BACK   NEXT   TOP


『005 Death -死神-』

 蚊柱は足元を除き死神の姿を形成しつつある。
 気配の虚ろな蚊でさえ、やっとこさダメージを与えられた。だがこの高密度の霊体ではどうだろうか。
 霊気をゴッソリと持っていかれるだけで、ダメージ一つ与えることは出来ないのでは無いか。そんなネガティブな思考が頭を過ぎる。
 酸性の薬品にアルカリ性の薬品を加え中和するように、相反する気を送り込めば霧散して消える。
 だがそれは強酸には強アルカリでなければならない。
 そして同じ量をぶち込まなければ中和出来ないという事だ。
 アイツの気は俺……、いや人全てが有している霊気と相反する。例えるなら人に害を成す瘴気といえる。
 人々が眠るように倒れたのは、自己防衛本能が働いたのだろう。
 体中の霊気をゴッソリ持っていかれる前に、生命維持を優先してブレーカーが落ちたのだと思う。
 だが俺のブレーカーはまだ落ちてない。ブレーカーが落ちるほど持っていかれていないって証拠だ。
「――っ」
 痛む左手をジッと見つめる。
 見た目は普通の肉体に見えるが、体を覆う気が全く無い状態。煮えた油に手を突っ込んで、真皮の全てが剥ぎ取られたような状態だ。
 痛みが麻痺している内はいい、そのうち転がりまわりたくなる痛みを感じるだろう。
 まあ実際右手はそんな感じになりつつある。
 そうなる前に手が元通りに戻る事を祈るばかりだ。
「両手の復活はもうしばらくかかる。武器はポケットの中にある食卓塩、それもあと一つだけ……」
 人間ってのは良く出来た生き物だ。ヤバイと思えばブレーカーを落とすし、痛みを忘れさせてくれる。そして危機に陥れば陥るほど、頭の中はクリアになっていく。
 尻餅を付いたまま後退る手に何かが触れた。軽い金属音と共に、先程の疑問が氷解していく。
「霊を退けるのは塩、護符、神聖な気、聖水……そして鉄だ」
 鉄は魔を退ける。これは五行思想に基づく言い伝えだ。
 五行思想では金気は魔を祓う力があるとされている。
 俺の手に触れたのはシャッターを引き下げる鉄の棒。細くヤワな軟鉄だが、今の俺には心強い相棒だ。
 鉄の棒をしっかり掴み、地を蹴って死神の体を横薙ぎにした。
 瘴気と霊気がぶつかり合う閃光のような派手さはない。
 だが瘴気の塊を吸着するように死神の腹に深く食い込んだ。
 桃太郎が鬼を退治出来たのは金気を持つ桃の生まれ変わりだから、一寸法師も針を使い鬼を退ける。
 柳田國男の『遠野物語』でも鉄の弾丸で魔除けをするくだりが出てくる。
 日本だけではない、鉄を魔除けに使う国は多い。
 ケルトの伝承では扉に蹄鉄をぶら下げていると、魔除けの効果があると信じられている。
 これは異界の住人は鉄を嫌う古の伝承や、悪魔に蹄鉄をはかせた聖ドゥンスタンの伝説に由来するといわれている。
「――鉄は効くだろ?」
 形勢逆転……、一瞬気が緩みそうになる。
 だが甘かった。奴の腹に食い込んだ鉄棒が瞬く間に茶褐色へ変色していく。まるでビデオの早回しでを見ているように。
 そして腐食した鉄の棒は、退魔の力を失い鈍い音を立てて床へ転がった。
 死神はポッカリと空洞が開いた腹を撫で、大鎌を右へ左へと振り距離を縮めてくる。
 俺は素早くポケットから取り出した食卓塩をぶちまけ、踵を返し奴に背を向けて走った。
 本気で逃げ出せば引き返して葵を狙うかもしれない。ここは一定の距離を保ちつつ葵から遠ざけなければならない。
 それに右手の感覚が戻りつつある。もう少し時間を稼げば、奴に一発入れることが出来る。
 俺のブレーカーが落ちるのが早いか、奴を消し去るのが早いか。
 俺のオッズは万馬券並みだろうが、生き汚く勝負すれば勝ち目はある。
「くっそ! 鉄っ! 塩はないか」
 地下街の往来で望むべくものは見当たらない。
 それにここらの店はシャッターを閉じたまま、これでは武器の補充もままならない。
 だが悪霊といってもチョロい。
 移動速度はそれ程早くないし、全力で走れば振り切れそうだ。
 葵が安全を確保出来る距離まで来れば逃げるってのもアリか。
 そう思う心と裏腹に、全く別の思いが沸き上がってくる。
 俺が逃げ出せば倒れた人々はどうなるか、誰がこの状況を打破するのか。
 警察か? いやアイツらには死神が見えない。一般市民と何ら変わらず、霊気を吸われ昏倒してしまうだろう。
 俺は葵のいる場所から十分に離れた所で、ゆっくりと足を止めて振り返った。
 目の前の店はすべてクローズド。もう武器補充は出来ないだろう。
 だが右手に気が満ちている。
 俺は西部劇のガンマンのように、ベルトに指を入れて前を見据えた。
「ちまちま削れたら良かったが、ネタが無ければ仕方ない。……伸るか反るか」
 奴との距離はまだ若干遠い。だが大鎌のリーチを考えると、これ以上は踏み込めない。
 数秒後振り下ろされるであろう大鎌を、なんとか避けて踏み込み一発を入れる。
「まあ、そのなんとかって奴が難しいんだが……」
 だが奴は大鎌を肩に提げ、下顎を上下させて不気味な笑い声を発した。
