BACK   NEXT   TOP


『008 もう一つの赤い月』

 食事を終え飲茶店を後にし、自宅の駅に到着した頃には午後九時を過ぎていた。
 その間も俺は美咲さんと会話を続け、文献では得ることの出来ない情報を聞き出していた。
 どれもこれも非日常的な話で、言葉通りに受け止めることが出来ない。
 消化不良になってしまう前に、一度頭の中で情報を整理したい。


 まずは守人と退魔士。
 守人は日本の各地に点在し、その地方を霊的事案から守護する一族のこと。
 彼らは霊的な災いからその土地を守るだけではなく、門戸を開き霊力を高める技法や体術などを広めていた。
 中には霊気による治癒を生業とし、生き神と崇められた者もいるのだとか。
 美咲さんはその守人の末裔らしく、子供の頃から修行を重ねていたそうだ。
 だがそうやって家業を継ぐ者もいれば、その道を離れ別の生き方を選ぶ者もいる。
 残念ながら現代では守人と呼ばれる者は一握りしか残っていない。
 そうなると霊的なものから守護する者が手薄になる。
 悪霊、魔物の類は直接的な災いだけはなく、人の心に深く作用する厄介な奴もいる。
 精神不安や殺戮衝動を人々に植え付け、民衆を扇動する性質の悪い奴だ。
 歴史に残る大きな政変や事件には、そういった事がキッカケとなり引き起こされたものも多いのだとか。
 事を重んじた時の政府は守人に代わる守護者を欲し、才能のあるものを登用する退魔士制度が確立された。
 政府は霊力の芽生える幼少の頃から、退魔士足りうる優秀な人材を発掘した。
 美咲さんが言っていた能力テストもその一環で、皆は知らない間に(ふるい)にかけられ選別されている。
 退魔士は能力別にAからFのランク付けされ、対する魔物もそれに見合った格付けがなされる。
 彼らは自己の能力に見合った案件を選び、討伐し高報酬を得るシステムを作り出した。
 ここで問題なのが報酬額。危険に見合う報酬を得ることが出来なければ、守人と同様に廃れてしまう。
 死神を討伐した報酬が高額であったように、危険に見合った額が用意されている。
 当然報酬額は難易度により倍増する。Fランクの討伐対象が百ならばAランクは千、桁違いの報酬が支払われる。
 だが折角の報酬も場合によっては支払いを拒否される場合がある。退魔士ランクに見合わない討伐対象を仕留めた場合だ。
 政府は折角発掘した人材を失いたくない訳だし、無謀な討伐には制限をかけなくてはならない。
 ランクAとB。どちらも退魔士ランクでは上位だか、その実力差は有段者と白帯以上の力量差があるらしい。
 当然討伐対象も同じ。格上の敵と戦うのはそれほど危険を伴うことなのだ。
 だけど全く無意味ではないらしい。人は日々成長するものだし、その時々の実力はアルファベットの六段階では分類出来ない。
 上位の敵と十分に戦う力量を持っていれば、その退魔士の格付けに不備があると判断され修正される。
 実力を測るには試験を受けなければならない規則らしいが、そうやって昇格していく者も多いのだとか。


 次は死神と『魂喰い』という能力者の事、そして俺の今後だ。
 突如として地下街に現れた魔物、死神の姿をした瘴気の塊は、魂喰いと呼ばれている敵の能力だと教えられた。
 信じがたいことだが、あの死神は悪霊、魔物の類ではない。人が作り出した瘴気の塊なのだ。
 俺の愛読する文献にも、人の作りし念は時として魔物を凌駕すると書かれている。
 古くは源氏物語。男を想うあまりに生霊化し徘徊する女の話。
 源氏物語は架空小説だが、人の情念は恐ろしいものと口伝されていたことが窺い知れる。
 実際悪霊も元をただせば人の残留思念だし、現に人の多い場所では眩暈がするほど雑念が渦巻いている。
 魂喰いと名付けられた能力者は、人を殺めその人の持つ能力を奪う特殊能力を持っている。
 あの死神も魂喰いが喰った……、霊気を具現化する能力者のものらしい。
 退魔士を司る省庁は彼に討伐対象Aとランク付けし、それに見合った専任の討伐者を指名した。――それが美咲さんだ。
 口には出さないが退魔士の討伐ルールから鑑みるに、美咲さんは退魔士ランクAであり、その中でも省庁からの覚えが高い凄腕だということが分かる。
 美咲さんは幾度となく魂喰いと戦闘を重ね、裏ではこの地域から能力者を退去させるという持久戦に打って出た。
 敵は能力アップを図れず、美咲さんに追い詰められていく。
 そこに絶好の餌が登場した。そいつは魔物を退ける力も持たない素人で、そのくせ並み外れた霊力を持っている。
 だが所詮は素人。次に対峙すれば必ず仕留める事が出来ると思われたに違いない。いわば敵からすれば喰いやすい人間だ。
 必ず狙われるとは限らないし、その程度の人間を喰った所で能力アップ出来るとは到底思えない。
 だが可能性はゼロではない。相手は追い詰められた手負いの獣。何をするかなんて誰にも予想できないのだ。


