BACK   NEXT   TOP


『009 退魔士 山科由佳』

 翌朝、目覚まし時計が鳴る前に目が覚め、部屋の様子がいつもと違う事に気が付いた。
 いつもより空気が美味く感じる。例えるなら森の木々の囀りを聞き、胸一杯に新鮮な空気を吸い込んだような気分だ。
 俺は手探りで目覚ましのスイッチを叩き、清々しさのあまりベッドから跳ね起きた。
 変化の原因ならおおよその見当は付いている。壁に貼り付けた護符の効果だ
 魔を退ける結界と聞くと堅牢な壁を想像するが、この護符は清浄な気を発する事で穢れを寄せ付けない。
 これがあれば妙な物音も聞こえないし、不躾な霊が部屋を通り抜けることもない。
 霊感の強い者にとっては安眠グッズに匹敵するアイテムといえる。
 俺は護符に拍手を打って感謝する。
 美咲さんが護符の類を沢山持っていたのは、こういう効果を期待してのことかもしれない。
 気分良く部屋を出てリビングへと向かう途中、ふと気になる事を思い出し玄関へ引き返した。
 そして靴の踵を踏みつつ外へ出て、投函されたばかりの新聞を手にした。
 昨日の事件……。新聞でどう扱われているのか、倒れた人々は無事だったのか。
 美咲さんは大丈夫と言っていたが、最後まで見届けずに帰ってしまったを少し後悔していた。
 新聞の見出しを右から左へと移し、大きな文字を目で追った。
 代議士の汚職事件、元秘書逮捕。深夜の連続放火事件。大企業の民事再生法適応……。おっ、あった。
 うっかりすると見落としてしまう最下段、一枠百文字程度の記事で、新聞の扱いとしては下の下だった。
 内容は『地下街の空調機器故障、通行者が不調を訴え近くの病院へ搬送』とある。
 書き方によっては大きな事故として扱えるが、極力目立たぬように表現を抑えてある。
 あの時昏倒していた通行人は数十から百、普通に考えればこんな小さな記事では済まない大事件だ。
 霊的な事件は秘匿隠蔽されると言っていたが、まさしくその通りになった。
 新聞のレイアウトにもその意図が伺えた。
 すぐ上には大きな事件の見出しがあり、自然とそちらの記事に目が行くように仕向けられている。
 退魔士を取り纏めている機関は、学校でテストを実施させ才能の発掘し、事件になれば警察関係者を動員する力がある。
 魔物の討伐に対する報酬も国税で賄われているらしいし、どこかの省庁内部で秘密裏に組織化されているのかもしれない。
 この記事の扱いを見ると、報道関係にも深く係わり合いがあるように思えるな。
 新聞記事を読んでスッキリするどころか、酷く悶々とした気分にさせられた。
「ああっ、折角の清々しい気分が台無しだ」
 玄関に引き返して靴を脱ぎ捨て、リビングのテーブル横にある本立てに新聞を放り投げた。
 台所には珍しく葵の姿があり、上機嫌で朝の支度をしている。
 妹は低血圧でもないのに目覚めが悪く、朝はいつもギリギリまで布団に潜っている。
 葵の部屋にも護符を貼ったが、俺と同じく効果テキメンだったらしい。
「珍しいな、この時間に葵を見かけるのは五年ぶり位じゃないか?」
「酷い! 私もたまには早起きするよ。今日はお母さんがいないから、朝の支度しないとと思ったのに!」
 葵は危なっかしい手付きで葱を刻み、火にかけた鍋の様子を窺っている。
 包丁捌きが下手なのは母さん譲り。だが見た目は悪いが味は中々のモノを作る。
 俺は手を洗い茶碗を用意しつつ、もう一人の家族の事を思い出した。
「親父はまだ寝てるのか?」
「枕元に作りかけのプラモデルがあったし、結構夜更かししてたみたい。声を掛けてもウンともスンとも言わなかったよ」
「四十前でプラモかよ……、自営業は気楽でいいな。どうせ店の子らに開店準備を任せて昼出勤するんだろ?」
 親父は駅と連結した大きなショッピングモールで楽器屋を営んでいる。
 楽器なんてそうそう売れないと思われがちだが、学校関係の納品物や、音楽を志す若者達に重宝がられている。
 親父は何箇所かツテがあれば、営業なんてしなくても左うちわで暮らしていけると豪語していた。
 今はアニメの影響でギターが売れているらしい。世の中なにがキッカケになるか分からんものだ。
「ちゃんと仕事には行っているみたいだし、寝かしておこうか」
 二人分のご飯をよそい、カウンターに置かれた味噌汁をテーブルに運んだ。
 そして遅れて葵が手にしてきたのは、炙った鯵の干物に卵焼きだった。
「日本人はこうありたいな」
「激しく同意だよ。朝からトーストじゃ味気ないもんね」
 二人で合掌をして、典型的な日本の朝ご飯をいただく。
 包丁の入れが甘く、数珠繋ぎになった葱は減点対象だが、味噌汁の味付けは良い。
 さっと炙った鯵も、固すぎない卵焼きの火加減も申し分ない。
「ご馳走様、……腕を上げたな」
「お粗末さま。食べ終わった食器は流しに運んでね。後で一緒に洗うから」
 いつもなら洗い物はおにいちゃんやってね、なんて言い出すのだが、今日の葵は機嫌が良いらしい。
 お言葉に甘えて皿洗いを任せ、一足先に学校へ向かうことにした。