 頭に直接響くような下卑た笑い。同時に左膝から衝撃が走った。
 不快な高周波を発する羽音。数匹の蚊が背後から俺の足に接触してきたのだ。
 肩膝を折って蹲ると、動きの止まった俺へ飛び交う蚊が一斉に襲いかかってきた。
 肩、肘、背中。俺の霊気を中和し分解していく蚊の群れの攻撃。
 中でも一番の攻撃はコメカミへの一撃。頭を強かに揺らされ一瞬意識が飛びそうになった。
 蹲り頭を上げることすら出来ないが、死神が目と鼻の先で大鎌を振り上げているのがわかる。
 今まさに俺の頭上に振り下ろされようとした鎌を、勘だけを頼りに斜め前に飛んだ。
 床に高密な鎌がぶつかった音を聞き、俺は「なんとか」が成功した事を確信した。
 そして振り下ろした鎌を持て余し、振り返る事すら出来ない奴の顔面に、とっておきの一発をぶち込んだ。
 ガツンと硬い物にぶつかる拳。
 紫電の火花が飛び、激しい痛みと共に奴の顔がドロリと溶けていく。
 だがそれも一瞬の事。俺の手から力が失われ、気力で支えていた体がユラリと揺れた。
 天地逆転。気が付くと俺は床を舐めていた。
 視界に入るのは死神の足。当然大鎌は俺の上へ高々と上げられているだろう。
 最後にどうやって悪あがきしてやろうか。
「――!」
 閉じかけた目に入ったのは床を転がってくる食卓塩。
 そして泣きそうな顔をしている葵の姿だ。
「馬鹿ー!」
 葵は意味不明な叫び声と共に、死神に向かって塩を撒いた。
 俺は横っ飛びして食卓塩を引っ掴み、虚を付かれた死神に追討ちの塩を振り撒いた。
 科学実験かなにかを見ているように、塩が光を発し瘴気を飲み込んでいく。
 俺は壁に背を預けて立ち上がり、荒い息をなんとか収めようと深い息をグッと飲み込んだ。
 だが食卓塩の効果は一瞬のもの。
 荒れ狂う死神は口が裂けんばかりに咆哮し、震える空気は照明やガラスを木っ端微塵に砕いていった。
 薄暗がりの中、二つの赤い目はジッと俺を見据える。
 万策尽来たかと拳の力を緩めようとしたその時のこと。
 ――風が頬を撫でた。
「キミ……、よく持ち堪えたね」
 風はそう囁いて俺と死神の間に割って入った。
 黒く長い髪、ギターを背負った少女の姿がまず目に映る。
「女……の子?」
 長い髪がフワリと揺れたかと思うと、俊敏な動きで死神の死角に回り込み、長い脚を高く上げ死神の大鎌を蹴りいなした。
 激しい閃光を上げ霧散していく死神の鎌。
 驚いた……、あの蹴りには俺の霊気と同じような効果がある。
 少女にしては長身といえる体躯を屈め、なんの迷いもなく死神の喉元へ飛び蹴りを食らわせる。
 比較にならないほどの紫電の閃光が目に入り、俺は目を細めて戦況を見つめ続けた。
 たまらず死神は元の蚊柱へ分離し飛翔を始めた。
 少女を包み込もうとする黒の蚊柱。だが少女は肩を窄める余裕さえ見せた。
 背中に背負ったギターをクルリと前に持ち替え、細い指はボディのトグルスイッチを叩く。
 同時にエレキ独特のノイズが響き渡り、彼女は右手を大きく上げて弦を弾いた。
 彼女の奏で出したイントロは、オールディーズといってもおかしくない古典ロックだった。
 狂ったか? そう思っても仕方ない奇行。脅威を目の前にし、両手を使いギターを弾くなんて――。
 だが実際はそうではなかった。
 歌い出すと同時に彼女を纏う霊気が増幅。白く光る綿毛のような霊気が体から放出され、飛翔し包み込もうとした蚊柱を押し返した。
 紫電の光を上げ黒の壁と拮抗する少女。
 そのすさまじい光景を目の当たりにして、全身が総毛立つ思いがした。
 だが拮抗も束の間、歌のサビの部分差しかかり、激しい光が蚊柱を飲み込んでいく。
 目の前で霧散してく死神を前に、緩やかに手を止めた少女。
 空になった食卓塩の入れ物を爪先で蹴り、ヤレヤレと言った表情で振り返った。
「こら! 新米退魔士。魔を退けるのは釜で焼いた海の塩よ。百歩譲って天然塩! 食卓塩なんてダメよ」
 退魔士……? この子は何を言っているのだろうか。
 彼女は食卓塩は炭酸カルシウムと炭酸マグネシウムで湿気対策がなされているから、サラサラだけどダメダメのダメだと吠え続けている。
 だが俺の耳には何一つ届かない。彼女の凄さを目の当たりにしたせいか、それとも『退魔士』という聞き慣れない言葉を聞いたせいか。
 彼女は言う事だけ言うと落ち着いたようで、ギターを背負い直しインカムのマイクを口元に運んだ。
「ターゲットは制圧、警官隊、救護班突入、急いで!」
 マイクに向かいそう告げると、キョトンとした俺の顔を見つめ硬直した。
 俺もそこで初めて彼女の姿を見つめ、口にして良いものかどうか三秒悩んだ。
「あ、あの……、A組の天野さんだよね?」
「えっ、やっぱり! 隣のクラスの三室……君?」
 突然現れた救世主は、隣のクラスの天野美咲さんだった。



BACK   NEXT   TOP

ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.