BACK   NEXT   TOP


『006 守人 天野美咲』

 天野美咲、俺が通う星ヶ丘学園の二年A組の生徒。
 日本女性らしい清楚な黒髪のロング。端正な顔立ちでそこらのアイドル顔負けの美少女。
 やや身長が高いのが弱点と言われているが、それでも百七十センチちょいオーバー。
 長身で華奢な見た目の大和撫子。俺的には完全ストライクど真ん中だったりする。
 同じ学年にも拘わらず、その超絶美少女っぷりに尻込みしてお話した事なんて無い。
 その他大勢の男子生徒と同じく勉強できる、おしとやか、優しそうといった断片的なイメージしか持ち合わせていなかった。
 だがこの天野さんは、思っていたイメージとかけ離れ過ぎている。……違う人を見ているようだ。
「天野さん?」
「ひ、ひゃい!」
 確かめる気持ちで名前を呼んでみた。
 天野さんは目を逸らし続けていたが、渋々ながら俺と目を合わせた。
「な、なんでございましょうか?」
「――退魔士ってなに?」
 天野さんは棒立ちのまま口をパクパクとさせた。
 完全に目が泳いでいる……。なんかリアクションが面白い。
「そんな事言いましたっけ? いつ?」
 天野さんは十五秒ほど沈黙した後、嘘臭い口調で言い訳を始めた。
 俺は指で葵を呼び、小走りで近寄ってきた妹を指さして、ニヤリと笑みを浮かべてみせた。
 聞いたのは俺だけじゃない、葵も聞いていると……。その行動の意味は天野さんにも伝わったようだ。
「こ、恋人ですか?」
「妹っす」
 不意に話を逸らされそうになり、即答で切り返してジッと目を見つめ返す。
 だが天野さんの意志はすごぶる固い。ウンともスンとも言わず、貝のように口を閉ざしてしまった。
 むう……、正攻法で攻めてもダメか、ならばからめ手から攻めて見るか。
「フェルナンデス社のギター、ZO-3。しかもスケルトンボディってレアですね」
 ソッポを向いていた天野さんに変化が生じた。
 犬に例えると耳が立った状態だ。この話題はかなり効き目があったようだ。
 案の定天野さんは目を輝かせ、チラリと横目で俺を見つめた。
「しかもトレモロハンドルを付け、スピーカーもグレードアップして、ピックアップも変えてるよね」
 フェルナンデス社のZO-3、名前の通り象さんが鼻を伸ばしたフォルムをしている。
 エレキギターでありながら、ギターアンプとスピーカーを内蔵し、プラグレスで音色を奏でることが出来る。
 天野さんのはピックアップをSeymur Duncan(セイモアダンカン)、スピーカーはBOSE(ボーズ)に変更している。
 かなりマニアの域へ突入したZO-3と言える。
「三室君……、やけに詳しいね」
 背中に背負っていたギターを前に持ち替え、自慢の我が子を見せびらかすように抱き抱えた。
 そしてついに天野さんは陥落、ギター自慢を話し始めた。
「ここのケーブルを無酸素銅に変えて、アンプは慣らし運転をね……」
「――退魔士ってなに?」
 ふとその場の空気が凍る。いや凍ったのは天野さんだけなのだが……。
 そしてついに天野さんは地面にへたりこんだ。
「場所を変えませんか? ここでは話せません」
 ついに観念したようだ。



