BACK   NEXT   TOP


『007 案件A1210 魂喰い』

 たった二百万か……、確かに命の値段と考えれば安すぎる。
 書き終えた紙をジッと見つめ、数時間前を振り返った。
 あの時は葵だけは助けたいと、必死で戦えたから今こうしている。
 美咲さんは命の値段と言ったが、これは俺だけの値段ではない。葵の命も含まれた価格なのだ。
 いや俺達だけじゃない。あの時あの場にいた人全ての……。
「美咲さん、やっぱこれ受け取れない」
 メモ帳のページを引き千切り、力一杯握りしめた。
 クシャクシャに丸めた紙をテーブルに転がし、メモ帳とペンだけを押し返した。
 隣で目を丸くしているのは葵。開いた口が塞がらないといった風にその様子を見つめていた。
「おにいちゃん正気? 二百万だよ?」
「ああ、正気だ」
「時給八百円換算で二千五百時間分だよ? 百日間不眠不休で働いても稼げない金額だよ?」
「それでも受け取らない」
 高校生がいくらバイトに励んでも稼げない金額だと理解している。
 だが受け取る気はサラサラ無い、その気が失せてしまったのだ。
 受け取ってしまえば俺と葵を貶めてしまう……、そんな気がするのだ。
「あ~あ、言い出したら聞かないんだから……。あとで後悔しても知らないよ」
 葵は肩を落としガッカリと椅子に座り直した。
「美咲さん、そういう事だから――」
「そう……」
「どうかした? 美咲さん」
「金に目が眩み平気で人を裏切る時代。そういう気概は嫌いではありません」
 テーブルに転がった紙に手を伸ばし、広げて丁寧に皺を伸ばした。
 そしてその紙を四つ折りにして、そっと鞄にしまい込んだ。
「残念だけどカオるんの行いを快く思っていない人もいます」
「……それはどういう事?」
「それは……」
 美咲さんの目に戸惑いが伺える。
 俺達に話して良いのか計りかねているように思える。
「いえ、それでも話さないといけませんね」
 美咲さんは鞄の中に手を突っ込み、葵の顔をジッと見つめる。
「葵さん、ちょっと……」
「……なんですか?」
「もうちょっとこちらへ」
 鞄と手はそのままに、左手の指を動かし葵を呼び寄せた。
 あからさまに怪しい動きだが、葵は餌に釣られる猫の如く身を乗り出した。
「えい!」
 美咲さんは掛け声と共に、鞄の中から紙切れを取り出し葵のおでこに貼り付けた。
「あぅ……、みさ……、酷っ……」
 葵はおでこに貼り付けられた霊符へ手を泳がせた。
 だがどうも様子がおかしい。取り払おうとした手は徐々に力を失い、瞼はゆっくりと閉じていく。
 そしてテーブルに突っ伏し眠りこけてしまった。
「ご心配なさらず、安眠・快眠の霊符です」
 葵のおでこにペッタリ貼り付いた霊符をマジマジと見つめた。
 お札は神社で手に入るような霊符。朱印が施され本物っぽい。
 だが残念な事に「安眠成就、快眠祈願」と書かれた文字がいかがわしさを醸し出している。
「この話を部外者に聞かせる訳にはいかないですから」
 美咲さんはにっこりと微笑みつつも、舌を出して肩をすぼめた。
 俺は蒸篭に顔を埋めた葵を抱え、椅子に座り直させた。
「俺は部外者じゃないんだ?」
 美咲さんは少し青ざめた表情でコクリと頷いた。
 その神妙な表情で、どれほどの危機的状況かを察することができた。
「あの地下街には予め警官隊が配備されていた。最初はテロだと勘違いしたが、あながち間違いじゃないって事か?」
「ご明察。死神は自然発生した魔物ではありません。能力者が具現化した霊気の塊です」
 あれが人の作り出した霊気? あんなドス黒い瘴気を人間が作り出したなんて信じられない。
 人の霊気は生まれ持った属性に左右され色付く。
 水ならば青、木ならば緑、火ならば赤、土ならば黄、金ならば灰といったように、体を取り巻く霊気の色が違う。
 俺は木行と火行の間で火に近い朱色。葵は水行と木行の間で澄んだ水の色をしている。
 美咲さんも葵と同じ水木の間だけど、木行に近い若葉の緑だ。
 生まれてから此方、あんな色を見たことがない。あんな色を出す精神って……。
「あれが人の……?」
「精神を高めると白に近く、逆に心が穢れると黒に近くなります」
