BACK   NEXT   TOP


『003 Death -死神-』

 葵と駅前で待ち合わせをし、案内されるがまま電車で移動を開始した。
 お目当ての店を既に見つけているようで、電車で数駅ほど移動するという。
 場所は最近オープンしたという地下街。グルメガイドで持て囃されている店が出店してるのだそうだ。
「んで、どんな店へ行こうとしてる? そろそろ教えてくれ」
 うっかり者の葵の事だ、気が急いて俺に伝え忘れているのだろう。
 案の定ポカンと口を開け、思い当たった様にポンと手を叩いた。
「中華の店! 点心のコース三千円也。小龍包が絶品!」
 そう言って肩に掛けていたトートバックからグルメガイドを引っ張り出した。
 ページを捲り開かれたページには、前菜、各種点心、デザートその他諸々の写真が掲載されていた。
「なるほど。デザートのマンゴープリンがいい感じだな」
「でしょ?」
「しかし一万円使い切るって言ってたのに、差し障りない価格帯を選んだな。てっきり高級店とかに連れて行かれるのかと思った」
「点心ならお土産持って帰れそうじゃない?」
 葵はそう言って大事そうに雑誌を鞄に仕舞う。
 少々悪巧みに長けてはいるが、実のところ家族思いのいい妹だ。
 母さん似で器量良しで、難ありの性格だが面倒見の良いところもある。
 中学三年ともなれば彼氏の一人や二人……と思うが、そういった浮いた話は聞いた事が無い。
 母さんが言うには『理想が高い』のだとか……。白馬の王子様を待つタイプなのだろうか。
 葵はニヤリと笑う口元を手で押さえ、悪のオーラを放ち始めた。
「お母さんはね、『ウチも連れて行かな泣く!』って怒ると思うんだ」
「――なるほどね。二度美味しいわけだ」
 こういう策略めいた時にだけ高速回転する頭脳を持つ。
 葵は二つ下の中学三年生ながら、チェスの世界ランカー相手に非公式戦で勝つほどの腕前らしい。
 インターネット対戦の結果に過ぎないが、その世界では割と有名らしく、度々家に怪しげなエアメールが届く。
 先読みのセンスというか、知略、謀略に長け、ボードゲームの類では勝った試しが無い。
 その冴え渡る頭脳、その半分でも勉学に向けたらと思うのだが。
「さ、降りるよ。おにいちゃん」
 電車が止まると同時に立ち上がり、待ちきれないと言わんばかりに俺の袖を引っ張った。