「その素人が俺か……」
 見上げた夜空には赤い月が一つ、俺の未来を象徴しているかのように不気味な光を発している。
 ふと気付くと怪訝そうな目を向ける葵、そして少し心配げな表情で見つめる美咲さんの顔があった。
「じっと黙りこくったと思ったら、なに物憂げな表情しているかなぁ」
 葵はそう言い笑いを堪えた。俺が次に狙われるかもしれないなんて思っても見ないのだろう。
 美咲さんはつられて苦笑するが、どこかしら不安げな表情を見せる。
「こういう事件があった後は、気が大きくなりがちだ。勝って兜の緒を締めよ。そんな気分でいただけだ」
 それは俺だけではなく、恐らく美咲さんも同じ気持ちでいる筈だ。
 美咲さんは何も言わず一緒にいるが、家まで護衛してくれているのだと思う。
 敵に隙を与えない強い意思表示。そんな強い気持ちが伝わってくる思いがする。
 正直付き添って貰えて俺はホッとしている。手は痺れたまま思う通りに動かないし、今襲われたら何の対抗策もない状況だ。
 震える指に鞭を振るい、ギュッと力を込めて見た。
 時間と共に感覚が戻っているのは分かるが、今の握力は葵にすら及ばないだろう。
「手……、痛みますか」
「さっきよりはマシだけど、今は誰とも握手したくない気分」
「霊気を与えれば治りますが、自己治癒能力を損なう事になりますからね。……我慢ですよ」
 美咲さんがいうには、霊気の強さは二つの要素で成り立つらしい。
 一つは密度。濃さと言う方がしっくりくるが、一般的に強い霊気とはこの事を指す。
 もう一つの要素は回復力。損なわれた霊気が元に戻る早さだ。
 残念ながら俺の回復力は人並み。なまじ霊気が濃いおかげで、一度霊気を損なうと人より回復が遅い。
 回復力は水道の蛇口、霊気の強さは浴槽といった関係が頭に浮かぶ。
 美咲さん曰く、回復力が悪いのは蛇口が錆付いているからで、時には風呂を抜き水を注ぐ習慣を付けないといけない。
 この二つの要素がある程度高まれば、瘴気を祓える強い霊気になるそうだ。
「単純に纏う霊気の濃度だけではなく、それを放出し続ける事が必要って事だね」
「はい、概ね正解です」
 美咲さんの白の霊気は光の三原色みたいなものだな。
 元々は緑に近い色だった霊気も、強く高まってだんだんと白に近づくって訳だ。
 幸か不幸か俺と葵は常人より濃い霊気を纏っており、瘴気の蚊柱から難を逃れることが出来た。
 敵を退けるほどの霊力は無かったが、回復力が上がれば連発が効くし、相乗効果で霊気の強さも増す可能性もある。
「美咲さん、見送って貰ってありがとう。助かった」
 俺は三室という表札を指差して一礼し、家まで辿り着けたという安心感が顔を綻ばせる。
 美咲さんも安堵の表情で息を吐き、鞄から紙束を取り出し手渡してくれた。
「護符?」
「ええ、神社で手に入れることが出来る護符です。効果は段違いですけどね」
 美咲さんは横目で葵を一瞥し、俺はニヤリと微笑んで頷いた。
「え? なに? 二人して……」
 一人、葵だけは怪訝そうな表情で二人の態度を不審がる。
 確かに葵を眠らせた護符の効果は目を見張るものがある。あれは『安眠、快眠』だったけど、この護符はどういった効能があるのだろうか。
 手渡された護符を門灯の光にかざしてみた。護符にはそれっぽい朱印が押され、『鉄壁、結界』、そして裏をひっくり返すと小さな字で試作版と書かれていた。
「試作?」
「…………家の中、東西南北に貼っておけば、霊の類はシャットアウト! とても安心です」
 美咲さんは目を逸らしつつ使い方を教えてくれた。
 試作とはいえ神社の護符より効果は高い。これで枕を高くして眠れると思えば、試作版の護符でさえ有難く見えてくる。
 俺は深々と頭を下げ、恭しく護符を受け取った。
「明日学校でもう少し詳しい話を聞けるかな?」
 手を振りながら、去ろうとする美咲さんに話し掛けた。
 美咲さんはぺコリと頭を下げるだけ、何も言わずに夜の闇へと消えていった。
 彼女の去った方向にもう一度頭を下げ、隣に佇む葵と共に玄関をくぐりぬけた。
「風呂入りたい。旋毛の所にまだ塩が残ってる」
 葵はスリッパをパタパタと鳴らし、洗面所の方へ向かった。
 俺は自室ではなくまず台所に向かい、戸棚の扉を開いた。
 うちの母は料理が苦手だが、やろうとする意思は強い。調味料の類も豊富に取り揃え、迷うほど揃えている。
 腕が無い分材料で勝負なんて軽口を叩いているが、見た目は悪いが味は美味い。