 美咲さんは手のひらを広げて目を閉じた。最初緑だった霊気が光を増すにつれ白色なっていく。
 確か死神と戦った時も、白い綿毛のような霊気を発していた。
 これが高められた精神が作り出す霊気か……。
「強い霊気は弱い霊気に影響します」
「野球とか見てると良くあるよ。一人の選手が陰の気を吐いたら、他の選手に影響して勝てなくなる。逆のパターンも多いけど」
「そうですね。霊気と瘴気の衝突は伝染というより化学反応に近いです」
 美咲さんは手元にあったメモ帳を広げ、女の子らしくない達筆で文字を書き出した。
 そこには案件ナンバーA1210『魂喰い』と書かれていた。
「私達が退魔士省庁に依頼されている案件ナンバーとターゲット名です』
「魂喰いって縁起でもない。まるで悪魔のような禍々しい名前だ」
「彼は文字通り人の魂を奪い、その人の持つ能力を我が物にする力があります」
 才能のある奴を喰えば一夜にして才能が開花するってか。
 ピアニスト、画家、何でもなりたい放題だ。
 美咲さんはチラリと俺を一瞥し呆れたように溜息を吐いた。まるで理解していないといった風な表情だ。
「彼が私のような能力者を喰えばどうなりますか?」
「――!」
 それは厄介だ。
 美咲さんの技量は素人目にもかなりの腕前だと分かる。
 もしその力や霊気を喰われたら、美咲さん以上の退魔士でないと討伐出来ない。
 どこかで歯止めを掛けられたら良いが、後手に回れば何時かは手に負えない敵になる。
「そうか……」
「理解しましたか?」
「もし俺がアイツなら、才能のある奴を喰い力を付ける。願わくば一発逆転の才能を持つ奴を――」
「私はそんな餌を与えない。能力者がいれば力尽くでこの地区から排除します。持久戦ですから」
「そんな状況、『喰えそうな素人』が現れた」
「カオるんの力……、なんの修行もしていないのに、あれだけの霊気を扱えるなんて奇跡に近いです」
 そうか……。それで美咲さんは葵を眠らせたのか。
 葵にとっては刺激が強すぎる話だ。きっと葵も我が事のように心を痛めるだろう。
「俺がここにいれば俺が狙われる。そういう事だね?」
 力尽くで排除すると言った言葉、あれは本気だろう。
 俺の取るべき選択肢は限りなく少ない。
「俺の選択肢は街を去るか、何時現れるか分からない敵に怯えて暮らす事くらいか」
 美咲さんはニコリと微笑んで首を振った。
 そして人差し指をピンと立て、とんでもない言葉を吐いた。
「カオるんは瞠目すべき才能を持っています。その力を開花させ、逃げるのはなく抗うっていうのはどうでしょうか?」
 俺が美咲さんのように戦う?
 アイツを殴ることは出来ても消し去る霊力は無い。そんな俺が戦うなんて無謀極まりない。
「ちょ、ちょっと待ってくれ。俺にそんな才能があるとは思えない」
「そうですか? 私は見込みがあると思いますよ」
 美咲さんは財布の中から五百円玉を取り出し、ギュッと右手で握りしめた。
「手の中にある五百円玉が見えますか?」
 まるでエスパー研究、透視実験みたい。そんなの見える訳ないじゃないか。
 真剣な表情で手を突き出す美咲さんに、肩をすぼめて苦笑した。
「カオるん! あなたのためよ!」
 俺の態度を見て、温厚な美咲さんが一喝した。
 普段温和な人が怒ると怖いってのは本当だ。俺は美咲さんの剣幕に押され、襟を正して座り直した。
 俺に出来る唯一の才能といえば、霊気を読む事だ。
 見つめる手は緑の霊気を纏っている。だが握り込んだ中にはその緑を打ち消す別の属性があるように思える。
「見える訳じゃないけど、美咲さんの緑の気と違うものがあるのは分かる」
「見鬼の上に属性色をハッキリ見分けられるのね。凄い能力」
「だけど見えるだけじゃ戦えないよ」
 褒められ満更でもない気がしたが、見えるだけでは戦いようがない。
 せめて美咲さんのように強い霊気を纏わねば、魔物を消し去ることは出来ない。
「そうでしょうか? 見えるって事は重要ですよ」
 美咲さんはそう言って親指で五百円玉を頭上に弾いた。
 そして今度は左手でしっかりと受け止め握りしめた。
「今度は難しいですよ。五百円玉が見えますか?」
 あからさまなモーションだし誰でも分かる、そう良いたい。だが美咲さんの左手には別の属性を感じない。