 目的の場所は乗ってきた私鉄と、少し離れた地下鉄を結ぶ場所にある。
 以前なら乗り換えをするのに、一旦地上へ出なくてはならなかった。
 だがこの地下街が出来て、雨露をしのぎ連絡出来るようになるらしい。まあ、そのついでに買い物でもどうぞって訳だ。
 乗客側は時間の節約にもなるし、憩いの場所も増える。
 運営側は数万の乗客を利用客と見込め、思い切った出店計画を立てることが出来る。
 まさに両者ともにメリットのある開発と言えるだろう。
 この地の未来を予想しつつ地下街の入り口へと差し掛かった。
 予想に反し目に付くのは制服姿の警察官。各要所で手を後ろに回し、厳しい顔をして立っている。
 流れる乗客の穏やかな表情とは一線を画し、ピリピリとした雰囲気を醸し出している。
 なんだ? 事件か?
「行こうよ」
 葵は警官達を気にする事なく歩き出した。
 俺も不審に感じつつも葵の勢いに負け、人の流れに乗って歩きだした。
 地下街の中は、まだ真新しい建材の匂いが立ち込めていた。
 照明の類も新品の光を放ち、過剰なまでの明るさを提供している。
 だが情報が伝わりきっていないのか、モールを歩く人の姿はそれ程多くはない。
「まだプレオープンみたいだね。正式オープンは一週間後だって」 
 葵は壁面に貼られたポスターを横目で見て、殆どの店がシャッターを下ろしたままでいる理由を納得付けた。
 目的の店がまだオープンしていなかったら……、彼女なりの焦りがあるのだろうか。
 俺としてはその辺のこだわりは無かった。何ならファミレスでも問題ないと言った気分、食えりゃ何でもいい。
「わぁ、見て見て!」
 葵はジュエリーショップのショーウインドを見て、かわいらしい指輪を指さした。
 金とプラチナが融け合ったような色合いで、ハートの上にルビーをあしらった指輪。
 大人の女性には子供っぽく、適齢の少女には手が出ない価格。そんな指輪を見つめ、葵は目を輝かせている。
「おにいちゃん、買って?」
「アホか、ゼロが何個付いてると思ってる。そういうのは……」
 恋人から貰って喜ぶものだろう……と、そんな言葉を飲み込んだ。
 絹を切り裂いたような女性の悲鳴。
 見れば店の中の客がバタリと倒れ、カウンターの中では店員が力尽きたように座り込んだ。
 そして声を上げたであろう客も、それ以上悲鳴を上げる事もなく糸の切れた人形の様に床に崩れた。
 俺は咄嗟に振り返り、背後を見渡した。
 バタバタと倒れていく通行人。人と人が折り重なって眠ったように眼を閉じていく。
「な……、なんだ?」
 次々に倒れ眼を閉じていく人々を見つつ、身動ぎ一つ出来ない。
 葵は俺に身を寄せ、袖をギュッと掴み息を飲んだ。
 ――テロ!
 嫌な予想が頭をよぎり、咄嗟に葵の口を押さえ息を殺した。
 目の前の光景に目を奪われて顔を伺えないが、手から伝わる震えだけで十分察することが出来る。
 俺だって一人でこんな状況に置かれたら、ブルって戸惑いもするだろう。
 今、妹を守らねばねばという責任感だけが俺を支えていた。
 見つめる先、目を閉じ倒れる人にそれ以上の変化は訪れない。
 確か映画で見たことがあるが、日本で使用された毒ガスは皮膚からも吸着し、焼け爛れたような状況になるという。
 吸わなければ大丈夫なんて、生易しいものでは無いということだ。
 それに俺と葵は今まで、この人達と同じ空気を吸っている。
 俺は自分の手を見つめ変化が無いことを確認しつつ、口を開いて息を吸い込んだ。
 新しい建材の匂いがする空気。吸ってしばらく変化を待ち、葵の口を押さえていた手をソッと外した。
 葵は限界とばかりに息を吸い、肩を大きく上下させた。
 ――ふと視界をよぎる動く物体。
 そして同時にソレが今ここにいる事へ違和感を感じずにはいられなかった。
 四月の……、まだ肌寒いこの季節に、蚊が数十匹目の前を飛翔している。
 そのうちの一匹が俺と葵を周回し、葵の肌に降り立とうとしていた。
 俺は本能的にそれを危険と判断し手で追った。
 その瞬間、爆竹を破裂させたかのような痛みを感じ、指先に触れた蚊は霧散して消えた。
 俺は耐えられ無い程の痛みを感じ、手を腹で丸め込むように(うずくま)った。
「おにいちゃん!」
「――っ痛え!」
 右手の感覚が無い。正座をして痺れた足のように、何の感覚も伝えてこない。
 ゆっくりと右手を握り込み、開いてもう一度握る。大丈夫、指が無くなった訳じゃないようだ。
 同時に蚊の正体がボンヤリと分かってきた。
 小学生の遠足の時出会ったアレ。あいつと同じ――。
「葵、黒いヤツ……、アレが見えるか?」
 葵も俺と同じく、さっき目で蚊を追っていた。
 家族で俺だけだと思っていたが、葵も同じなのか。
「おにいちゃん……ヤバイ。さっきのが増えてる」
 見れば大量の蚊が飛翔し視界を黒く染めている。田んぼの周りでよく見かける蚊柱のようだ。
 頭がおかしいと思われるだろうが、俺はそんな状況など慣れている。
 こいつらの正体は霊だ。それもとびっきりの悪霊。
 小学生の遠足の時俺達に害を成し、多くの生徒達を病院送りにした悪霊と同じだ。
「走るぞ! 葵!」
 俺は葵の手を取り走り出した。



BACK   NEXT   TOP

ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.