 俺達が通う私立星ヶ丘学園は、最寄りの駅から数駅。家から学校まで三十分程で行ける場所にある。
 俺は高等部二年、葵は中等部の三年として同じ学校に通っている。
 元々前身が女子高だったらしく、出席番号は女子から男子の順に並ぶ事、三学期制ではなく前後期の二部制だという事以外は他と変りない。
 偏差値が高めの学校にしては自由な校風であり、いわゆる文武両道、部活動も活発に行われている。
 男子の制服はありきたりのブレザー。女子も同じく茶系のブレザーだが、男子のと違い有名デザイナーの意匠らしい。
 学年によってリボンの色が違ったり、なにかつけ装飾アイテムが多い。これも女子高だった名残なのだろうか。
 教室に着くと今日の時間割思い出し、ロッカーに置きっ放しの教科書を取り出した。
 そして席に座ると同時に、牧野健太郎が爽やかな笑顔で寄って来た。
「うっす。生きていたか?」
 彼流のぶっきらぼうな挨拶だが、翻訳すると『おはよう、今日も元気でなにより』となる。
 牧野は前の空き席に座ると、ニヤニヤ顔を近づけた。
「妹のパンツを盗むなんて……、堕ちる所まで堕ちたな」
「ブッ!」
 俺は盛大に噴いた。
 その様子に気が付き何人かが振り向いたが、俺は努めて冷静を装った。
「お前はエスパーか?」
「葵ちゃんとメル友だって知らなかった?」
 牧野は携帯をチラつかせながら、メール履歴と見せつけた。
 ずらりと並ぶ葵のメール履歴。どうやら俺のプライベートは牧野に筒抜けのようだ。
「メールに書いてあったけど、大事件があったみたいじゃないか?」
 ――ドキリ。牧野の何気ない言葉に嫌な汗が滲んだ。
 死神との死闘の事、退魔士の事は誰にも言ってはいけないと釘を刺したのに……。
 俺達が霊を視る特殊な兄妹だと分かれば、昔のように奇異の目で見られる事になる。
 美咲さんの事にしても同じ。そういう事は他言すべきではないと理解していると思っていたのに……。
「我が校のアイドル天野美咲と……」
「勘弁してくれ……」
「一緒に飯を食いに行ったらしいじゃねぇか?」
 ガクッ……、なんだその事か。それなら差し障りがないし、別に迷惑掛ける事でもない。
「――ってぇ、どんだけ口が軽いんだ。あの馬鹿妹は!」
 俺は牧野から携帯を奪い、最新のメールを開いた。

