BACK   NEXT   TOP


『004 Death -死神-』

 前門の虎、後門の狼。目に映る光景は俺を絶望させた。
 背後からゆっくりと俺達を追う蚊柱。目の前には倒れ眠る人の群れ。
 背後のヤツらだけじゃない、前方にもソレと同じものがいる事を伝えている。
 走ればいずれもう一つの蚊柱に出会うだろう。それまでに何か対策を練らなくては。
「葵。足を止めたら、奴らとの距離を伝えろ」
「う、うん」
 俺は目に付いた店舗の扉を開け、眠るように倒れた客の踏み越えて店の中へと入った。
 この店にならあるはず、あいつらに効くとっておきが……。
「葵!」
「あと二十メートル!」
 六つあるテーブルの置かれたソレを、片っ端からパーカーのポケットに押し込む。
 そして土足でカウンターに上がり、厨房の中を見回した。
「十メートル!」
 葵の悲痛な声が響き渡る。
 俺は厨房の戸棚からお目当ての物を引っ掴んで振り返った。
「お、おにいちゃん!」
 ――タイムリミット。
 俺はカウンターを飛び越え、店の外に飛び出した。
 蚊柱との距離は目と鼻の先。頭を押さえしゃがみ込む葵を包み込もうとしていた。
「行けぇ 必殺! 赤穂の塩!」
 俺は小脇に抱えた袋をぶちまけた。
 白砂のような単結晶。霊を祓い遠ざけるとされる塩だ。
 日本書紀でイザナミが亡くなった後、イザナギが連れ戻しに黄泉の国に行く。
 黄泉の国で出会ったのは変わり果てたイザナミの姿。
 驚き逃げ帰ったイザナギはケガレを落とす為に、海に入り穢れを落とす。
 海イコール塩には罪やケガレを祓う力をある。起源は日本書紀から来ているとされている。
 ぶちまけた塩は蚊柱に直撃。紫電の光を発し奴らの力を弱めていく。
「効いたか?」
 俺は塩まみれになった葵を抱きとめて無事を確認する。
「うわぁん、目と口に入った」
 塩っぱそうな顔をして、染みる目を擦る葵。頭に積もった塩を手で払い、忌々しげに蚊柱を睨みつけた。
 蚊柱は塩の直撃を食らい、半数が霧散して消えた。
 だが攻撃が奴らを逆撫でしたのか、激しく動き明らかに俺達に敵対行動を取り始めた。
「怒ってるみたい?」
「かなりな」
 俺はポケットの中からお馴染みの食卓塩を取り出し、蓋を開けて中身をぶちまけた。
 再び葵の手を握ると、食卓塩の効果を見届けず走り出した。
 走り出して荒い息を立てる葵。だが真っ直ぐな目を俺に向け、途切れ途切れに口を開いた。
「おにい……ちゃん、なんで?」
 霊が見える事を家族に隠してきたからな。葵が疑問に思うのも当然だろう。
 俺は物心付く頃から霊を見定める事ができた。

 子供の頃から暗い所が怖い。闇に潜むモノを知っているから。
 夜が怖かった。夜に闊歩する『人じゃないモノ』を見ることが出来たから。
 幼稚園の頃怖がっている俺に、先生は言ってくれた。
『カオルちゃんは感受性が豊かだから、なんでも無いモノがそう見えたりするのよ』
 頭を撫で微笑んでそう教えてくれた。
『かんじゅせい? よくわかんない』
『幽霊なんていないって思えば良いのよ。そう見えたら気のせいだって』
 俺の頭を撫でて、先生がそう教えてくれた。
 俺はその意味も分からずに、なんとなく先生の言う事だから正しいと納得した。
『ふぅん、ありがと……せんせい』
 少しだけそう思い込むことで、怖いって気持ちは薄らいだ。
 薄らぐと『そういうモノ』を見える回数が減っていった。
 気を許すと一瞬だけ映る映像も、ちょっと霊感が強いだけって納得できた。
 だがそれも一時の事だった。結局見えるものは見える、そう理解し諦め始めたのは小学生の頃だった。
 俺の見える能力が格段に成長を遂げたのだ。
 そして五年生の課外授業が俺の運命を狂わせた。

『せんせ、ぼくこの先に行きたくない』
 バスを降り史跡までの道を、徒歩で向かっていた時の事だ。
 当然先生は俺の言葉を聞き、困ったような顔を浮かべた。
 クラス単位の引率を任されている先生だ。他のクラスの足を引っ張る訳にはいかないからだろう。
 それでもなお愚図る俺の為に、足止めを余儀なくされた。
『三室くん、ここを通り抜けないと、次の目的地に行けないのよ。他のクラスにも迷惑が掛かっちゃう』
 それでもお前は我侭を言うのか。そう表情を浮かべていた。
 だが俺は目の前の脅威を感じ取り、コクリと頷いた。
『遠回りだけど、少し戻った所に道があって、危なくない所に通じてる』
 不意に俺の頭の中に、この付近の地図が思い浮かんだ。
 まるで航空写真を見えているように、鮮明に史跡への迂回路が頭に浮かんだのだ。
 いや危険を回避する方法を『掴み取った』のかもしれない。
 俺の指差す方向を見て、先生は少し考え俺に問いかけた。
『分かった……。けど先生にだけ教えて欲しいの。何か見えるの?』
 俺は道の先を見つめ、出来るだけ驚かさないようにそっと耳打ちをした。

