BACK   NEXT   TOP


『002 TURNING POINT』

「せっかくの休日だってのに、男と二人で携帯販売店巡りなんてな」
 横を歩く友人、牧野健太郎(まきのけんたろう)がため息混じりに愚痴をこぼした。
 確かに今日は春先にしては珍しく暖かい休日、絶好の外出日和と言える。
 俺もそんな日に携帯販売店をハシゴするとは夢にも思わなかった。
 俺はポケットから真新しい携帯を取り出し、金色の機体をジッと見つめる。
「散々振り回された挙句、思っていた色が無いとは……」
「運勢は大凶って感じ?」
 銀色が欲しかったのだが、手に入れたのは金色。一文字違いだが雲泥の差だ。
 クールで理知的な銀、対する金は成金趣味丸出しのイメージを持っている。
 今まで使っていた携帯はバッテリーが完全に死んでいて、充電しても二日ともたない。落とす、転がす、雑な扱いのお陰で見た目も酷いものだった。
 入荷を待ってはいかがでしょうかなんて提案されたが、そんな余裕も暇も無い。
 そんなこんなで結局のところ妥協してしまった。
「俺はそっちの方が好きだけどな。百式みたいでカッコイイぞ」
「百式言うな!」
 折角気に入りかけていたこの色を揶揄され、ガッカリとした気分にさせられた。
 力なく携帯をポケットに入れようとした時、不意に着信音が鳴り響いた。
「おっ?」
 静まり返った携帯の表示を見て気付く。俺への着信では無かった。
 牧野は苦笑しつつ携帯を慣れた手つきで広げてみせた。
「すまん、ヤボ用だ」
 牧野がそういって言葉を濁す時は、決まって女性からの電話がかかってきた時だ。
 案の定微かに耳に入った相手の声は、やや固い話し方をする女性だった。
「ん、そうか……、それは不味い事になってるな」
 他人の会話を耳にして、申し訳ない気分になり背を向けた。
 牧野に彼女がいてもなんら不思議でもない。今更女性から電話があったくらいでは驚かない。
 雑誌モデル顔負けの美形。同級生はおろか年上、年下問わず人気が高い。
 背が高く人も羨むモデル体型、その上性格も飛び抜けてナイスガイ。
 確かどこかの国のクオーターと聞いたが、それも頷ける話。
 そういう輩はえてして学業が疎かに……なんて思われがちだが、成績も良く学内でも上位に位置している。
 ぶっちゃけ我が星ヶ丘学園で、彼氏にしたいナンバーワンと噂されている。
 天は二物を与えずって諺があるが、例外もあるのだとつくづく思わされる。
「おい、カオル」
 しばし電話をする姿を遠巻きに見ていたが、牧野は猫を呼ぶように指を動かした。
 俺は呼ばれるまま傍に近寄ると、牧野はいきなり電話を手渡して『喋れ』とゼスチャーした。
 ははーん、なるほど。俺は即座に理解した。
 浮気していると彼女に勘繰られ、アリバイ工作というか潔白を証明して見せろって事だな。
「あ、あの。こんばんは」
 何を喋って良いのやら考えが及ばない。
 電話の向こうでクスクスと小鳥の囀るような声。俺は恥ずかしさの余り、押し黙って電話を握り締めた。
三室薫(みむろかおる)君ね? 今日私を暇にさせた悪の張本人」
 コロコロと笑いながらも嫌味の一つも忘れない。なかなか賢い女性のようだ。
 俺は当事者を睨み付けたが、牧野は目を逸らして口笛を吹く真似をしてみせた。
「あうっ、すいません。つまらぬ用事に付き合わせて……」
「いいのよ。それが彼の(ファ…)……、ゴホン。牧野君の良い所だから」
 そう言うと同時に道の向こうに車が停まり、生の耳と携帯から軽いクラクションの音が鳴り響いた。
 アウトビアンキA112アバルト。サソリのマークが目印の旧車だ。
 運転席には長髪の女性がバケットシートに包まれ、サングラスを細い指で下げウインクを投げつけてきた。
 俺は呆然として電話を牧野に返し、わからぬようにソッと耳打ちした。
「牧野……、お前ってGPS内蔵携帯?」
「彼女は情報通なんだ。俺の行く所は手に取るようにわかるらしい」
 牧野に引けを取らない極上の美人だ。
 車を運転している事や、身なりや雰囲気から察するに社会人のようだ。
 彼女は窮屈そうなシートでもがき、やっとの事で助手席の窓を開けてゴメンと手を合わせている。
 なるほどね。ここからは私の時間って事か。
 俺は牧野に今日の礼の意味で頭を下げ、向こう脛を軽く蹴った。
「彼女と約束してるなら、今度からそう言えよ」
「実は忘れてたって事は内緒にしておいてくれ」
 悪びれない表情で見つめ返す牧野。
 こういう目に女は弱いんだろうと思わせる何かを持っている。
「運勢の悪いカオルに忠告。今日は出歩かず家で大人しくしているのが吉だ」
 口調は何時もの通りの牧野だが、やけに神妙な表情をしていた。
 手を振りながら道路を渡る牧野の背を見つめ、少し遠い世界の人間のように感じてしまった。

 一人取り残された俺は、仕方なく家へと向かっていた。
 今日は友達と飯食ってくると言った手前、家に帰っても食事にありつけるか怪しい。
 最悪有り合わせで済ます覚悟をしていた時の事、俺の携帯がビビビと震え、デフォルトの着信音が鳴り響いた。
 慌ててポケットから携帯を取り出すと、着信表示を見つめてガックリと肩を落とした。
「おにいちゃん、電話出るの遅い!」
 電話の相手は妹の(あおい)だった。
 彼女から電話がかかってくる牧野と比べ、少し寂しい気持ちになった。
「買ったばかりの携帯だから、慣れてなくておっかなびっくり操作してんだよ。で? なんだ?」
 そういえば妹から電話が掛かってくる事なんて珍しい。
 何時もはメールで数行、絵文字も何もない連絡を寄越してくるだけだった。
「お母さんがお出掛けしていないから、私がお小遣い預かったんだよ。珍しい事に気前よく一万円置いてった」
 俺が外食してくるなんて言葉、母の記憶に刻まれていなかったらしい。
 運が良いのか、それともおざなりに扱われているのか悩ましい所だが、これは吉兆と思い込んでおこう。
「で、おにいちゃん。モノは相談なんですが、夕食作るの面倒だし……」
「出前でも取ろうってのか?」
「ふふふ、兄者は小物ですなぁ。もっとゴージャスな発想が浮かばないかなぁ?」
「まさか! 二人で一万円を使い切るなんて悪行を?」
「そのまさか。お母さんもいいって言ってた」
 電話越しに聞こえる悪の笑い声。
 本音と建前を都合よく解釈するなんて……、葵恐るべし。
「よし、乗った」
「それでこそ兄者」
 葵の誘いに乗って外食する事になった。
 そして俺は数時間後、牧野の言葉を思い出し後悔する事になる。
 今日の運勢は大凶だったって事。
 思い返せばここがひとつのターニングポイントだったのかもしれない。



BACK   NEXT   TOP

ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.