 現場の指揮をスーツ姿の刑事に任せ、俺達を引き連れてその場を去る天野さん。
 事情聴取とか色々厄介な事になるかと思っていたが、完全スルーで地下街のエレベータに乗り込んだ。
「妹さんと二人で点心を食べに……。それは災難だったね」
「お腹減ったよ……」
 腹ペコだったのを思い出したか、葵が悲痛な声を上げた。
 天野さんはそんな葵を見つめ、苦笑してみせた。
「点心ねぇ。穴場の店を知ってるから、そこへ行かない?」
 天野さんは俺達の表情を見ただけで満足そうに頷き、駅近くの繁華街を目指した。
 そして繁華街を通りぬけ、かなりコアな飲み屋街へと向かった。
 俺達は付き従い歩きつつも、このまま行って良いのか考えさせられる状況だった。
 居酒屋、立ち呑み、風俗店にポン引き、そしてラブホテル。とても中高生が足を踏み入れる場所ではない。
 だが天野さんの歩みに迷いはない。まるで勝手知ったる庭のように細い路地をつき進んでいく。
 そしてピタリを足を止め、振り返って一軒の店を指さした。
「到着です」
 店というか、広場にビニールテントを張ったような大きな屋台。
 折り畳みのテーブルに安物の丸い椅子が幾つも並べられ、裸電球が等間隔に吊るされていた。
 出迎えてテーブルへ案内される事もないようで、ざっくばらんな感じの屋台だと感じさせる。
 店員達の顔はみな日本人っぽく見えるが、目の鋭さや輝きが違う。どうやら中華圏の店のようだ。
 それが証拠に交わされる言葉はみな片言の日本語だった。
 美咲さんは目敏くテーブルを陣取り、俺と葵はその向かいに座って一息つく。そしてテーブルの上を眺めメニューを探した。
「ここはメニューがないんですよ。出来上がった蒸篭を持って店員さんが歩くので、呼び止めて好きなのを取るんです」
 見ればどのテーブルにも箸立てと調味料しかなく、客は店員を目で追い声を掛けている。
 葵はキョロキョロと辺りを見回し、蒸篭を持った店員さんを呼び止めた。
 我が妹ながらなかなか適応能力が高い。
 葵は焼売と春巻き、小龍包を取り、店員さんに飲み物をオーダーしている。
「俺はコーラ。天野さんは?」
「私は青島ビ……」
 俺は反射的にトートバッグからグルメ本を掴み、気が付くと天野さんの頭上にツッコミを入れていた。
 煙を上げる頭を摩る天野さん。恨めしそうな涙目でこちらを睨みつけた。
「青島もとい……、ジンジャエール……」
 うむ、よろしい。
 俺はトートバックにグルメガイドを直し、箸を配って手を合わせた。
 そして魚醤を小皿に落とし、蒸したての焼売を一つ口に入れた。
「――美味(うま)っ!」
 どこかのグルメ番組みたいに吠え、舌滑らかに語りたくなった。
 葵も同様に驚きを隠せず、両手を叩いて大喜びしている。
 天野さんは頬杖を付き、そんな様子を見て満足そうに微笑んだ。
「ここは広東でも凄腕の点心師がやってる店なんです。特二級点心師って、そうそう出会えないんですよ」
 そう言って蒸篭に残る焼売をパクリと頬張り、幸せそうに顔を傾けた。
 そうしているのも束の間、天野さんは真剣な表情で俺達を見つめた。どうやら話が始まるらしい。
「退魔士とは――」
 語り始める天野さんを固唾を飲んで見守る。
 天野さんはニッと笑みを浮かべ、信じられない言葉を口にした。
「大間のマグロ漁船に乗るよりも、手軽に短時間で一攫千金を狙える職業。それが退魔士なのです!」
 俺と葵は盛大にズッコケた。


「冗談はここまでにして――」
 天野さんは小皿の上に箸を置き、身を乗り出して声を潜めた。
 シンと静まり返るテーブル。思わず俺と葵も身を乗り出す。
「ファミリーネームで呼ばれると、どうも肩が凝ってしまいます。『美咲さん』とか『みさくちゃん』とか呼ばれるのが良いです」
 俺と葵はテーブルにおでこを打ち付けた。
 ここまで来て往生際の悪い人だ。もしかして真面目に話す気がないのじゃないだろうか。
 葵はテーブルからおでこを引っぺがし、恨めしそうに見つめ返す。
「天野……、いえ、美咲先輩! 真面目に話す気ありますか?」
「そうそう、その調子です。私は葵ちゃんって呼ばせ貰うわね」
 強制的な自己紹介イベントだ。
 我田引水というか、天野さんって人の言う事聞かない人だったんだ。
 天野さんは首を動かし、眉を顰め俺の目をジッと見つめる。
 あっ、自己紹介か……、葵が肘で合図を送らなければ、なんのことか分からない所だった。
「あ、今更だけど三室薫です。家や友達からはカオルって呼ばれてます」
「カオルさんね……。ん……、なんかしっくりこないな。なんだろ……」
 天野……、もとい美咲さんは渋い顔で首を傾げ、なんだかぶつぶつ言い始めた。
 自分をみさくちゃんと呼んで欲しい感性の持ち主、やばい名前付けられる前に先手を打つ事にした。
「いや、そんな難しく考えずとも……、素直にカオルでいいですよ」
 納得していない美咲さん、再び横向いて口を尖がらせている。
 そして目を丸くしてポンと手を叩いた。
「カオルくんを略して『カオるん』と呼ばせて貰いますね」
 来た! トンチンカンなアダ名が……。
 隣で葵が大笑いしてテーブルを叩いている。お前……ここはフォローを入れろよ。
「まぁ、呼び名も決まったし、話を続けましょうか」
 決まった? カオるん決定か!
 俺の批難する目を物ともせず、美咲さんは話し始めた。




