 山科さんはジャジャンと効果音を口ずさみ、俺のツッコミにも動じない。
 ジッと数秒溜めを作ると、第一問を口にした。
「魔術でいう呪文、神道ならば――何?」
「――祝詞奏上、言霊」
 簡単すぎて話にならない。
 俺の愛読するオカルト本にもそう書かれているし、日本人の常識だ。
「なんや知っとったんか。正解!」
 山科さんは手に持った護符を一枚手渡してくれた。
 クイズに正解すると一枚貰えるわけか、これはいいシステムだ。
「ではでは第二問――」
「ええい、第三問――」
「ジャンピングチャーンス! 第十問――」
 俺は山科さんの出すオカルト系問題に正解し続けた。
 手にした護符は十三枚。ジャンピングチャンスが美味しかった。
「知識だけは一丁前やと聞いとったが、ほんまみたいやな」
 息を切らせ俺を睨む。悔しさが表情に滲み出ており、少し涙目になっている。
 俺の愛読書って知識の宝庫だったんだ。……凄いな、世界の摩訶不思議百科。



BACK   NEXT   TOP

ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.