 FROM:葵 TO:マッキー
 今日はおにいちゃんとお食事。わーい。
 そしたら偶然にも天野先輩と会って、一緒に点心を食べに行っちゃった。
 天野先輩って超美人。間近で見て感動しちゃった。
 マッキーも今度彼女さんと一緒に行くべし。
 すんごい美味しいんだから。
 
 PS:お風呂上がりに部屋に戻ったら、
 おにいちゃんが私の部屋にいたの。
 タンスの中の下着を見られちゃった……><。
 ハズカシー。兄妹でも見られるの嫌だよね。
 おやすみ ノシ

 俺は椅子から転げ落ち、突っ伏してしばらく立ち直れなかった。
 いや嘘は書いていない。だが真実も書いていない。少しはフォローして欲しかった。
 これではまるで本当に妹の下着を物色した兄のようじゃないか。
「マッキー……さま」
「その呼び方を許可しているのは葵ちゃんだけだ」
「信じてないよな?」
「なにが?」
「俺が……その……パ……」
「ああ? パンツの事か? あんなカワイイ妹がいたら俺でもやっちゃうさ。出来心だろ?」
「違う! 事故だ!」
 俺は牧野に事件の詳細を伝えた。もちろん護符の事や霊の話は抜きにして……だ。
 疑わしい目を俺に向けていたが、渋々だが納得してくれた。
 俺は朝からドッと疲れが押し寄せ、机に突っ伏した。
「そういやさ、学校の近所に神社あったよな」
 俺の相手に飽きたのか、立ち去ろうと腰を浮かした牧野に話しかけた。
 敵と戦う為の武器。塩爆弾だけでは心許ない。御守りか護符を買っておこうと思ったのだ。
「おお、八十神(やそがみ)神社か。正門を駅と反対の方角に行った所にあるな」
 聞くところによれば、部活のランニングコースでその前を通るらしい。
 牧野はモデル風な優男に見えるが、合気道部に所属する体育会系なのだ。
「お前の言う通り、俺の運勢は大凶らしい。昼休みに抜けて厄払いに行ってくるわ」
「マジか? 昼もお前を弄って遊ぼうと思ったのに……」
「……もう勘弁してくれ」
 俺は力尽きて目を閉じた。
 正直授業がどうだったかなんて記憶に残っていない