 俺と葵、そして美咲さんが持つ霊を見定める力。
 専門的な言葉でそういった才能を『見鬼(けんき)の才』と言うらしい。
 美咲さんはその土地を守護する『守人(もりびと)』という役目を受け継ぐ家に生まれ、物心付く頃から才能に磨きを掛ける修行を積んだそうだ。
 守人は魔物や霊を浄化し、平穏な土地を約束する生神として崇められ、美咲さんも将来はその役目を受け継ぐのだそうだ。
 だが能力が薄らいでしまうのか、はたまた血縁が途絶えたのか、現代ではそれを生業とする者は数えるほどしかいないそうだ。
 減っていく守人に対し、日本の人口は御存知の通り増え続けた。
 浄化の進まぬ土地では異変が起こり、人に悪しき影響を及ぼす事になる。
 幾度も起こる霊障による事件。時の政府は守人に代わる人材の確保を余儀なくされた。
 守人限定ではなく、民間から人を募る方法に出た。
 ぶっちゃけ才能があれば誰でも『退魔士』の資格を取得出来、、討伐に対する報酬を得る仕組みを構築した訳だ。
 美咲さんの言っていた大間のマグロ漁船に乗るよりも――って、あながち嘘ではないらしい。
 一つ話を区切り、美咲さんは手を上げてテーブルに蒸篭を追加した。
「むうう……」
 話を飲み込むことが出来ないでいる俺達。唸り声を上げて美咲さんを見つめる事しか出来ない。
 美咲さんはテーブルに並んだ点心を、摘んでは食い、食っては摘む。
 そしてジンジャエールを飲み干して人心地つくと、唸る俺達に目を移した。
「小学生の頃マルペケを延々と書かされたり、隣の数と延々と足したりする能力テストをやっていると思います」
 うん、確かにやった覚えがある。最後の方に時間が足りなくてイライラする奴ね。
 こんな単純作業させて、なんの役に立つのかと疑問に思った覚えがある。IQ計るとかなんとか。
「あのテストには細工されていて、才能のある人は別の答えを書くようになってるんです」
 口を開けてボーゼンとする俺達。
 新事実。霊的フィルターとかかかっているのか?
「よく出来ているのだそうで、その人が持つ能力の方向性まで判るとか」
 受けたテストの内容を思い出そうとするが、受けた覚えはあるんだけど、どんな問題だったか思い出せない。
「ダメです。思い出そうとしても思い出せない様に『(まじない)』が掛かっていますから」
 なんと! そういう隠匿もされているのか……。
 ぼんやりと受けた事しか思い出せない訳だ。一体どういう仕組みになってるんだろうか。
「ちなみに! カオるん! 葵さん!」
「ひゃい!」
「退魔士の才能があればとっくに分かってる筈です。もしかして真面目にテストを受けてない……とか」
 ちと非難するジト目で睨んでる美咲さん。
 こうして見ると表情豊かだなぁ。ころころと表情を変えて面白い。
 隣でポリポリと頬を掻く葵。どうやら心あたりがあるようだ。
 俺も目的がハッキリしないものをやらされ、適当に四択問題を答えたような気がする。
 美咲さんはお尻の辺りに手を伸ばし、液晶携帯を取り出した。
 画面をスライドし唸り声を上げつつ、ふとこちらを見つめた。
「カオるん、銀行の口座番号を教えて欲しいんだけど」
「口座番号って……何するの」
「討伐の分け前を振り込まなくちゃならないから……」
 美咲さんはさも当たり前の様に首を傾げた。
 討伐の分け前って、死神のことか? アレは美咲さんがやっつけただろうに。
「私の所見では、死神はかなり弱ってました。アレはカオるんが頑張ったからでしょ?」
「それにしたって、やっつけたのは美咲さんじゃないか」
「私は裏方も表に立つ者も、みな平等に評価します。でないと誰も一緒に仕事してくれなくなりますからね」
 美咲さんは液晶を指で数回叩き、俺と葵に画面を見せつけた。
 ギョッとする金額が表示された電卓。
 数字にはゼロが六つ。二度数え直したが、間違いなく二百万円と表示されていた
「今回仲間は裏方として医療班に回りました。これは私と仲間、カオるんで報酬を等分した金額です」
 そう言って鞄から筆記用具を取り出して、俺の目の前に差し出した。
 俺は浮かれ気分で財布からカードを取り出し、サラサラとペンを走らせた。
「たった二百万。そんなはした金で命を危険にさらす。それが退魔士と言えるかも知れませんね」
 美咲さんは神妙な顔をして、浮かれる俺に釘を刺した。



BACK   NEXT   TOP

ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.