『この先に世を憎み、通行人に手をかける霊が立っている』

 先生はその言葉を聞き、ギョッとした表情を浮かべた。
 そして昼間なのに薄暗く感じる道を見つめ、俺の手をギュっと握り締めた。
 結果として俺のクラスはその道を通らず迂回し、その道が史跡に通じそこでもまた先生を驚かす事になった。

 そして……

 翌日にまた先生を驚かせる事が起こったのだ。
 俺達以外のクラスで、原因不明の高熱を出す生徒が続出したのだ。
 今だから言える事だが、いわゆる霊障と言う現象なのだと思う。
 季節がら流行風邪だと片付けられたが、俺のクラスだけ無事だという事実を気味悪がる者も多かった。
 そうして友達だった者から奇異の目で見られるようになり、噂話には尾ひれがついて伝わっていった。
『三室君ってちょっと気味が悪いね』
『一緒にいると病気になるらしいよ』
『一緒の班になっちゃった。呪われちゃう!』
 俺はそれ以来、人と接するのが怖くなり見る力を隠し続けた。
 だが俺の心に漠然とした疑問が残りづづけた。

 もし次に同じ事が起こったら、その時は――。

 泣いて先生を足止め出来る子供ではいられない。
 見れるのに見てみぬフリをするのか。いやそれは御免被る。
 小さな俺が勇気を持って行動したように、今の俺にも何かが出来ると信じたかった。
 俺は本屋や図書館に通い、少しづつ知識をつけていった。来るべき日の為に。

「やっぱ牧野の言った通り、今日は大凶だ」
 葵の目を振り切り、今は目の前だけを見つめた。
 この状況で警察官はアテにならない。頼れるのは自分の力だけだ。
 ポケットの中から食卓塩を二つ取り出し、葵のトートバックに放り込んだ。
「内蓋が付いてるから、ギリギリでは間に合わないぞ」
「うぇぇ……、そのまま投げちゃいそうだよ……」
 俺はゆっくりと足を止め、飛び出してしまいそうな心臓を手で押さえた。
 目の前にはそれまで数倍の蚊柱が立ち塞がっていた。
 背後の奴らも近づいてくるのが羽音で分かる。……万事休すか。
 俺はポケットに手を突っ込み、食卓塩爆弾を用意した。
 そして横目で周囲の店舗を見つめ、現状を打開出来るナニかを探した。
 ジリジリと迫り来る前門の虎、そして後門の狼。
「――てか、虎でも狼でも無い。蚊だ」
 あいつらを手で触れた時、弾けるように霧散して消えた。
 俺もダメージを受けたが、アイツらも同じって訳だ。
 きっとあいつらは俺達のナニかを苦手としている。
 でなければ最初に周りの人が倒れた時、俺と葵だけが無事だった説明付かない。
 俺は葵をギュッと抱き寄せた。
「葵、あの洋服屋を見ろ。奥に扉があるな」
「あ……、うん」
「俺が動いたら振り向かずにその扉に飛び込め」
 葵は俺の腕に爪を立てた。
 きっと泣きそうな顔で俺を見ているだろう。だが葵を守りこの窮地を乗り切れる自信はない。
 出来るのは戦地を少し先に移動させるだけ。逃げ、引き付け、こいつらを葵から遠ざける事しか出来無さそうだ。
 俺は葵の手をゆっくりと引き剥がした。そして目と鼻の先まで近づいた蚊柱を睨みつけた。
「葵!」
 俺はポケットから食卓塩を二つ取り、前と後ろの蚊柱に中身をぶちまけた。
 葵は一瞬躊躇したものの、言う通りに洋服店に駆け出しだ。
 蚊柱は一瞬だけ揺らめいたように見えた。だが一掴みほどの塩では目に見えた効果は得られなかった。
「くそう……、やはり食卓塩ではダメか。天然粗塩を炉で炊かないと……」
 俺は背後の蚊柱に拳を振るった。
 小さな蚊の群れ。そう思っていたが、鉄の扉を叩いたような衝撃が伝わった。
「ちっ、痛いだけで全然効かない!」
 右手は先程から感覚が無い。駄目で元々と思っていたが、やはりそういう事か。
 俺は呼吸を整え、もう一方の左を固く握りしめた。
 意識を左手に集中し、再び蚊柱を殴りつけた。
 目の前で紫電の光が迸る。同時に耐え難い激痛が左手から伝わってくる。
 だが最後の一発だ。出来るだけ多くの蚊を始末しなければ。
 俺は白目を剥いて気が遠くなる痛みを堪え、拳を振り抜いて前のめりに倒れ込んだ。
 紫電の光は近くの蚊に伝播し、霧散していく。
 やはり手が触れている時間が多ければ多いほど、奴らにとって効果が高いみたいだ。
 アイツらに効くのは人を包み込む『気』。確か文献では『霊気』と呼ばれるオーラのようなものだ。
 俺は床に這い蹲り、痺れる手を床に叩きつけて鼓舞した。
 目の前で二つの蚊柱がひとつに纏まりあう。そしてより大きな蚊柱を形成していく。
 いや、今度は蚊柱ではなく、ちがう何かに……。
 目の前で実体化していく霊を見つめ、俺は再び目を動かした。
 霊を退けるのは塩、護符、神聖な気、聖水……。あとはなんだ?
 目の前の霊は既に蚊柱ではなかった。
 大きな鎌を持つ人骨の姿。
 頭部だけは人ではなく、大型犬の頭蓋骨のように見える。
 誰でも一度はお目にかかった事がある姿だろう。

 その姿は間違いなく死神そのものだった。



BACK   NEXT   TOP

ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.