BACK   NEXT   TOP


『001 "PROLOGUE" 赤い月』

 霊山の山間に立つ寺。
 昼間人々に見せている観光用の姿ではなく、この寺の真にあるべき姿。
 ひやりとした厳かな気に包まれ、才覚の無い者でもそれを感じ畏怖してしまうだろう。
 その寺にある板間の廊下に立ち、ジッと月を見つめる老僧が一人。
 見つめる先には何時もより大きな赤い月。雲ひとつ無い夜空で足元を照らしてくれている。
「紅い月……か。珍しいのう」
 一見不気味に見える現象だが、凶兆の類ではない。
 一説には空を舞う塵が原因で青の光を散らしてしまい、目に届く膨張色である赤だけを伝えてしまう。故に大きく見えてしまうのだとか。
 しかし老僧は伝え聞く来客の兆しであると確信していた。
 月を愛でる老僧の傍に、静々と歩み寄るもう一人の僧侶。着衣から察するに老僧より下位の修行僧のよう。
 下位の僧侶は一つ頭を下げ、背を向けたままの老僧に向かい口を開いた。
阿闍梨(あじゃり)、お客様がお見えになられておられます。仰られる通り人目に付かぬよう僧堂の広間にお通し致しました……」
 阿闍梨と呼ばれた老僧は得心いったように頷き、月を背にして僧を見定める。
 恐らく続けて人払いをせよという意味だろう。
 僧は阿闍梨の言わんとすることを察したようで、もう一度頭を下げ再び静々と歩み数歩先の闇に消えていく。
「何年ぶりじゃろうか。ひいふうみい……、やはり五年程しか保たんかったか」
 阿闍梨もまたそう呟きつつ闇に消えていく。


 抹香臭さが染み付いた僧堂。
 四月も中頃を過ぎ、世間では春めいた優しい風が吹く頃だが、この霊山はまだ春の訪れは遠い。
 人の通わぬ僧堂は外気こそ遮ってくれているが、外と然程変わらぬ冷気に包まれている。
 客人を招く場所としてはいささか不釣合な場所にあって、その場に正座し待つ婦人は眉一つ動かす事なく眼を閉じている。
 見た目は三十路に差し掛かるかそうでないかの年齢に見える。
 だが見た目とは裏腹に、加齢と共に備わる熟した色香を纏っている。
 その婦人がここに来て初めて眉をピクリと動かした。
 ゆっくりと開かれた目は切れ長で、形の良い眉は穏やかな形に戻っていく。
 彼女の見つめる先は遠く、遮る障子さえも見通しているように思える。
 一つ、二つと静かな呼吸音が僧堂に響き、三つ目を合図に障子が開かれた。
 入ってきたのは先程阿闍梨と呼ばれた老僧。正座で待つ婦人に目をやると、わざとらしい咳払いを一つ立てた。
(しずか)ちゃん。久しぶりじゃの」
 阿闍梨はおどけた口調でそういうと、膝を突き合わさんばかりの距離に座して向かい合った。
「ご無沙汰してます」
 静と呼ばれた婦人は京訛りの口調で返答すると、阿闍梨に向かい低く頭を下げた。
 阿闍梨は笑を浮かべ静を懐かしんでいたが、彼女の目を見つめるとその笑みを消した。
「そろそろ付け焼刃の術が切れる頃じゃと思ぅてた。子供の心が少し大人に変化する時期じゃからの」
「仰る通り。日に日に気が満ちてくるのが感じられます」
 静は先程までの凛とした態度を崩し、子を思う母の表情を見せた。
 阿闍梨はその表情を見て、穏やかな笑みを浮かべてみせた。
「静とあの人の子じゃろ? 我が子を信じてやらんでどうする?」
「せやかて……あの子らにはそんなものは――」
「あの時には手に負えん物でも、今はどうじゃろうか?」
 静は揺れる視線をやっとの思いで阿闍梨に合わせ、眉を寄せ目を閉じた。
 阿闍梨は小さな子をあやすように静の背を叩き、それでもキッパリと言い切った。
「子は親の血を……、良くも悪くも受け継ぐものじゃ。人とは違う才覚を引き継ぐのは酷じゃろうが、それも親から引き継いだ大事な一部だと分かる時が来るじゃろうて」
 僧堂の床を濡らす涙の雫が一つ、二つ。
 阿闍梨は肩を震わせる静をただ見つめている。
 静はしばし無言のまま俯いていたが、頭を上げ子供のように目を擦ると、再び背をピンと張り阿闍梨と向き合った。



BACK   NEXT   TOP

ご意見・ご感想はこちらから
BBS  MAIL

Copyright(c) 2009 Mercurius all rights reserved.