 そんな母がこだわるのは料理のさしすせそ。俺のお目当ては塩、天然の粗塩だ。
 粗塩を袋ごと鷲掴みして、小ぶりなラップと輪ゴムを掴んだ。
 そして葵に覚られないよう自室に持ち込み、塩袋を机の上に乗せた。
 食卓塩では効果が薄かったが、最初に投げつけた天然塩はかなり効いたと思う。
 次があるという確証はないが、備えあれば憂いなし。塩爆弾を何個か作っておこうと思う。
 ラップを程よい大きさに切り、その上に塩を一握り、丸めて輪ゴムで止めれば塩爆弾の完成だ。
 最初は二、三個のつもりでいたが、なんとなく勢いに乗り、気が付けば二十個程の塩爆弾が出来上がっていた。
「うむ! 万全だ」
 空になった塩袋を丸めてごみ箱に放り込み、鞄の中に数個詰め込んだ。
 いい仕事をしたと額の汗を拭い、ふと手渡された護符を思い出した。
「東西南北に貼っておけって言ってたよな。リビングと俺の部屋、親父のガラクタ部屋と葵の部屋に貼って置けば問題ないか」
 指差し確認で東西南北を確認した。
 どうやって護符を壁に貼り付けようかと思っていたが、護符の裏にはあらかじめ両面テープが貼られており、めくりやすいように角が折られていた。
「この護符の製作者。結構マメな性格しているな。一度会ってみたいものだ」
 美咲さんの仲間だそうだが、達筆すぎて年齢や性別が読み取れない。
 えいとばかりに壁に貼付け、手を離してから少し後悔した。
「しまった……、ポスターで隠すとかカモフラージュすることを考えてなかった。これは不気味すぎる」
 まあ貼ってしまったものはしょうがない。これはこういうものと諦めるか。
 気を取り直してリビングへと向かい、キョロキョロと辺りを見回す。
 丁度いい方向にカレンダーが貼られている。あれの下に貼っておこう。
 完全にカモフラージュ出来た事に気を良くし、親父のガラクタ部屋へと向かった。
 父母は書斎と呼んでいるが、俺と葵はガラクタ部屋と呼称している。親父が趣味で機械いじりをするための工房なのだ。
 両面テープを剥がしなんのためらいも無く壁に貼り付けた。この部屋は汚すぎてカモフラージュの必要なし。
 最後に葵の部屋。流石に妹だとはいえ性別は女。色々と気を使わねばならない。
 いきなり扉を開けたら死亡フラグが立ち、こっそり母に相談なんかされてしまう。
 俺は扉の前に立ち深呼吸を一つ入れ、ノックをしてしばらく待った。
 だが中から返答は無い。俺は扉のノブをそっと回し、ここ数年入ったことの無い部屋に足を踏み入れた。
 シンプルなピンクのカーテンに同色のベッドカバー。壁には制服が掛けられ、机に上には読みかけの少女漫画が伏せられていた。
 なんのひねりも無い女の子の部屋だが、俺にとっては予想外。雑な葵の事だから、散らかりっぱなしの汚い部屋かと思った。
「そういや風呂に入りたいと言っていたか」
 妹不在の理由に思い当たり、納得し作業を開始する。
 丁度良い方角には机とタンスが配置されている。流石に机の前に貼るわけにはいかない。不気味すぎて気が散ってしまうからな。
 となるとタンスの裏しかない。机とタンスの間に潜り込み、壁に頭を擦り付けてタンスとの間を覗き見た。
 手を入れるにはちょっとキツイが、タンスを若干前に傾ければなんとかなりそうだ。
 右手でタンスを前に傾け、両面テープを歯で毟り取り、左手を隙間にねじ込んで護符を貼り付ける。
 息を荒らげてタンスと机の間から抜け出した時、息を呑むような悲鳴が耳に入りふと振り返った。
「あっ、あうっ……」
 風呂から戻った葵は扉の前に立ちすくみ、口をパクパクと動かして声が出ない。
 何故か涙目の葵が見つめる方向にはタンス。
 タンスは傾けたせいで引出しが半分開きになっており、中には折り畳まれたかわいらしいパンティとブラジャーがあった。
 ――待て。待て、待て、待て。ちょっとマテ。冷静になって今の状況を見つめ直してみようか。
 妹不在の部屋に入り、タンスを開けて下着を物色する兄。しかもちょっと息が乱れている。そうかそうか……。
「ちょ、ちょっとタンマ!」
「いやぁぁぁぁ!!」
 俺の台詞は葵の悲鳴によってかき消され、部屋の片隅にあったモップで死ぬほど叩かれた。
 キチンと説明し納得させる頃には、立ち直れないほどの心の傷を負っていた。
 やっぱり牧野が言う通り、今日の運勢は大凶だった。



BACK   NEXT   TOP

ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.