 昼休みを告げる終業のチャイムが鳴り、予定通り学校を抜け出した。
 俺達の高校は山裾にあり、周りには歴史を感じる古民家が建ち並んでいる。
 コンビニも無ければ、駄菓子屋の一つも無い。娯楽とは無縁の環境なのだ。
「正直このまま授業を受けていても、なんも耳に入らない」
 死神を使役した能力者、霊を祓う事を生業とする退魔士、そして美咲さんのことが脳裏に浮かぶ。
 そう……まだ見ぬ能力者に脅威を感じているのだろう。
 怯えて暮らすのは真っ平御免だ。ならば策を用意して待ち受けよう。
 八十神(やそがみ)神社。
 鎮守の杜に小さな鳥居が一つあって苔の生す石段がある。ありきたりな神社の姿をしている。
 だがこんな清浄な気を発する寺社は初めて見た。ここは確かな神社なのだろうと当時の俺は思ったのだ。
 鳥居をくぐりぬけると、普通には感じることの出来ない神気に充ち溢れ、境内には手を清める手水舎と拝殿があった。
「――!」
 境内に一人の参拝者。制服とリボンの色で同学年だとわかる。
 木々と対話するように見上げる女の子が、俺の目には鎮守の杜の精霊のように思えた。
 その子が気の済むまで物音を立ててはいけない。それほど神聖な儀式のように思えたのだ。
 だが見とれるのはそこまで。女の子は俺に気が付いたのか、肩の力を抜いて俺に向き直った。
 メガネ越しに見える意志の強そうなツリ目。肩でバッサリと切り落としたナチュラルヘア。
 俺はこの子を知っている。C組の山科さんだ。
 山科さんはツカツカと足早に俺のもとに歩み寄り、物凄い剣幕で捲し立て始めた。
「穢れた体で神社に足を踏み入れたらアカン。常識疑うわ。ちょっと()ぃ!」
「ちょ、ちょっと!」
 山科さんは俺の静止も聞かず、制服の袖を引っ張られ手水舎に連れて行かれた。
 山科さんは杓子で手水をし、懐から取り出した半紙で手を拭う。そして水を汲んだ杓子を目の前に差し出した。
「あんたの手、酷く穢れとるで? 手ぇ洗い!」
「あ、はい……」
 俺は言われるがまま、山科さんが止めるまで何度も手を洗わされた。
 十数回もそれを繰り返し、今度は両手で受ける仕草を交え、うがいをせよと睨んできた。
 これまた一度や二度では済まされなかった。
 俺は柄杓が止まるまで、うがいをし続けた。
「綺麗にしとかんと、神社に穢れが移ってしまうやろ?」
「ひゃい……」
 俺はコテンパンに言葉で嬲られ、立ち向かう気力さえ失われていた。
 山科さんは再び胸元から半紙を出し、俺に手渡してくれた。
「手水舎の横にたとう紙を放る場所が用意されとる。ここに捨てとき」
 指さされた小さなゴミ箱に半紙を捨て、やっと開放されるかとホッと胸を撫で下ろした。
 だが山科さんは俺の顔をジッと見つめ、ニヤリと笑って俺の胸を小突いた。
「あんた写真写り悪いなぁ」
「はぁ?」
 山科さんは意味不明な言葉を吐き、生徒手帳から一枚の写真を取り出した。
 何度もコピーを重ねたような焼き増しの写真。そこには俺の顔が写し出されていた。
「二年B組 三室カオル 成績は中の上。部活動なし、彼女なし。修行の積まずに魔物と戦おうとする変な子や」
 ズラズラと俺のプロフィールを口にする。
 彼女なしってセリフにちょっと堪えたが、山科さんてもしかして……。
「山科さんってその筋の人?」
「アホ。こんなヒント一杯やのにその程度の推理か? ほんまボケボケやなぁ。うちは美咲の仲間や」
 写真を生徒手帳に挟み、呆れた顔を見せる。
 なるほど、美咲さんの仲間なら俺の事を知っていても可笑しくない。
 あの写真は生徒手帳用に学校で取られたのと同じだ。どこで手にいれたのだろうか。
 俺はピンとある事に気が付き、躊躇いながらもそれを口にした。
「もしかして神道の護符を作った退魔士って……」
「そや、美咲の持っとる護符はうちのや」
 俺は感動のあまり山科さんの手を握り締め、尊敬の意を表した。
「あの護符スゴイっ。あんなの作れるなんて尊敬する!」
 俺は山科さんの手をブンブンと振り回した。
 山科さんも最初は驚いていたものの、賛辞の言葉に満更でもない様子だった。
 俺は程よく褒め殺しにしたのを見計らい、今日の目的を手早く完了させようとした。
「あの護符、俺にも頂戴」
「断る!」
「……ケチ!」
 即答でお断りされてしまった。
 その時、昼休みの終わりを告げるチャイムが鳴り響いた。
 ああ……、俺の昼休みが手洗いとうがいに終わってしまった。
 ガックリとうなだれ踵を返そうとした時、山科さんが大笑いし腹を抱えた。
「美咲の言う通り、面白い子やな。うち、そういうの嫌いやないよ」
「笑うことないと思うんだけど……」
 意気消沈した俺にトドメの一撃をくれた。
 だが山科さんは笑い飛ばすだけではなく、悩める子羊に愛の手を差出してくれた。
「あんたの置かれてる状況は知っとる。護衛して帰ったるから一人で帰ったらアカンで?」
「マジっすか?」
「うちの機嫌次第では、護符を書いてあげなくもない」
「やった!」
「放課後、靴箱出た所で待ち合わせしよか?」
 捨てる神あれば拾う神あり。山科さんが天使に見えた。
 山科さんはにこやかにそう言い残し、足早に学校へと戻っていった。
 俺は武器調達に望みを繋げ、嬉しさのあまりガッツポーズを二度した。



BACK   NEXT   TOP

ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.