 俺は更に目を凝らし美咲さんの姿を見つめた。
「美咲さんは持っていない。左も右も空っぽ」
 それだけは理解出来る。だがあのモーションでどうやって移動させたのだろうか。
 俺は微かに残る緑の霊気を追尾した。
 美咲さんの胸の前からテーブルに伸びる緑の残滓。気を抜くと消えて無くなりそうな微かな霊気だ。
 俺は点心の蒸篭を持ち上げ、テーブルに置かれた五百円玉を見つけ出した。
「凄い、長考の動きまで見えたんだ」
「長考……? 俺は微かに残る美咲さんの霊気を追っただけだよ」
「あう……、そうか。流石にそれは無理か」
 美咲さんはガッカリと肩を落とし、蒸篭の下にある五百円玉を摘まんでポケットに入れた。
 美咲さんの見えない動き。あれが『長考』なのだろうか。
「長考って?」
 シュンとしていた美咲さんだったが、ピクリと反応を返した。
 美咲さんも葵と同じ犬属性だな。耳が立った状態になった。
「将棋とか囲碁って知ってますか? よく朝のテレビでやってますよね」
 聞いて欲しかったのか、目を輝かせた美咲さん。
 少し興奮気味に話し出した。
「あれって交互に順番で打って行くんだけど。時々すごく長く考える時があるのですが、それが長考です」
 話が端的すぎて全然分からない。
 将棋の長考と見えない動きが頭の中で結びつかない。
「一秒でも一時間でも一手は一手なのです。でも現実世界では人と同じ速度で考えていたら長考にならない。だから人より速く考えることによって、相手より長く考える事が出来ます」
 そ、それって頭の回転が速いって事ではないだろうか?
「長考は、うちの家系に代々伝わる技の一つ。仙道由来の技だそうで、間合いを一瞬で縮めてたり回避したりする『縮地』と言う技の一種です」
 縮地ってのは聞いた事がある。道教の本か何かに書かれていた。
 現在の武術でも踏み込む足を覚らせないとか、筋肉の動きを読まれない動きは重要だ。
 中には筋肉を動かすより、倒れこむような動作が速い場合は、それ移動に用いるのだとか。
 それほど『間合い』を制する事は格闘において有利に働くのだ。
「走馬灯ってご存知です? お盆の時に使用する回り灯籠の事ですが、今説明にしたいのは、死に直面した時に見るフラッシュバックの事です」
 俺も一瞬お盆の灯籠を思い出した。あれはロウソクの炎の上昇気流で中のファンが回るんだよな。
 子供の頃に分解して、親に死ぬほど折檻食らった覚えがある。
 美咲さんは俺の相槌を確認して、説明を続けた。
「本当は一瞬の事なのに、とても長い時間過去の出来事を見たりする現象。一説には脳内麻薬が大量分泌し、恐怖や痛みを鈍化させる為だと言われています」
 ふむ。人間集中すると時間が短く感じ、ボンヤリしていると長く感じるようなものか?
 脳内麻薬が作用すると、それが極端になるのかもしれない。
「そういう時だからこそ『直面する現実』に対処するように考え、危機回避の確率を上げる。長考はそういう能力なのです」
 なるほど……子供の時だっけか、自転車でド派手にコケて、そういうフラッシュバックを見たことがある。
 あの時は前カゴに刺していた傘が前輪に引っかかって、急ブレーキかかったんだよな。
 自転車はそのままジャックナイフ、俺だけが慣性の力に逆らえず前に吹っ飛んだ。いまだに脛《スネ》にはその時の怪我が残っている。
 あの時走馬灯を見るくらいの余裕があれば、その飛躍した感覚で受身の一つでも取れる。そういう理論だな。
 さっきの五百円玉は手品じゃなく、極々短い時間。俺が察知できない瞬間に動いたという事か。
「そういう能力ってどうやって磨くの?」
 美咲さんは最初キョトンした顔をしていたが、凄く意地悪な表情でニヤリと笑った。
「死ぬ寸前に見る走馬灯ですから、死ぬまで自分を追い込むのですよ」
「うわっ、嫌すぎる!」
「カオるんの選択肢はこの地を去るか抗うかです。望めばいつでもお教えしますよ」
 美咲さんは身を乗り出して葵の霊符を引っぺがし、何事もなかったかのように点心を頬張った。



BACK   NEXT   TOP

ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.